なきめの過去!人間時代の正体!鳴女の悲惨な過去を紹介!

この記事では鬼滅の刃の上弦の肆・鳴女(なきめ)の正体や人間時代のエピソード、悲惨な過去や無惨からの評価などについて解説します。


鬼滅の刃において鳴女(なきめ)は鬼であり、ラスボスの鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の配下の一人です。

物語途中までは通常の鬼でしたが、上弦の肆・半天狗が撃破された後、無惨の血を貰うことで新・上弦の肆となりました。


鳴女(なきめ)の人間時代や過去についてはこれまで明かされてきませんでしたが、「公式ファンブック」にてその過去が明らかになったので詳細に解説します。

<この記事で分かること>
◯鳴女(なきめ)の人間時代、過去
◯鬼舞辻無惨の鳴女(なきめ)に対する評価


※この記事は鬼滅の刃のネタバレを含みます


上弦の鬼の一覧や、鬼滅の刃の全キャラクターのプロフィールについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

鬼滅の刃の鳴女(なきめ)の正体と人間時代の解説!悲惨な過去が明らかに!

鳴女(なきめ)に関しては鬼滅の刃の本編において、その過去や人間時代についての描写が一切ありません。

そのため、ファンの間では様々な考察がされていました。

・善逸の母親?
・悲鳴嶼行冥の寺にいた「沙代」?


鳴女(なきめ)が琵琶を持っていることと、善逸が吉原遊郭に潜入した際に三味線が上手かったことから、弦楽器という共通点で「善逸の母親」という説がありました。

また髪型と髪色、髪質などから、悲鳴嶼行冥の寺にいた「沙代」という説もあります。


今回、「鬼滅の刃の公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐」で鳴女の過去や人間時代が明かされたので詳しく解説します。

広告

鳴女(なきめ)の過去&人間時代:人間時代に結婚していた

ファンブックの「大正コソコソ噂話」で鳴女(なきめ)の過去&人間時代が語られています。

鳴女(なきめ)は鬼になる前の人間時代に結婚していましたが、非常に貧しい暮らしをしていたようです。子供がいた様子はなく、日々の生活費を賄うだけで精一杯だったようです。

広告

鳴女(なきめ)の過去&人間時代:仕事は琵琶弾き

鳴女は過去&人間時代に琵琶を演奏して日銭を稼いでいました


人間が鬼になった際、人間時代に打ち込んでいたものや印象が強いもの、過去のトラウマなどが形になる例は多いです。

例としては猗窩座(あかざ)の身体に入っている入れ墨のような模様や、響凱(きょうがい)の身体に生えているなどです。


鳴女(なきめ)に関しても過去&人間時代は日々の仕事で琵琶を弾いていたことで、鬼になってからもその印象が残って琵琶が発現していると思われます。


猗窩座の名前の意味や、入れ墨のような模様の由来についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

鳴女(なきめ)の過去&人間時代:夫が博打好きのロクでなし

琵琶を演奏して日銭を稼ぐという仕事も、相当有名な弾き手でもない限りは生活苦だったでしょう。

では鳴女(なきめ)の夫は何の仕事をしていたかと言うと、ただのヒモでした。


しかも鳴女(なきめ)の夫は博打ばかりするロクでなしだったようで、鳴女(なきめ)の稼ぎも夫の博打に消えていたようです。

ただでさえ稼ぎが少なそうなのに、この状況ではいつ餓死してもおかしくないですね・・

広告

鳴女(なきめ)の過去&人間時代:夫を金槌で殺害

そしてある日、事件が起きます。

鳴女(なきめ)の夫がたった一着しか無い琵琶演奏用の着物を売り払いその金で博打をするという暴挙をしでかしました。

これにより鳴女(なきめ)がブチ切れ、金槌で夫を殴打して撲殺しました。


夫を叩き殺したところで着物は返ってこず、その後も琵琶弾きの仕事があったため、鳴女は仕方なくボロボロの着物で職場に行きました。

汚い身なりだったためにお客からは嫌な顔をされますが、夫をぶっ殺した直後の震える手で琵琶を演奏したら、なんと音色を称賛されました

広告

鳴女(なきめ)の過去&人間時代:人殺し→演奏の日々

夫を惨殺した日の演奏で大絶賛を受けた鳴女(なきめ)は、その後は変な方向に目覚めてしまいます

夫を殺した手で琵琶を弾いたら絶賛された
じゃあこれからも人を殺してから琵琶を演奏しよう

こんな思考に至り、鳴女(なきめ)は演奏の仕事の前に人を殺すようになりました。

そしてどういうわけか、人を殺した後の演奏だととにかく大絶賛を浴びたようです。殺しの後は感情が高ぶっていい演奏ができたのでしょうか笑

広告

鳴女(なきめ)の過去&人間時代:無謀にも無惨を襲って返り討ち

人を殺して琵琶を弾いて絶賛され、そんな日々が続いていた鳴女(なきめ)。

ある日、いつもと同じように演奏の前に人を殺そうとしたところ、なんとその相手がたまたま鬼舞辻無惨でした。


そもそもたまたまでも偶然でも、無惨に巡り会ってしまうというのは凄い運ですね・・

当たり前ですが返り討ちにあい、鳴女(なきめ)は死亡します。


そして無惨は鳴女(なきめ)のことを気に入り、殺した後ににしています。これが鳴女が鬼になるまでの過去&人間時代の経緯です。

広告

鬼滅の刃の鳴女(なきめ)は人間時代から鬼舞辻無惨のお気に入り?

ここまで鳴女(なきめ)が鬼になるまでの過去&人間時代のエピソードを解説しましたが、その中でお話したとおり、人間時代の鳴女(なきめ)は無惨を殺そうとしました

あっさり返り討ちにあって鳴女(なきめ)は死にましたが、その際に無惨に気に入られたことで鬼となっています。


無惨の鳴女に対する評価については公式ファンブックにも載っており、人間時代の評価から変わったのかどうか見てみましょう。

広告

公式ファンブックで無惨から賛辞の言葉

鬼滅の刃 公式ファンブック 鬼殺隊見聞録」で、無惨の各鬼に対する評価が掲載されています。

鳴女(なきめ)はこの時点でまだ上弦の鬼ではありませんが、その時においても

便利であるためお気に入り

という評価をしています。


下限の鬼はパワハラ会議の末に魘夢以外惨殺するというブラック上司の無惨ですが、十二鬼月でもない一般の鬼である鳴女(なきめ)がこの評価を得ているのは凄いことです。

広告

鳴女(なきめ)が上弦の肆となって無惨から最大級の褒め言葉(16巻の第134話)

そして極めつけが漫画16巻の第134話での描写です。

ここで初めて新・上弦の肆となった鳴女(なきめ)の姿が描かれており、上弦の鬼となって力が増した鳴女(なきめ)の血鬼術は以前よりも更に便利になりました。

鳴女(なきめ)の能力により鬼殺隊の位置を把握し、産屋敷耀哉の屋敷を捜索できる能力を得た鳴女に、無惨は

鳴女
お前は私が思った以上に成長した
素晴らしい

と最大級の賛辞を贈っています。


無惨が人を褒めるなんで極めて異例のことで、過去に「太陽を克服した禰豆子」を見つけるきっかけを作った半天狗に「よくやった半天狗!!」と褒めていました(この時すでに半天狗は死亡)。

煉獄杏寿郎を葬っても一言も褒められていない猗窩座などを見ていても、無惨がこれだけ手放しに賛辞するということは、やはり過去&人間時代から鳴女(なきめ)は特別だったのかもしれませんね。

初回限定!鬼滅の刃のファンブックをお得に読む方法!

鬼滅の刃のファンブックが本屋で売り切れてる!

お得に読みたい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると貰える600Pを利用すれば340円で読めます☆

通常であれば940円かかるところですが、U-NEXTに登録するだけで600P(=600円分)貰えるので、340円という安さで鬼滅の刃のファンブックを読めます

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


鬼滅の刃を読み終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの14万作品の映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。

もちろん鬼滅の刃のアニメも無料で全て観れますよ


登録は30秒!鬼滅の刃ファンブックをお得に読める!

※アニメ見放題で解約も簡単!


広告

「なきめの過去!人間時代の正体!鳴女の悲惨な過去を紹介!」まとめ

今回は鬼滅の刃の上弦の肆・鳴女(なきめ)の正体や過去、人間時代のエピソード、悲惨な過去や無惨からの評価などについて解説しました。


鳴女(なきめ)は猗窩座、童磨、黒死牟といった面々のように派手な血鬼術を使うわけではありませんが、作中において無限城に鬼殺隊を引き入れた張本人でもあり、かなり重要なポジションにいました。

そして公式ファンブックの第二弾で明らかになった過去&人間時代のエピソードについても、鳴女(なきめ)の人間時代の壊れっぷりが中々エグいです笑

アニメ版での活躍が楽しみですね☆


鬼滅の刃の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました