ドクターストーンの大樹(たいじゅ)が空気に?どこいった?笑

ドクターストーンの大樹(たいじゅ)が空気に?どこいった?笑©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

この記事ではドクターストーンの大木大樹(おおきたいじゅ)が作中での存在感が空気になった件について、その前後の大樹の登場や活躍シーンから解説します。

大樹はドクターストーンの物語序盤は千空の相棒として活躍していましたが、ある時を境に存在感がパタッと消えます。

まずは大樹の存在感が空気になったきっかけについて見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 大樹が空気になったきっかけ
  • 大樹の再登場
  • 大樹の再登場後の活躍

※この記事はドクターストーンのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

ドクターストーンの解説&考察

ドクターストーンの大樹(たいじゅ)が「空気」と話題に!どこにいった?

まずは大樹(たいじゅ)がドクターストーンの作中において「空気」になるまでの展開を詳しく見ていきましょう。

大樹は体も声も存在感もデカいキャラですが、作中である時を境にパッタリと存在感が消えてしまいます笑

大樹(たいじゅ)は3700年の間ずっと意識を途切れさせずに復活

大樹(たいじゅ)は3700年の間ずっと意識を途切れさせずに復活(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ドクターストーンの物語は全人類が石化するところから始まり、これにより現代文明は完全に途絶えています。

そして大樹は石化から約3700年の間、ずっと「杠(ゆずりは)に思いを伝える」という思いで意識を途切れさせず、千空から遅れること半年後に復活しました。

こうして千空と大樹が協力して原始の世界で生活を始め、さらに石化を解除する「復活液」を約1年かけて完成させます。

 

その後、大樹達はライオン群に襲われたのをきっかけに獅子王司(ししおうつかさ)を復活させ、ここから物語が大きく動いていくことになります。

大樹(たいじゅ)が千空と別れて司帝国へ

大樹(たいじゅ)が千空と別れて司帝国へ(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

司は悪人ではなかったものの、「既得権益者を排除して若者だけの世界を作る」ということで、年配者の石像をぶっ壊しまくります。

また司は千空の科学を危険視しており、「科学が発展して文明ができれば必ず既得権益者が現れる」と考えていました。

 

こうして千空が科学で発展させる「科学王国」、司が率いる「司帝国」に分かれるのです。

そして千空はたった一人でストーンワールドの原住民である石神村に行き、大樹と杠は千空のスパイとして司帝国に入り込みます。
→ドクターストーンの司帝国の仲間一覧を見る

それ以来、大樹(たいじゅ)が空気に!笑

千空は石神村で様々な科学を駆使し、コハクやクロムなどの仲間を増やしていきます。

そして最終的には石神村の村長の座に就き、村人全員が千空の仲間となり、「科学王国」の規模が大きくなっていきました。

 

ただその間、司帝国に入った大樹の出番がほぼゼロとなります。

千空が石神村にいる間にあまりにも大樹が出てこないためにファンからは「大樹はどこいった」「大樹が空気」といった声が上がっていたのです笑

ドクターストーンの大樹(たいじゅ)が「空気」を卒業!

ドクターストーンの作中では大樹(たいじゅ)の出番が無くなって空気となりますが、千空が司帝国に攻め入る際に遂に大樹が登場します。

ここでは大樹が「空気」を卒業したシーンと、その後の活躍について見ていきましょう。

大樹(たいじゅ)と千空が携帯電話で1年ぶりに会話!(8巻の第64話)

大樹(たいじゅ)と千空が携帯電話で1年ぶりに会話!(8巻の第64話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

千空と別れて以降はずっと空気だった大樹ですが、漫画8巻の第64話で遂に再登場します。

千空はスパイとして司帝国に入り込んでいる大樹や杠と連携するために携帯電話を開発しており、これを通じて約1年ぶりに大樹と話すことができました。

ここから大樹は千空の指示で司帝国内のメンバーを寝返らせ、千空の仲間にしていくのです。

司帝国のメンバーを味方に引き入れていく!

司帝国のメンバーを味方に引き入れていく!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

千空の父・石神白夜のレコードにはリリアンの歌が残されており、千空とゲンはこれを使って恐ろしい作戦を思いつきます。それは

  • ゲンが声帯模写でリリアンのフリをする
  • レコードのリリアンの歌で信憑性アップ
  • 「アメリカは石化から復帰した」とホラを吹く
  • 司帝国のメンバーを仲間に引き入れていく

というもので、バレたら一生恨まれそうなヤバい作戦です笑

 

そして大樹達はまず監視役であるニッキーこと花田仁姫(はなだにき)を仲間に引き入れます。

それ以降も着々と仲間を増やし、科学王国の戦いに貢献しました。

司帝国軍との戦いでは大樹が鉄壁のタンクに!

司帝国軍との戦いでは大樹が鉄壁のタンクに!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

司帝国との全面戦争の際には大樹がカーボン樹脂の盾を持って鉄壁のタンクとなります。

ただでさえ耐久力が人外の大樹が盾まで持ったら司や氷月レベルじゃないと崩すのは不可能ですね。

さらに大樹はそのバカでかい声を活かし、音響兵器「ショックキャノン」の音爆弾の役割も果たしています。

 

最終的に千空が土壇場でニトログリセリンを調合し、即席のダイナマイトを作ったことで司帝国と科学王国の戦いは膠着状態となり、停戦協定に持ち込みました。

途中まで存在感が空気だった大樹が大活躍でしたね。

ドクターストーンの大樹(たいじゅ)のその後!「空気」は完全に卒業!

大樹(たいじゅ)が長い空気の期間を経て再登場し、それ以降は数多くの活躍シーンがあります。

ここでは司帝国との戦争以降の大樹の活躍について詳しく見ていきましょう☆

大樹(たいじゅ)が小麦畑を耕す&「食糧王(ゲン命名)」になる!

大樹(たいじゅ)が小麦畑を耕す&「食糧王(ゲン命名)」になる!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

作中では千空達が長い船旅の保存食としてパンを作るため、小麦を栽培します。

石神村では人数の関係もあって農耕が発展しておらず、当然ながら畑は一から作ることになりますが、地道な作業が得意で体力オバケの大樹にとって畑作りはあまりに適任でした。

大樹は夜になっても畑を耕しまくり、さらに復活当初に千空から教わったとおりに石灰を蒔いておいたおかげで順調に小麦が育っています。

その功績により大樹は「食糧王」の称号(ゲン命名)を受けました。

宝島編では無尽蔵の体力とパワーで体活躍!

宝島編では無尽蔵の体力とパワーで体活躍!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

宝島編ではキリサメによってペルセウスのメンバーが軒並み石化させられ、その体は海底に捨てられます。

その後、大樹が復活したことでアジトと海底の間を往復しまくり、海底に沈んだ仲間たちを全員回収しました。

ちなみに龍水やソユーズが潜った時は酸素ボンベが必要なほど深かったのですが、体力も肺活量も化物である大樹には酸素ボンベなんぞ必要ありません笑

こういう地道な作業を無限に続けられるのが大樹の強みですね。

アメリカ編でも体力とパワーで大活躍!

アメリカ編でも体力とパワーで大活躍!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

千空達はコーンを求めてアメリカに向かいますが、そこにはゼノが率いる「アメリカの科学王国」が待ち受けていました。

そして千空達は大将であるゼノがいる本拠地を急襲するため、何とドリルをクラフトして地下トンネルを掘ることにします。

ここでも大樹の無限体力とパワーが光っており、この時代に地下トンネルを掘るなんて常識外の作戦も成功しました。
→ドクターストーンのゼノが仲間になった理由などを見る

「ドクターストーンの大樹(たいじゅ)が空気に?どこいった?笑」まとめ

今回はドクターストーンの大木大樹(おおきたいじゅ)が作中での存在感が空気になった件について、その前後の大樹の登場や活躍シーンから解説しました。

大樹はドクターストーンの物語の中で出番がゼロになる期間があり、その間は確かに存在感が空気でした。

しかしその後は体力枠として大活躍しており、今後も大樹の活躍が楽しみですね☆

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→ドクターストーンの杠と大樹の関係やカップリングの可能性を見る

→ドクターストーンの大樹の死亡/石化シーンを見る

→ドクターストーンのキャラ一覧を見る

→ドクターストーンの完結&最終回がいつなのか、展開予想を見る

ドクターストーンの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました