推しの子の黒川あかねがかわいい!美少女ながら怖い一面も?笑

この記事では【推しの子】の黒川あかねのかわいい要素やかわいいシーンをご紹介していきます。

推しの子の中でも人気キャラの1人である、あかね。

そんなあかねは一体どのようなところが人気なのでしょうか。

ここではあかねのかわいい要素やシーンをご紹介していきます。

この記事で分かること
  • 黒川あかねのかわいい要素やかわいいシーン

※この記事は【推しの子】のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

【推しの子】の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

【推しの子】の解説&考察
  1. 推しの子の黒川あかねのかわいい要素を解説!
    1. あかねは正統派美少女!
    2. あかねは天才役者!
    3. あかねは元来おとなしい女の子!
    4. あかねはスイッチが入ると怖い!笑
  2. 推しの子の黒川あかねのかわいいシーンを紹介!美少女だけど実は怖い笑
    1. 「今ガチ」であかねが初登場(漫画3巻の21話)
    2. トング係・あかね(漫画3巻の23話)
    3. 真面目すぎるあかねが追い詰められていく(漫画3巻の23話)
    4. パニック状態のあかねがゆきに慰められる(漫画3巻の24話)
    5. アイの性格分析するあかねがサイコパスっぽくて怖かわいい(漫画3巻の28話)
    6. あかねが星野アイになりきる(漫画3巻の29話)
    7. アクアがあかねにキス(漫画3巻の30話)
    8. アクアと(仕事上の)デート(漫画4巻の40話)
    9. かな登場によりブラックあかね発動(漫画4巻の40話)
    10. アクアとの共演に嬉しそうなあかね(漫画5巻の42話)
    11. 「プクーッ」(漫画5巻の43話)
    12. 二度目の「プクーッ」(漫画5巻の46話)
    13. あかねがアクアをデートに連れ出す(漫画5巻の46話)
    14. 三度目の「プクーッ」(漫画5巻の50話)
    15. あかねがアクアの境遇を察してしまい涙(漫画6巻の51話)
    16. 「一緒に殺してあげる」(漫画6巻の52話)
    17. 実はあかねはかなの大ファンだった(漫画6巻の54話)
    18. 四度目の「プクーッ」(漫画7巻の61話)
    19. 覚醒したかなにドキドキが止まらないあかね(漫画7巻の63話)
    20. あかねが終幕後に号泣(漫画7巻の66話)
    21. あかねがアクアにバックハグ(漫画8巻の71話)
    22. アクアのためなら獣道の中にもついていく(漫画8巻の75話)
    23. アクアに別れ話を切り出すも堪えきれない(漫画8巻の78話)
    24. あかねが温泉で余韻に浸る(漫画8巻の80話)
    25. あかねが名実ともにアクアの彼女に(漫画8巻の81話)
    26. 「他の女と浮気したらゼッタイコロす」(漫画9巻の第87話)
    27. アクアを想うが故の狂気(漫画10巻の第98話)
  3. 「推しの子の黒川あかねがかわいい!美少女ながら怖い一面も?笑」まとめ

推しの子の黒川あかねのかわいい要素を解説!

ここではあかねのかわいい要素をご紹介していきます。

あかねはどのようなところが人気なのか、とても気になりますね…!

あかねは正統派美少女!

あかねはMEMちょやかなとは少し違う、正統派美少女です。

芸能人で言うなら、浜辺美波さんのような感じですかね…?

現実にいたら、万人受けするようなタイプの女の子です。

あかねは天才役者!

あかねは俗にいう『憑依型』の天才役者です。

17歳言う若さで、一流の役者しかいない『劇団ララライ』に所属する女優で若きエース

演じる役の事を徹底的に調べ上げ、卓越した観察力から足りない情報を考察で補い、長年磨いて来た演技力でそれを再現しています。

あかねは元来おとなしい女の子!

あかねは元来おとなしい女の子で、それゆえに奥手で積極的に自己主張しません。

なのでハッキリ言えばバラエティー映えしないタイプなのです。

あかねはスイッチが入ると怖い!笑

あかねは子役の頃から活動しているため、自分のやりたい役を片っ端から取っていった元天才子役の有馬かなの事をライバル視しています。

かなが目の前だと普段の控えめな性格がどっかにいき、好戦的になってしまう一面も…!笑

推しの子の黒川あかねのかわいいシーンを紹介!美少女だけど実は怖い笑

では、作中でのシーンであかねはどのようなところがかわいいのでしょうか。

ここからは、あかねのかわいいシーンをご紹介していきます。

「今ガチ」であかねが初登場(漫画3巻の21話)

「今ガチ」であかねが初登場(漫画3巻の21話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

あかねは『今からガチ恋♡始めます』という恋愛リアリティショーに出演したことをきっかけに、作中で初登場します。

この時は気が強そうな女性というイメージでしたが…。

意外や意外。とても繊細で優しい女の子でしたね☆

トング係・あかね(漫画3巻の23話)

トング係・あかね(漫画3巻の23話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

あかねは「今ガチ」メンバーで焼肉に行った際には片時もトングを手放さず、自分が食べる事よりもみんなが快適に焼肉を食べられるようにしていました。

こんな謙虚な女の子を好きにならないわけないですよね…!!!?

真面目すぎるあかねが追い詰められていく(漫画3巻の23話)

真面目すぎるあかねが追い詰められていく(漫画3巻の23話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

あかねは自分が番組映えしないということが分かっていたため、出演者やスタッフから意見を聞きメモを取っていました。

ある日偶然マネージャーが自分が活躍していないせいで叱られているところを、あかねは見てしまいます。

真面目過ぎるあかねは、思わず涙…。

意外と繊細でガラスのハートなところも可愛いですね。

パニック状態のあかねがゆきに慰められる(漫画3巻の24話)

パニック状態のあかねがゆきに慰められる(漫画3巻の24話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

まわりから冷たい目線を向けられていることに気づいたあかねは、パニック状態になってしまいます。

そんなあかねをゆきは「あかねが努力家なコトしってるから大丈夫」と慰めました。

ゆきの優しさにほっとするあかね…ゆきが優しい人物で良かったですね。

アイの性格分析するあかねがサイコパスっぽくて怖かわいい(漫画3巻の28話)

アイの性格分析するあかねがサイコパスっぽくて怖かわいい(漫画3巻の28話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

あかねはアクアへの恩返しとして、アイの演技をすることにします。

そしてプロファイリングが得意なあかねは、かべにペタペタとアイの情報を貼っていきます…。

アイの性格分析するあかねの姿は、かなり狂気じみていましたね…w

あかねが星野アイになりきる(漫画3巻の29話)

あかねが星野アイになりきる(漫画3巻の29話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

アクアが出した断片的なヒントからMEMちょが言い当てた星野アイに対してプロファイリングを重ね、その生い立ちや隠し子まで看破したあかね。

アクアが一瞬見間違うほどのレベルでアイを再現し、演じ切ることに成功します!

(黒川あかね曰く、「どういう生き方をして来てどういう男が好きかまでだいたい分かる」とのこと。)

さすがララライのトップですね☆

アクアがあかねにキス(漫画3巻の30話)

アクアがあかねにキス(漫画3巻の30話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

あかねの高いプロファイリング能力は使えると判断した星野アクア。

そんな彼が「今ガチ」ラストにあかねにキスをしたことで、ビジネス上のカップルが成立したのでした。

アクアと(仕事上の)デート(漫画4巻の40話)

アクアと(仕事上の)デート(漫画4巻の40話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

アクアとあかねは、第40話で仕事上ではありますがデートを行います。

なんと可愛らしいカフェで可愛いものを食べるという、イマドキデート!笑

あかねの表情がとてもかわいいですね☆

かな登場によりブラックあかね発動(漫画4巻の40話)

かな登場によりブラックあかね発動(漫画4巻の40話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

しかしデート現場に、かなも登場しますwww

あかねはかなに闘志むき出しで「てっきり役者やめたんだと思ってた」「今はアイドル?」などと言葉の暴力をぶつけますw

そんなあかねをみたアクアは「あかね?」と、とまどっていました笑

アクアとの共演に嬉しそうなあかね(漫画5巻の42話)

アクアとの共演に嬉しそうなあかね(漫画5巻の42話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

あかねは大人気漫画『東京ブレイド』の舞台化にあたりアクア演じる『刀鬼』の許嫁役『鞘姫』に抜擢されます。

アクアとの共演についついうれしさを隠しきれないあかね…

恋する少女はやはり可愛いですね☆

「プクーッ」(漫画5巻の43話)

「プクーッ」(漫画5巻の43話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

かなの演技をみて「このままじゃ負けるぞ」とアクアはあかねにあおりをかけます。

それを聞いた当然あかねはこの表情…。笑

わかっていることでも、好きな人には言われたくない一言ですよね。

二度目の「プクーッ」(漫画5巻の46話)

二度目の「プクーッ」(漫画5巻の46話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

ステージのことを全く分かっておらず、あまり興味もなさそうなアクアに対し、あかねは二度目のプクーっを見せます。

あかねのプクーは可愛すぎで、ずっと見ていられますね。笑

あかねがアクアをデートに連れ出す(漫画5巻の46話)

あかねがアクアをデートに連れ出す(漫画5巻の46話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

舞台のことを何も知らないアクアを、あかねは体験型舞台デートに連れ出します。

これをきっかけに舞台の楽しみ方への概念が変わったアクア。

あかねの作戦は大成功したようですね☆

三度目の「プクーッ」(漫画5巻の50話)

三度目の「プクーッ」(漫画5巻の50話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

アクアの最近の演技は感情がこもっていないと指摘する、かな。

「わかりきったようなこと言うのね」というあかねに対し、かなは「どこぞのビジネス彼女とは違うのよ」と言い返します。

そんなかなに対し、あかねはまたしてもプクーっと怒りを露わにしていました。笑

あかねがアクアの境遇を察してしまい涙(漫画6巻の51話)

あかねがアクアの境遇を察してしまい涙(漫画6巻の51話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

アクアに辛い過去があることを知った、あかね。

想像力豊かなあかねは、アクアの境遇に関して色々と想像を膨らませしてしまいます。

この想像がドンピシャで当たっているとは、本人は思わなかったでしょうね。

「一緒に殺してあげる」(漫画6巻の52話)

「一緒に殺してあげる」(漫画6巻の52話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

アクアの復讐心に気づいた黒川あかねは「オレの目的が人を殺すことだったらどうする?」というアクアの問いに「一緒に殺してあげる」と返しました。

復讐を止めるのではなく協力しようとするところが、良し悪しは別にして高い包容力を持つ黒川あかねらしいですよね。

黒川あかねがアクアの理解者になったことが明確に描かれたシーンでもあり、以後2人は少しずつ距離が縮まっていきました。

実はあかねはかなの大ファンだった(漫画6巻の54話)

実はあかねはかなの大ファンだった(漫画6巻の54話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

あかねが役者を目指したきっかけはアクアと出会う前の有馬かなでした。笑
つまり、あかねはかなの隠れ大ファンなんです!
そのことに気づかれたあかねは、めちゃくちゃ恥ずかしそうな顔をしていました…笑
 

四度目の「プクーッ」(漫画7巻の61話)

四度目の「プクーッ」(漫画7巻の61話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

舞台中にかなを気に掛けるアクア…

そんなアクアを見たあかねはまたしても、プクーっを発動!笑

恋する女の子に、恋敵の話は禁物ですw

覚醒したかなにドキドキが止まらないあかね(漫画7巻の63話)

覚醒したかなにドキドキが止まらないあかね(漫画7巻の63話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

覚醒したかなを見たあかねは、自分の好きだった「有馬かな」を思い出しどきどきが止まらなくなります!w

かな興奮状態に陥ったあかねは、もう誰にも止められません…。

「このかなちゃんに勝ちたかったの」と闘志を震わせたあかねは、かなに負けない素晴らしい演技を披露していました。

あかねが終幕後に号泣(漫画7巻の66話)

あかねが終幕後に号泣(漫画7巻の66話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

終幕後、あかねは「すごいよかった!」と周りから褒められているのにもかかわらず「もっとうまくなりたい…」と言い、泣き出してしまいました。

さすが超真面目演者!w

こういう謙虚なところが、人気な理由なのかもしれませんね。

あかねがアクアにバックハグ(漫画8巻の71話)

あかねがアクアにバックハグ(漫画8巻の71話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

アクアから突然別れ話を切り出された、あかね。

うすうすアクアの気持ちに気づいていたあかねは「知ってるよ、何かに利用しようとして近づいてきたこと」「でもね、君がここで助けてくれたのに打算なんてなかったことも知ってる」と言い、橋の上でバックハグをします。

あかねの切なそうな表情が、すべてを物語っていますね…。

アクアのためなら獣道の中にもついていく(漫画8巻の75話)

アクアのためなら獣道の中にもついていく(漫画8巻の75話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

アクアはあかねを連れて、事件のあった病院やその周辺を訪れます。

女の子だけだったら絶対近寄らないけもの道でも、アクアのためならとついていくあかね…。

愛は野を超え山も越えていますねwww

アクアに別れ話を切り出すも堪えきれない(漫画8巻の78話)

アクアに別れ話を切り出すも堪えきれない(漫画8巻の78話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

アクアの自分への本心を聞いたあかね。

アクア君には私がいない方がいいよね」とあかねは強がりますが、やはり別れ話を切り出せません…。

別れを切り出そうとすると涙があふれて喋れなくなってしまうあかねの姿は、見ていてつらかったですね。

あかねが温泉で余韻に浸る(漫画8巻の80話)

あかねが温泉で余韻に浸る(漫画8巻の80話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

そのあと正式に付き合うことになった、あかねとアクア。

あかねは温泉の中で、先日あったことを思い返しては赤面していました…。笑

恋する乙女・あかねはやはりかわいいですね☆

あかねが名実ともにアクアの彼女に(漫画8巻の81話)

あかねが名実ともにアクアの彼女に(漫画8巻の81話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

そしてアクアはかなに、あかねと正式に付き合うことになったことを明かします。

晴れて2人はみんなが認める正式なカップルになったというわけですね☆

(かなの絶望的な表情が、少し気の毒ですが…)

「他の女と浮気したらゼッタイコロす」(漫画9巻の第87話)

「他の女と浮気したらゼッタイコロす」(漫画9巻の第87話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

晴れてアクアと付き合うことになったのはいいものの、アクアの女癖の悪さには少し嫌気がさしているあかね。

他の女と浮気したら絶対殺す」と、アクアの後姿を見ながら心の中でつぶやいていました。

少しあかねは重ための彼女なのかも…?

アクアを想うが故の狂気(漫画10巻の第98話)

アクアを想うが故の狂気(漫画10巻の第98話)(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

第98話では、あかねが持っていた白い薔薇の花束の中にはナイフが入っていました。(この仕込みはアイを刺したリョースケと全く同じですね。)

あくまであかねはカミキヒカルと話し合いをするつもりだったと言っていますが、恐らくアクアのためにカミキヒカルを殺す気満々だったのでしょう。

発信機を付けるアクアも大概ですが、あかねも負けず劣らず闇が深いですね。

これもアクアをおもうが故の行動なのでしょうが…少し度が過ぎていますw

「推しの子の黒川あかねがかわいい!美少女ながら怖い一面も?笑」まとめ

この記事では【推しの子】の黒川あかねのかわいい要素やかわいいシーンをご紹介しました。

あかねのかわいい要素は沢山ありすぎて、あかねのファンになってしまいそうでした☆

これからもどうかあかねには死なないで欲しいと思います…。

【推しの子】の関連記事はこちらもどうぞ

→【推しの子】のあかねの死亡フラグについて見る

→【推しの子】のあかねとアクアの関係を見る

→【推しの子】のかなとあかねの関係を見る

→【推しの子】のキャラ&登場人物一覧を見る

→【推しの子】の死亡キャラ一覧を見る

→【推しの子】の完結&最終回はいつ?

→【推しの子】は面白い?つまらない?評判について見る

→【推しの子】の伏線や考察について見る

→【推しの子】のアイを殺した犯人や黒幕について見る

→【推しの子】のかわいいキャラ一覧を見る

【推しの子】の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました