ドクターストーンのSAI(サイ)がかっこいい!超天才プログラマー!

ドクターストーンのSAI(サイ)がかっこいい!超天才プログラマー!

記事内に広告が含まれています

ドクターストーンのSAI(サイ)がかっこいい!超天才プログラマー!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

この記事ではドクターストーンの七海SAI(ななみサイ)のかっこいいシーンや年齢などのプロフィール、家族や兄弟関係などについて解説します。

SAI(サイ)は千空達がインドで出会ったキャラで、並外れた頭脳とプログラミング技術を持っています。

作中ではゲームの他、プログラムが必要な場面で一瞬でコードを書く超絶技能を見せていました。

まずはSAI(サイ)のプロフィールから見ていきましょう。

この記事で分かること
  • SAI(サイ)のプロフィール
  • SAI(サイ)の頭脳について
  • SAI(サイ)のかっこいいシーン
  • SAI(サイ)の家族や兄弟関係

※この記事はドクターストーンのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

ドクターストーンの解説&考察

ドクターストーンの七海SAI(サイ)とは?年齢や身長、体重、声優などのプロフィール!

まずはSAI(サイ)のプロフィールを一覧表でご紹介します。

ただサイについては現時点では年齢や誕生日、身長、体重などが全て不明です。

ちなみに後述するとおりサイは龍水の兄ですが、龍水とは違って全然強欲ではなく、兄弟ながら全く違う性格に育っています笑

年齢 不明
誕生日 不明
身長 不明
体重 不明
血液型 不明
髪色 黒色
目(瞳)の色 不明
家族 弟:龍水
声優(CV) 未定

ドクターストーンの七海SAI(サイ)は100万人分の頭脳を持つ天才!

ドクターストーンのSAI(サイ)は100万人分の頭脳を持つ天才!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

SAI(サイ)については龍水が「100万人分の頭脳を持つ天才数学使い」と語っているとおり、常識はずれの頭脳を持っています。

ここではSAI(サイ)の天才っぷりについて見ていきましょう。

4歳の時に10桁×10桁の掛け算を暗算で解く

>SAI(サイ)は幼少期に10桁×10桁の掛け算を暗算で解く(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

SAI(サイ)は4歳の時点で10桁×10桁の掛け算を暗算で解いていました

これはサイが黒板に書かれた「+」を「×」と読み間違えただけでしたが、その足し算と掛け算ではその難易度は桁外れに跳ね上がります。

ましてやそんな計算を暗算でできる人間など、作中ではサイ以外に千空とゼノくらいでしょう。

これを幼い時にやってのけていたサイは間違いなく天才の部類に入るキャラですね。

幼少期に高度な数学を理解

SAI(サイ)は幼少期に高度な数学を理解(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

SAI(サイ)は桁外れの計算能力だけではなく、幼少期に「線形代数」「位相」「集合」などといった数学の概念を理解していました。

こういった概念は大学などで教わる内容ですが、サイは常識外れの頭脳と数学センスによって幼い頃からこれらをマスターしていたのです。

また作中では幼い頃の龍水がサイに

  • 帆船の帆についての数値流体力学計算
  • 最適なレーシングラインの計算
  • 車の車体の空気抵抗の計算
  • 乱数テーブルの分析

などをやらせようとしており、こと数学においてはやはり天才的だったようですね。

幼少期からゲームのプログラムを作る

SAI(サイ)は幼少期からゲームのプログラムを作る(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

SAI(サイ)は天才的な数学能力とセンスを持っていたものの、実は本人はそこまで数学に対して意欲的ではありませんでした。

サイの実家である七海家では

  • SAI(サイ)の全ての時間を数学に集中させろ
  • 七海財閥専属の保険数理士に育てる

ということでひたすら数学をやらせていましたが、サイは数学よりもゲームが好きな子供でした。

さらにただゲームをプレイするゲーマーではなく、自らプログラムを組んでゲームを作ることに喜びを見出しており、サイはプログラムに集中するために七海家を飛び出してインドの大学に行っています。

弟の龍水とはそれっきりでしたが、その後に全人類が石化し、サイはインドで千空達によって復活したことで、3700年越しに龍水と再会しています。

ドクターストーンの七海SAI(サイ)がかっこいい!

ここまでSAI(サイ)の天才っぷりについて解説していきました。

サイは天才的な数学センスの持ち主ですが、決して気難しい学者タイプではなく、むしろ気さくなイケメンの好青年です。

ここではサイのかっこいいシーンなどを見ていきましょう☆

SAI(サイ)はドクターストーン屈指のイケメン!

SAI(サイ)はドクターストーン屈指のイケメン!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

SAI(サイ)はドクターストーンの作中の中でも屈指のイケメンキャラで、復活させる前の石像の時点でクロムが

ヤベーほどイケメンじゃねえか
ムカつくな~

とボヤいていたほどです笑

ちなみに弟の龍水もイケメンなので、この家系は美形が多いのかもしれませんね。

SAI(サイ)はドラゴンクエストをマシン語で書ける!

SAI(サイ)はドラゴンクエストをマシン語で書ける!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

作中でSAI(サイ)が見せていたかっこいい(というかヤバい)シーンの一つが、

ドラゴンクエストをマシン語で空で記述していた

というものです。

そもそもマシン語とはコンピューターに直接打ち込む最も原始的なプログラムであり、人間が理解しやすいように記述されたソースコードとも異なります。

本当にただの数字やアルファベットの羅列だけなので、普通の人間には絶対に読めません。

そんな言語でドラゴンクエストという一つのゲームを、何も見ずに一から書くサイのプログラミング能力は(いい意味で)変態レベルですね。

SAI(サイ)のコンピューターへの思い

SAI(サイ)のコンピューターへの思い(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

SAI(サイ)は復活した当初、コンピューターが存在しないストーンワールドに絶望していました。

何よりもコンピューターの要である半導体技術は完全に失われており、まともなパソコンができるのは5年~10年後です。

これはプログラムを愛するサイにとっては耐え難いことでしたが、そこで千空はパラメトロンと磁石を使ったコンピューターを作ることを考えました。
→ドクターストーンの千空のかっこいいシーンやクラフトした物の一覧を見る

そして漫画24巻の第207話ではストーンワールド初のコンピューターを作り、初めての計算はサイ自身が行いました。

サイはこの時、幼少期に論理式やプログラミングにハマった時のことを思い出しており、それ以降サイが絶望することは無くなります。

SAI(サイ)ののプログラミング技術は神レベル

SAI(サイ)ののプログラミング技術は神レベル(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

作中では北米コーンシティでの鬼の人海戦術により、ファミコンレベルのコンピューターができました。

これにSAI(サイ)が作ったパンチカードを読み込ませ、パズルゲームやシューティングゲームを実現しています。

ちなみにサイがプログラムを組む時は基本的に瞬殺で、サイに言わせると「落ちゲーなどは1行でもいけるくらいシンプルなプログラム」と語っていました。

そんなことができるのはサイだけですが笑

ドクターストーンの七海SAI(サイ)の手&指が黒いのはなぜ?

ドクターストーンのSAI(サイ)の手&指が黒いのはなぜ?(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

SAI(サイ)の両腕は異様に黒く描かれており、これは手袋などをはめているわけではなく生身の手です。

実は人間が3700年ぶりに石化から復活した際には、それまでの風化などが原因で体の一部がひび割れていることがあります。

千空もずっと顔にヒビが残っていますが、石化から復活する際の修復効果により血が出たりはしません。

サイについても石化から五体満足で復活したものの、手の部分が風化していたためにできたひび割れが集めって黒く見えていると思われます。

龍水も復活当初は手が黒かった(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ちなみに龍水も復活した当初は手の甲や指先が真っ黒になっており、これも石化していた影響でした。

サイにしろ龍水にしろ、七海家の人間は手にヒビが残るのが特徴になっていますね。

ドクターストーンの七海SAI(サイ)の家族や兄弟!龍水との関係は?

次にSAI(サイ)の家族関係について見ていきましょう。

そもそもサイを復活させることを提案したのは龍水であり、それはサイが天才だと知っていたことも勿論ですが、そもそも兄弟だったからです。

SAI(サイ)は龍水の兄!

SAI(サイ)は龍水の兄!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

SAI(サイ)と龍水は共に七海財閥の息子であり、サイが兄、龍水が弟です。

ちなみに龍水は鬼のように欲しがり屋だったことで、七海家の中では鼻つまみ者の扱いをされていました。

またサイは先程お話したとおりプログラミングをやるためにインドの大学に行っており、少なくとも龍水かサイが七海家を継ぐような流れではなかったようです。

これは後ほどお話するとおり、龍水とサイの血筋も関係していると思われます。

SAI(サイ)は龍水が苦手?

SAI(サイ)は龍水が苦手?(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

SAI(サイ)は石化から復活した瞬間に龍水の顔を見て、突然奇声を上げながら逃走しました笑

これはサイの幼少時からのトラウマが発動したためで、小さい頃から龍水は「一緒にレース場を作るぞ」「一緒に帆船を作るぞ」などと言って何かとサイを駆り出していたのです。

そもそもレース場とか帆船という時点で小さい子供が作るものではありませんが笑

そしてサイは七海家に数学を強制させられたり、龍水が何かとサイにやらせようとするのが耐えられずにインドの大学に行ったのです。

ただ龍水はただ単にサイと一緒にやりたかっただけで、サイに何かを強要していたわけではありません。

龍水がサイを何かに巻き込む際には必ず「一緒に◯◯をやるぞ」と言っており、勿論サイの能力も必要だったのでしょうが、それ以上にサイと一緒にいたかったんですね。

SAI(サイ)と龍水は七海家の子ではない!

SAI(サイ)と龍水は七海家の子ではない!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

SAI(サイ)と龍水は実は七海家の子ではなく、作中ではサイが「七海財閥の集合写真でいつも僕と龍水だけ外されていた」と語っています。

七海財閥は巨大なこともあり、恐らく龍水とサイは妾の子供だったのでしょう。

先程お話したように龍水が何かとサイを巻き込もうとしていたのも、唯一血がつながった兄弟だったからだったんですね。

「ドクターストーンの七海SAI(サイ)がかっこいい!超天才プログラマー!」まとめ

今回はドクターストーンの七海SAI(ななみサイ)のかっこいいシーンや年齢などのプロフィール、家族や兄弟関係などについて解説しました。

サイはドクターストーンの作中の後半から登場したキャラですが、その圧倒的な能力から存在感抜群の人物です。

今後もサイの活躍が楽しみですね☆

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→ドクターストーンの龍水のかっこいいシーン一覧を見る

→ドクターストーンの龍水の年齢や身長、体重、誕生日などを見る

→ドクターストーンのキャラ一覧を見る

→ドクターストーンの完結&最終回がいつなのか、展開予想を見る

ドクターストーンの解説&考察

期間限定!ドクターストーンのアニメを無料で見る方法!

ドクターストーンのアニメを見逃した!

見たいけど無料がいい!


それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録するとアニメは見放題です☆

ドクターストーンのアニメであれば何話でも見放題です。

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


ドクターストーンを見終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの10万作品を超える映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


\登録は30秒!アニメが無料!/

/※解約も簡単!無料期間中なら0円!\

コメント

error: Content is protected !!