怪物事変の蓼丸綾(たでまるあや)の父親は誰?母親や髪の能力「金の糸」も解説!

怪物事変の蓼丸綾(たでまるあや)の父親は誰?母親や髪の能力「金の糸」も解説!©藍本松/集英社・「怪物事変」製作委員会

この記事では怪物事変の蓼丸綾(たでまるあや)の父親が誰なのか、綾の能力や母・組(くみ)との関係などから解説します。

綾は蓼丸昭夫の非人道的な実験によって組から産まれた子供で、蓼丸昭夫の目当てである「金の糸」の能力を持っています。

そんな綾の父親が誰なのか、作中の描写から詳しく見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • 蓼丸昭夫の人体実験について
  • 綾の能力から父親を類推
  • 「綾の父親が蓼丸昭夫」という説の真相

※この記事は怪物事変のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

怪物事変のその他の関連記事はこちらからどうぞ

怪物事変の解説&考察

怪物事変の蓼丸綾(たでまるあや)の父親は誰?母親・組から生まれた経緯!

綾の父親の正体を探るため、まずは綾が生まれるまでの経緯について詳しく見ていきましょう。

綾は蓼丸昭夫の非人道的な実験の末に産まれた子で、その実験の様子は怪物事変の作中でもかなりエグい場面です。

蓼丸昭夫の非人道的な異種配合実験

蓼丸昭夫の非人道的な異種配合実験(C)藍本松/集英社

蓼丸織が幼い頃にインフルエンザに罹ってしまいますが、怪物の世界にはインフルエンザに対する薬などは存在せず、父親の弟である蓼丸昭夫に助けを求めます。

蓼丸昭夫は蓼丸織を人間の病院へ連れて行き、一命を取り留めることになりましたが、この一件を経たことにより、織を人間として育て上げたいと考えていたアラクネである母親の組は金銭的なことや病気のことなどで不安を覚えることになります。

そんな組に対して蓼丸昭夫は、金銭に困ることはなくなると錦蜘蛛伝説にある「金の糸」を作り出すことを提案するのでした。

蓼丸昭夫の目的は「金の糸」

蓼丸昭夫の目的は「金の糸」(C)藍本松/集英社

伝承である錦蜘蛛伝説について調べていた蓼丸織の父親は、伝承で語られている蜘蛛の正体がアラクネであることを突き止め、そのことを知れたという時点で満足していました。

しかし、蓼丸昭夫は金の糸の正体を突き止め、可能であればそれを量産したいという欲望を持っていました。

自分の名前を世に残すことに執着していた蓼丸昭夫は、金の糸を諦めることなどできず、蓼丸織の父親が亡くなった後も、密かに組を利用して自身の望みを叶える機会を伺い続けていたのです。

組への異種配合実験では多種多様な生物や怪物を使っていた

組への異種配合実験では多種多様な生物や怪物を使っていた(C)藍本松/集英社

錦蜘蛛伝説に描かれている金の糸を作り出せる蜘蛛の怪物は、突然変異で生まれたものと推測していた蓼丸昭夫は、組を母体に使って山に住む様々な生物や怪物たちと交配実験を繰り返し行います。

繰り返される異種配合実験は、組の身体への負担が非常に大きく、時には酷く身体に傷を負うこともありました。

しかし、諦めることのない昭夫の元で行われる異種配合実験は数年に渡って続き、その結果として金の糸と呼べるものを生み出すことに成功します。

蓼丸綾は配合実験の末に「金の糸」を持って生まれる

蓼丸綾は配合実験の末に「金の糸」を持って生まれる(C)藍本松/集英社

組を母体とした異種交配実験を繰り返した結果、蓼丸綾が生まれることになります。

蓼丸綾は生まれながらに蜘蛛の糸を作り出すことができ、その糸には傷を癒す治癒の能力がありました。

蓼丸昭夫は綾の生み出す治癒の糸を富と名声をもたらす「金の糸」であると考え、綾を地下室に監禁状態にして育てます。

成長した蓼丸綾は治癒の糸を自分の意思で作り出すことが出来るようになり、蓼丸昭夫は「金の糸を安定させることができた」と喜び、金の糸の量産を夢見るのでした。

蓼丸綾の父親の素性は不明!

蓼丸綾の父親に関して、現在まで作中で述べられていないため、詳細は不明となっています。

蓼丸昭夫の行なっていた異種配合実験は長期間に渡って繰り返されてきたとみられ、夏羽たちを襲ってきた実験の結果生み出された異形の者たちが数多く登場していることから、錦糸郷の山中に住む生物や怪物は非常に多彩であろうことが伺えます。

しかし、蓼丸綾も半妖の蓼丸織と同じく普通の人間と同じような容姿をしていることから、蓼丸綾の父親の正体はいまだに謎に包まれています。

怪物事変の蓼丸綾(たでまるあや)の繭で包む能力は父親譲り?

先述の通り綾の父親の素性は不明のままです。

ただ作中では綾だけが持っている特徴が描かれているため、そこから父親の素性を探っていきましょう。

蓼丸綾の繭の能力で組の体を修復

蓼丸綾の繭の能力で組の体を修復(C)藍本松/集英社

蓼丸綾は生まれながらにして傷を癒す能力を持った糸を作り出すことができました。

その治癒の糸の能力は非常に高く、糸を編み上げることで失った臓器を再生させることも可能です。

また、糸を織り上げて繭状にして包み込むことで、致命傷になるような深刻な状態ですら傷跡も残らず完治させることができます。

蓼丸綾の元へ届けられた組の身体は異種配合実験によって重篤な損傷を負っていましたが、繭状に織り上げた綾の治癒の糸の力により一命を取り留めています。

綾は紺から「虫の臭い」「虫女」と言われていた!

綾は紺から「虫の臭い」「虫女」と言われていた!(C)藍本松/集英社

錦糸郷での夏羽の戦う姿を見ていた綾は、その雄姿に恋心を抱いており、夏羽に付きまとうようになります。

そこへ偶然やってきた紺は夏羽にベタベタする綾を見せられて嫉妬にかられ、綾に対して攻撃的になるのですが、「虫の匂いがする女」だとか「虫女」などと言って忌み嫌います。

アラクネは蜘蛛の怪物であることから「虫臭い」ということも一理ありそうですが、蓼丸織に対してそういった発言をしていないことから、もしかしたら父親の素性を匂わせる言動ではないかという見方もありますね。

綾の父親は「繭を作る虫」の怪物?

蓼丸綾は治癒能力を持った蜘蛛の糸を織り上げて繭状にすることができ、紺の「虫臭い」「虫女」という発言から、綾の父親は繭を作る虫または類似した怪物の可能性が考えられるのではないかと言われています。

また、錦蜘蛛伝説は古くから伝わる伝承であることから、古来より住まう怪物である可能性は高いのではないでしょうか。

繭を作る虫というと、真っ先に考えられるのは絹の糸の原料となる繭を作り出す蚕(かいこ)が考えられます。

養蚕は古事記にも記載が見られるほど古い時代から行われており、東北地方では「おしらさま」という養蚕の神様が祀られています。

このことから、蚕の神さまである「おしらさま」に連なる一族が蓼丸綾の父親ではないかと推測されます。

怪物事変の蓼丸綾(たでまるあや)の父親が蓼丸昭夫という説の真相は?

怪物事変の蓼丸綾(たでまるあや)の父親が蓼丸昭夫という説の真相は?(C)藍本松/集英社

蓼丸綾の容姿は一件すると人間のように見え、半妖である蓼丸織と同じように見えます。このことから、「組に一番近しい存在であった蓼丸昭夫が綾の父親ではないか」という意見が見受けられます。

ただし金の糸を生み出すことが目的であり、突然変異のアラクネを生み出すことに心血を注いだ蓼丸昭夫が、金の糸を生み出さない半妖の蓼丸織の存在を知りながら、自身の種を配合実験に組み込むとは考えにくいのではないでしょうか。

また、蓼丸昭夫が綾の父親説は原作者自身によってはっきりと否定されています。

「怪物事変の蓼丸綾(たでまるあや)の父親は誰?母親や髪の能力「金の糸」も解説!」まとめ

今回は怪物事変の蓼丸綾(たでまるあや)の父親が誰なのか、綾の能力や母・組(くみ)との関係などから解説しました。

綾の父親については詳しいことは語られておらず、また組の交配実験の数は膨大であるため、もはや父親を特定することもできないかもしれません。

組に科された人体実験の内容を考えると、このまま綾の父親の正体は明らかにならない方が幸せかもしれませんね。

怪物事変のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→怪物事変の蓼丸綾(たでまるあや)は綾瀬はるかの本名と同じ?

→怪物事変の蓼丸綾(たでまるあや)が「嫌い」と言われる理由を見る

→怪物事変の組(くみ)の人体実験について見る

怪物事変の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました