無職転生の神子の一覧!能力や強さを解説!

無職転生の神子の一覧!能力や強さを解説!(C)理不尽な孫の手/シロタカ

この記事では無職転生の神子(みこ)の詳細や一覧表、神子として生まれた者の運命などについて解説します。

神子は無職転生の作中に登場する超能力者に近い人物のことで、例外なく人外の能力を有しています。

まずは無職転生の神子についての詳細について見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • 無職転生の神子とは
  • 無職転生に登場する神子の一覧表
  • 無職転生の神子の運命

※この記事は無職転生のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

無職転生の解説&考察

無職転生の「神子」とは?

無職転生の神子とは?(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

無職転生の物語における「神子(みこ)」とは、簡単に言うと「呪いを持って生まれてきた者」を差します。

「呪い」と言うと聞こえは悪いですが、呪いには様々な種類があるので一概に悪いものとは言えません。

「神子」とは「人間にとって利益のある呪いを持つ者」と定義されており、逆に「人間にとって不利益な呪いを持つ者」は「呪子(のろいこ)」と呼ばれています。

例えばザノバの場合であれば「肉体が強靭」「力が異常に強い」といった特徴を持ち、このような呪いを持っている者は神子と呼ばれるのです。

 

ただしこの呼び方の尺度は人間が勝手に決めたものなので、神子本人にとってはその能力が不利益になっている場合も多々あります。

と言うのも後述するとおり、神子は絶大な能力を持つが故に存在自体が極めて希少なので戦争や政治の道具にされやすく、神子として生まれてしまうと逆にガチガチに縛られた人生になってしまいます。

作中でもミリス神聖国やアスラ王国に囲われた神子は名前を取り上げられたり、終始監視下に置かれたり、王族でもない限りはほとんど自由が無い生活の様子が描かれていました。

 

では次に無職転生に登場する神子を一覧表でご紹介します。

無職転生の神子の一覧表!能力や強さは?

こちらが無職転生に登場する神子の一覧表です。

神子は極めて希少であり、全世界を見渡しても10人いるかいないか程度しかいません。

さらに周りや本人が「神子である」と認識していないパターンもあり、そういう場合は大国に囲われることもなく普通の生活を送れています。

キャラ名キャラ紹介
「怪力の神子」
ザノバ・シーローン
シーローン王国の第3王子。
「怪力の神子」として生まれ、人間の首ぐらいは造作も無く引きちぎる。
また極めて頑丈な肉体を持ち、物理攻撃はほぼ無効化する。
その圧倒的なパワーと耐久力から、シーローン王国では戦争用の兵器として認識していた。
一方でザノバは人形や芸術品への造詣が深く、その知識はペルギウスとコアな会話が成り立つほど。
作中では人形製作や魔導鎧の開発などを手掛けている。
→ザノバの強さや結婚などについて見る
「記憶の神子」魔族排斥派筆頭であるミリス教団が祭り上げている「記憶の神子」。
ミリス教団に囲われた時点で名前は捨てられており、作中でも「神子様」といった呼ばれ方をしている。
「目を合わせた相手の記憶を読み取る」という能力を持ち、この能力を裁判などで使われている。
作中ではルーデウスの目を見た瞬間に状況を把握したり、言葉を喋れないゼニスの記憶を代読していた。
「再生の神子」
リリア
ルーデウスが老衰で死亡した甲龍歴481年から数年後に生まれた「再生の神子」。
当初は「物体の時間を1日だけ巻き戻す能力」とされていたが、実際には「過去を改変する能力」を持つ。
さらに「死亡すると生まれた時に戻る」というループを繰り返し、死亡する前の記憶も毎回引き継ぐ。
篠原秋人の死亡により「再生の神子」の能力を発動し、ルーデウスの転生、ナナホシの召喚のきっかけとなった。
→リリアの能力や篠原秋人との関係を見る
ゼニス・グレイラットミリス神聖国のラトレイア家の次女。
転移事件によりベガリット大陸の転移の迷宮で魔力結晶に閉じ込められる。救出された後は言葉を失い廃人状態に。
その後「記憶の神子」がゼニスの記憶を見たことで、ゼニスは廃人ではなく現状を認識し、記憶も残っていることが判明。
ここでゼニスが「人の思考を読む能力」を持つ神子であることが発覚。この事実を知るのは「記憶の神子」とルーデウスのみ。
→ゼニスが廃人になった理由などを見る
ビタ粘族の冥王。よく「冥王ビタ」と呼ばれる。
「寄生した宿主に幻覚を見せて操る能力」を持っている神子。
基本的にこの能力で体内に侵入された時点でほぼ勝負ありだが、作中ではルーデウスが唯一の対抗策である「ラクサスの骨指輪」を着けていたため、ビタが自爆する形で死亡した。

 

無職転生の神子の運命は悲惨?

前述のとおり神子は強力な能力を持っている上に極めて希少であるため、大抵の場合は大国が身柄を確保して囲い込み、政治や戦争の道具とします。

作中ではリリアや「再生の神子」がそのパターンで、いずれも下記のとおり全く自由が効かない生活を強いられています。

  • 再生の神子:ミリス教団に囲われて全く自由がない
  • リリア:未来のアスラ王国に軟禁状態にされる

さらには戦争に巻き込まれて死亡したり、政治的な理由で暗殺者から狙われるなど、常に死と隣合わせの生活となっています。

優れた能力を持って生まれたがために、自由を奪われて命まで狙われるというのは何とも可哀想な話ですね・・

ちなみに作中ではゼニスも神子であることが判明しますが、これが世間に知られるとゼニスの身柄を巡って一騒動起こるため、公にはしていません。

「無職転生の神子の一覧!能力や強さを解説!」まとめ

今回は無職転生の神子(みこ)の詳細や一覧表、神子として生まれた者の運命などについて解説しました。

神子」という響きから神聖で華やかなイメージを抱きがちですが、無職転生の世界においては自由を奪われる過酷な運命を持っています。

いつかザノバのように自由な身になれるといいですね。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→無職転生の登場人物&全キャラ一覧を見る

無職転生の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました