無職転生のオーベールの強さ!髪型がもはやガイル!笑

無職転生のオーベールの強さ!髪型がもはやガイル!笑(C)理不尽な孫の手/シロタカ

この記事では無職転生のオーベールのプロフィールや強さ、作中での戦績などについて解説します。

オーベールはアリエルがアスラ国王の座を取る際にルーデウス達の前に立ちはだかったキャラクターです。

なので作中では敵キャラとして登場しますが、その容姿や言動からとにかく印象深いキャラとなっています。

まずはオーベールの見た目や特徴などについて詳しく見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • オーベールの見た目や特徴
  • オーベールの強さや戦績

※この記事は無職転生のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

無職転生の解説&考察

無職転生のオーベールとは?

まずは無職転生に登場するオーベールという人物について詳しく見ていきましょう。

オーベールはまず何と言ってもその見た目の奇抜さ(特に髪型)が特徴的ですね。

パラボラアンテナのような髪型!モデルはガイル?笑

オーベールはパラボラアンテナのような髪型!モデルはガイル?笑(C)理不尽な孫の手/シロタカ

オーベールの髪型は頭頂部はそのまま残し、周りの髪を上に上げて固めるというパラボラアンテナみたいな形をしています笑

この世界は整髪料とは無さそうですが、何かしらの方法で毎朝この髪型にセットしているのでしょう。何時間かかるのやら・・

オーベールと同じ目線からこの髪型を見るとトサカを作っているように見えるので、ストツーのガイルみたいな髪型に見えるでしょう。

ただ上から見ると頭頂部はそのままなので、不自然な窪みが出来ている状態です。

髪型セットの薬剤が水を弾く仕様だった場合、雨降ったら水が溜まりそうですね笑

服装がとにかくド派手!

オーベールは後述する通り、北神流の中でも「奇抜派」と呼ばれる派閥の一人です。

その派閥名の割には地味な技が多めですが(笑)、少なくともオーベールの髪型や見た目はメチャクチャ奇抜です。

髪型は先程お話したとおりで、服装や容姿も、

  • 虹色の上着
  • 膝までの下履き(=短パン)
  • 頬に孔雀の刺青(タトゥー)
  • 腰に剣を4本差す

という奇抜っぷりです。

これだけ派手で目立つ格好をしているので暗殺には向かなそうですが、作中では地形や魔道具を使った奇襲を得意としています。

柑橘系の香水

オーベールは見た目も派手ですが、匂いにも気を使って(?)います。

常に柑橘系の香水を付けており、オーベールが近くにいるとミカンみたいな香りが漂ってきます笑

何か狙いがあって香水を着けているのか、単なるオシャレなのかは不明ですが、益々暗殺業などは向いてないですね笑

無職転生のオーベールの強さを解説!

次にオーベールの強さについて詳しく見ていきましょう。

作中でオーベールはルーデウスの敵として登場しており、ド派手な見た目と共に凄腕の剣術を見せています。

北神流の北帝

オーベールは北神流の剣士で、その実力は北帝の称号を授けられているほどです。

北神流は下から順に下記のとおりの階級となっており、オーベールは上から2番目ということですね。

  • 初級
  • 中級
  • 上級
  • 北聖
  • 北王
  • 北帝
  • 北神

作中に登場する北帝はオーベールの他、ドーガとランドルフぐらいしかおらず、かなり洗練された猛者であることが伺えますね。
→ドーガの強さや結婚相手などについて見る

→ランドルフの強さや能力を見る

剣の聖地でエリスに北神流を教える

実はオーベールは剣の聖地を訪れたことがあり、その際にエリスと会っています。

実は剣神ガル・ファリオンがエリスに北神流を教えるためにオーベールを招いていたのです。

 

ちなみにオーベールが剣の聖地を訪れた際にちょうど鍛錬を終えたエリスと鉢合わせしており、殺気にまみれた狂犬を見たオーベールが「殺やらないと殺られる」と感じたほど、当時のエリスは尖っていました。

この時は辛くもオーベールに軍配が上がっていますが、エリスのあまりの狂犬っぷりに度肝を抜かれています。

それからオーベールがエリスに北神流を教え、エリスは北聖の称号まで獲得しました。なのでオーベールはエリスの師匠の一人でもあります。

奇抜派の北神三剣士の一人!「孔雀剣」の称号!

北神流は無職転生における三大流派の一つですが、その中でも「人それぞれに合った戦い方を模索する」と教えている流派です。

また北神流の中でもいくつか派閥があり、「奇抜派」に関しては姿形、変則的な戦闘スタイルが特徴となっています。

そしてオーベールは奇抜派の剣士であり、「孔雀剣」の異名を持っています。孔雀と呼ばれる理由は「派手な見た目の割に地味な技が多い」ということからのようですね。

ルーデウス、エリス、ギレーヌを同時に相手する猛者!

オーベールは見た目がド派手で技は地味ですが、その腕は練達の域に達しています。

作中ではルーデウス、エリス、ギレーヌ3人を同時に相手して互角の戦いをするほどで、このことからも一対多での戦いが非常に得意です。
→ギレーヌの強さなどについて見る

また剣のみならず、香辛料が詰まった袋を使った即席の催涙弾を使うなど、あまり剣士っぽくない手もよく使っています。この辺りは型に囚われない北神流ならではですね。

無職転生のオーベールが死亡!

無職転生の物語の中でアリエルがアスラ国王の座を取りに行く場面があります。

その際、オーベールはダリウスに雇われており、アリエルの兄・グラーヴェル側の傭兵としてルーデウス達と戦うことになりました。

先述の通りオーベールとの戦闘はルーデウス、エリス、ギレーヌ3人でかかって五分であり、ルーデウスは左足切断、エリスも脇腹に苦無を食らうなどのダメージを受けています。

しかし最後は雇い主のダリウスをオーベールが庇ったこともあり、エリスとギレーヌの「光の太刀」の連続攻撃により死亡しました。
→無職転生の死亡キャラ一覧を見る

無職転生のオーベールは実は良い奴?

オーベールはルーデウス、エリス、ギレーヌとの戦いの末に死亡しますが、実はアリエルの一件で登場したオーベールの戦いっぷりは本来のそれとは程遠いものでした。

というのもオーベールの戦闘スタイルはもっと姑息で卑怯なものであり、いつもの戦闘スタイルならルーデウス達も相当危なかったはずです。

これは水神レイダ・リィアも指摘していたことで、作中では下記のとおりオーベールらしくない行動でした。

  • アリエル達を道中で襲撃した際のやり方が中途半端
  • ルーデウス達を闇討ちした際のやり方が中途半端
  • レイダ・リィアがルーデウス達を止めている間にアリエルを殺せなかった

オーベールがいつものスタイルを出さなかった理由が「敵側にかつての教え子・エリスがいたから」でした。

いつもは卑怯な手を迷いなく使うオーベールですが、「教え子の前ではそういう姿を見せたくない」という心理があったようです。

姿形や戦闘スタイルから外道に見えがちですが、実はオーベールは悪い男ではなかったんですね。

「無職転生のオーベールの強さ!髪型がもはやガイル!笑」まとめ

今回は無職転生のオーベールのプロフィールや強さ、作中での戦績などについて解説しました。

オーベールはそれほど登場頻度が高くなかったものの、アスラ王国編では非常に厄介な敵として存在感を見せていました。

エリスの前だったから本来の戦闘スタイルを見せなかったというのが、敵ながら潔い最期でしたね。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→無職転生の強さランキングを見る

→無職転生の死亡キャラ一覧を見る

無職転生の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました