怪物事変の第61話のネタバレ最新!京都公安との模擬戦?

この記事では怪物事変の第61話のネタバレ最新情報について解説します。

怪物事変の第60話では隠神とただならぬ因縁がありそうな頼電(らいでん)が登場し、隠神が「鳴」という単語を発した瞬間に斬りかかってきました。

その後に頼電は多少落ち着いたものの、未だにただならぬ目つきをしていました。

さらに卜部が隠神に電話し、「ゲンジとそちらさんでお手わせしてほしい」と持ちかけます。

 

第61話ではどんな展開になるのでしょう。

※この記事は怪物事変のネタバレを含みます
下記のネタバレ記事の一覧表及び目次の後から記事の本文が始まります。

怪物事変のその他のネタバレ記事はこちらからどうぞ

【怪物事変】ネタバレ解説

16巻
61話62話63話

怪物事変の第61話のネタバレ最新!「鳴」とは誰?

怪物事変の第61話では「鳴(めい)」が誰なのかに注目です。

第60話では隠神と頼電が握手したまでは良かったですが、隠神が頼電の顔を見て「鳴?」と発した瞬間に頼電がブチギレて斬りかかってきました。

このシーンから少なくとも鳴という人物については、

  • 鳴は頼電の異母姉
  • 9年前に鳴は死亡
  • 頼電がブチギレた=鳴の死に隠神が関係している?

などのことが分かります。

隠神と鳴の間に何があったのかが気になるところですね。

怪物事変の第61話のネタバレ最新!ゲンジと隠神探偵団の戦い!

怪物事変の第61話では京都公安(通称「ゲンジ」)と隠神探偵団の戦いに注目です。

第60話の最後に卜部が隠神に電話で下記のように告げました。

  • 明日ゲンジとそちらさんでお手合わせしてほしい
  • 勝った方の大将を京狐捜索任務のリーダーとする
  • 怪物の結石を獲得権利も得るとする

リーダー云々はさておき、結石を手に入れたい夏羽達にとっては絶対に負けられない戦いになります。

頼電はもちろんですが、それ以外のゲンジのメンバーも相当な猛者が揃っていると思われるので、夏羽、織、晶、紺の力が試されますね。

怪物事変の第61話のネタバレ最新!小紅羅(さくら)と椿妃(つばき)の実力とは?

怪物事変の第61話のネタバレ最新!小紅羅(さくら)と椿妃(つばき)の実力とは?(C)藍本松/集英社

怪物事変の第61話以降では小紅羅(さくら)椿妃(つばき)の登場や強さに注目です。

小紅羅と椿妃は飯生の命令で屋島寺を襲撃する予定でしたが、赤城と花楓の暴走によってその任務は取りやめとなっています。

しかしそれ以降も夏羽達にとっての強敵として登場すると思われ、その能力や強さが気になるところです。

ちなみに上記画像のギャルっぽい女の子が小紅羅、真面目そうで椿の耳飾りをしているのが椿妃です。

怪物事変の第61話のネタバレ最新!飯生の動向は?

怪物事変の第61話以降では飯生(いなり)の動向に注目です。

飯生は過去に生稲(おいな)を食っており、その体には妖結石の影響が残っています。

その影響で飯生は東京から動くことができず、配下を使って結石を集めているのです。

しかし今後飯生が何らかの手段で妖結石の副作用を克服した場合、自ら夏羽達の前に現れる可能性もあります。

既に相当数の結石を集めている飯生は間違いなく脅威であり、戦闘になったらどう対抗するのか注目ですね。

怪物事変の第61話のネタバレ最新!夏羽の両親は復活する?

怪物事変の第61話以降では夏羽の両親が復活するかどうかに注目です。

夏羽の両親の存在については第1話からずっと謎になっていましたが、漫画7巻の第26話で太三郎が持っていた幻結石と命結石を融合させた際に「屍鬼(クーラー)の炎」が発現したことから、

怪物の結石の原料は屍鬼(クーラー)の肉体

であることが明らかになります。

この展開からすると、結石を全て集めて融合させることで夏羽の父親または母親の体となるのかもしれませんね。

「怪物事変の第61話のネタバレ最新!京都公安との模擬戦?」まとめ

今回は怪物事変の第61話のネタバレ最新情報について解説しました。

怪物事変は毎回話が濃く、ストーリーが大きく動くので面白いですね。

次話の展開も楽しみです☆

怪物事変のその他のネタバレ記事はこちらからどうぞ

【怪物事変】ネタバレ解説

16巻
61話62話63話

コメント

タイトルとURLをコピーしました