呪術廻戦のパンダが死亡?生存状況について最新情報!

【お早めに!】呪術廻戦の18巻と19巻の予約受付中!
呪術廻戦の「グッズ付き同梱版」の18巻&19巻が予約受付中です!
予約受付が終了する前に早めに予約しましょう!
予約の方法はこちらからどうぞ☆
↓ ↓ ↓
→呪術廻戦 18巻&19巻の予約方法

この記事では呪術廻戦のパンダが死亡したのか生存しているのか、生存/死亡状況についての最新情報を解説します。


パンダは呪術高専・東京校の2年生で、禪院真希や狗巻棘と同級生です。実戦経験も豊富なので渋谷事変にも参戦しており、担任の日下部篤也と組んで動いていました。

その後は死亡したのか生存しているのかが不明な時期があったので、最新情報とあわせてご紹介します。

<この記事で分かること>
◯渋谷事変でのパンダの死亡/生存状況
◯渋谷事変後のパンダの死亡/生存状況


※この記事は呪術廻戦のネタバレを含みます


呪術廻戦の全キャラ生存/死亡状況一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【呪術廻戦】パンダは渋谷事変で宿儺&漏瑚に遭遇!死亡/生存状況は?

冒頭でお話したとおりパンダは渋谷事変に参戦しています。渋谷では主に地上で担任の日下部篤也と共同で見回りをしていました。

この時は「特級呪霊と戦いたくない」という一心の日下部篤也の作戦(?)により、同行していたパンダも地上をブラブラと巡回していました。


パンダは日下部篤也の本音など露知らず地上で逃げ遅れた一般人の捜索にあたっていましたが、この後とんでもない厄災に巻き込まれて死亡寸前の窮地に立たされます。

結局渋谷事変においては安全な場所などただの一つもありませんでしたね笑

パンダは宿儺vs漏瑚の戦闘に巻き込まれて死亡/生存?

パンダは日下部篤也と一緒に地上で一般人の捜索(=時間潰し)をしていました。

その最中に夏油を崇拝していた呪詛師たちに出くわし、戦闘が始まろうとしたところに両面宿儺と漏瑚の戦闘の余波に巻き込まれます。

そして漏瑚の超広範囲攻撃にして破壊力絶大の極ノ番「隕」によりパンダたちがいた場所に隕石が降ってきました。

当然パンダも日下部もその場から離脱しようとしますが、そこに宿儺が音もなく出現します。

パンダたちは宿儺の余興と暇つぶしにより「俺が「よし」と言うまで動くのを禁ずる」と言われ、漏瑚の極ノ番「隕」の着弾直前まで静止させられました。


極ノ番「隕」が着弾した辺り一帯は正に隕石落下後のような有様になっており、まともに食らっていたら消し炭すら残らず死亡していたでしょうが、パンダも日下部篤也もギリギリで躱すことができ、無事に生存しています。


日下部篤也の強さやシン・陰流の詳細などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

漏瑚の獄ノ番「隕」の着弾後、パンダは生存/死亡?

漏瑚の極ノ番「隕」が着弾した辺り一帯は隕石落下後のような惨状になっており、こんなものをまともに食らっていたら消し炭すら残らず死亡していたでしょう。

パンダと日下部篤也は着弾直前まで宿儺の戯れにより足止めされ、死亡したのか生存しているのか暫く不明の状態でした。

漫画15巻の第133話でパンタ達のその後が描かれており、パンダも日下部篤也もギリギリで躱して死亡せずに生存していました。

パンダも日下部篤也も流石に無傷ではありませんでしたが割と余裕な感じで、パンダはゴリラ核に交代することで凌いでいます。

特に日下部篤也は生身の体ながら、流石は一級術師なだけあってタフですね。

パンダは渋谷事変後に死亡/生存?

渋谷事変においては「一難去ってまた一難」の連続で、パンダと日下部篤也は渋谷事変の元凶である偽夏油&裏梅と対峙します。

この時は虎杖悠仁の他、呪術高専・京都校からも援軍が来ていましたが、裏梅の氷凝呪法「霜凪」により全員まとめて凍らされるなど、常識的な強さの術師では戦いに参加すらできないレベルでした。


その後は九十九由基が現場に駆けつけて多少戦力が拮抗しますが、偽夏油が日本大混乱の引き金を引いたことで渋谷事変編は終了し、次のステージに進みます。

その際、この場にいた者の死亡/生存状況はまた暫く分からなくなります。


裏梅の氷凝呪法や強さなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【呪術廻戦】パンダは渋谷事変後に死亡/生存?

「渋谷事変」編が終わり、日本は東京を中心におびただしい数の呪霊が溢れる魔境と化しました。


そして偽夏油と対峙していたメンバーの死亡/生存状況が不明のままでしたが、第138話で九十九由基が

あの場にいた子達は
私と私の仲間が責任を持って送り届けるよ

と語っていることから、パンダを含めてあの場にいたメンバーは死亡せずに生存しているようです。


そして呪術廻戦の第147話で、渋谷事変後に初めてパンダの姿が描かれました。死亡せずに無事生存していたものの、夜蛾正道が拘束されていた関係でパンダも呪術総監部に拘束されています。

最終的に日下部篤也によって救出されましたが、この回は夜蛾正道との別れの回となってしまいます。


夜蛾正道の最期についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

「呪術廻戦のパンダが死亡?生存状況について最新情報!」まとめ

今回は呪術廻戦のパンダが死亡したのか生存しているのか、生存/死亡状況についての最新情報を解説しました。


呪術廻戦はメインキャラであっても情け容赦なく死亡してしまうため、キャラクターの死亡/生存状況は常に気になるところですね。

今現在生存していてもいつ死亡するか全く油断ならないため、パンダが今後どうなるのか動向に注目です。


呪術廻戦の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました