転スラのリムルのかっこいいシーン!イケメンスライムの名場面!

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)の主人公・リムル=テンペストのかっこいいシーンの一覧をご紹介します。


リムルはスライムとして転生したので普段はぷよぷよしていますが、シズの姿での名シーンや魔物の国の盟主としてのかっこいいシーンなどが数多く存在します。

今回は作中のリムルのかっこいいシーンを集めて一覧にしましたので是非お楽しみ下さい☆

この記事で分かること
  • リムルのかっこいいシーン一覧
  • 人型リムルのイケメン&かっこいい姿


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラ関連の他の記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

転スラの解説&考察

スポンサーリンク

  1. 転スラのリムルのかっこいいシーン一覧!
    1. リムルのかっこいいシーン:牙狼族との戦い(1巻の第3話)
    2. リムルのかっこいいシーン:イフリートとの決着(2巻の第10話)
    3. リムルのかっこいいシーン:シズの意思を受け継ぐ(2巻の第10話)
    4. リムルのかっこいいシーン:リムル無双(3巻の第13話)
    5. リムルのかっこいいシーン:代打・大賢者(5巻の第24話)
    6. リムルのかっこいいシーン:ゲルドの罪ごと捕食(5巻の第25話)
    7. リムルのかっこいい(?)シーン:ジュラの森の盟主爆誕(5巻の第26話)
    8. リムルのかっこいいシーン:ガゼルとの一騎打ち(6巻の第28話)
    9. リムルのかっこいいシーン:魔王ミリム・ナーヴァと一騎打ち(6巻の第30話)
    10. リムルのかっこいいシーン:「暴食者(グラトニー)」(8巻の第38話)
    11. リムルのかっこいいシーン:可愛い秘書の後始末(9巻の第40話)
    12. リムルのかっこいいシーン:部下に優しい盟主(9巻の第41話)
    13. リムルのかっこいい(?)シーン:初めての演説(9巻の第42話)
    14. リムルのかっこいいシーン:シズとの約束(10巻の第47話)
    15. リムルのかっこいいシーン:災厄級・スカイドラゴンを片手間で処理(11巻の第49話)
    16. リムルのかっこいいシーン:ヒナタ・サカグチにグラトニー解放(12巻の第55話)
    17. リムルのかっこいいシーン:最期はせめて自分の手で(13巻の第59話)
    18. リムルのかっこいいシーン:自分の手でケジメをつける(13巻の第59話)
    19. リムルのかっこいいシーン:「神之怒(メギド)」(14巻の第65話)
    20. リムルのかっこいいシーン:「反魂の秘術」と「死者蘇生の秘術」(15巻の第68話)
  2. アニメ版の転スラのリムルがイケメン&かっこいい!
  3. 「転スラのリムルのかっこいいシーン!イケメンスライムの名場面!」まとめ

転スラのリムルのかっこいいシーン一覧!

転スラの作中でリムルのかっこいいシーンについて時系列順にご紹介します。

リムルは物語序盤はスライムの姿のみですが、シズと出会ってからは人型の姿でも登場しています。

リムルのかっこいいシーン:牙狼族との戦い(1巻の第3話)

漫画1巻の第3話ではゴブリン村に牙狼族が襲撃してきた際にリムルが戦闘に立って迎え撃ちます。

ちなみに牙狼族とゴブリンの戦力比はざっくり10:1で、この時の牙狼族100頭に対してゴブリンは60匹しかおらず、絶望的な戦力差でした。

しかしこの圧倒的戦力差をリムル単体でひっくり返すことになります。


全種族で最弱のスライムが矢面に立って「立ち去るがいい」などとかっこいいことを言い放つのは転スラならではですね笑

リムルのかっこいいシーン:イフリートとの決着(2巻の第10話)

漫画2巻の第10話ではシズの中にいたイフリートが暴走し、リムルが中心となって戦闘を繰り広げています。

炎の最上位精霊であるイフリートをまともに相手できる者の方が少ないぐらいですが、リムルにかかれば敵ではありませんでした。


シズさんを返してもらうぜ」という主人公らしいかっこいいセリフをスライムボディで言い放つので微妙に締まらないシーンですね笑

リムルのかっこいいシーン:シズの意思を受け継ぐ(2巻の第10話)

漫画2巻の第10話では、イフリートを失ったシズの体が限界を迎えてしまい、最期はリムルの中で眠ることを望みます。

そしてリムルはユニークスキル「捕食者」でシズを取り込み、その姿を受け継ぎました。

実際に捕食したシーンは描かれていませんが、シズの最期の願いを聞き届けたリムルがかっこいい名シーンでしたね。

語る時は相変わらずスライムボディですが笑

リムルのかっこいいシーン:リムル無双(3巻の第13話)

漫画3巻の第13話では大鬼族(オーガ)達の勘違いによりリムル達が襲撃されます。

オーガ達はオークの群れに故郷の里を滅ぼされたことで冷静さを失っており、リムルが話そうとしても聞かなかったためにやむなく迎撃します。


リムルはこれまでに獲得したスキルで次々とオーガを無力化していき、腕を斬り飛ばされてもすぐ再生し、オーガ必殺の「鬼王の怪炎(オーガフレイム)」を食らってもノーダメージという無双っぷりを見せました。

リムルがエクストラスキル「黒炎(こくえん)」を出す時の笑顔がかっこいいやら怖いやらのシーンですね。

リムルのかっこいいシーン:代打・大賢者(5巻の第24話)

漫画5巻の第24話でオークロードがオークディザスターに進化し、ベニマル達の総攻撃ですらすぐに全回復してしまう化け物になりました。


そこでリムルは相棒の「大賢者(エイチアルモノ)」に代打を頼みます。

大賢者はリムルが保有しているスキルの中でも最適なものを瞬時に割り出し、魔素の制御も完璧に行う自動戦闘状態(オートバトルモード)に入りました。


大賢者の淡々とした口調でオークディザスターを追い詰めていくのがかっこいい名シーンですね。

リムルのかっこいいシーン:ゲルドの罪ごと捕食(5巻の第25話)

漫画5巻の第25話ではリムルがスライム化してオークディザスターの体を覆い尽くし、「捕食者」で体を食らいます。

オークディザスターは「自己再生」で体を瞬時に再生することができますが、リムルの「捕食者」による捕食の方が勝ります。


オークディザスターはこれまでに他の魔物やゲルミュッド、同胞のオークも喰ってきた罪の意識から退けない状態でしたが、リムルの

お前の罪も
お前の同胞の罪も
俺が喰ってやるよ
だから安心して眠れ

という言葉を最期に息絶えました。

リムルはオークディザスターの意識の中に触れたために彼が暴走した経緯や罪の意識を感じ取り、その上で「罪ごと喰ってやる」と言うかっこいいセリフと供に捕食しています。

決まった時のリムルの表情と後ろ姿があまりにかっこいい名シーンでしたね。

リムルのかっこいい(?)シーン:ジュラの森の盟主爆誕(5巻の第26話)

漫画5巻の第26話ではオークロード騒動の後処理で、各種族の代表が集まって戦後処理の話し合いが行われました。

その議長には森の管理者・トレイニーの(一方的な)指名によりリムルが選出されます。当然そんな経験あるはずもなく、とりあえずリムルは自分の考えをみんなに伝えました。

・オークの罪はリムルが背負い、オークに罪は問わない
・森の各種族間の大同盟を結ぶ


人間相手では恨み辛みが絡んでそうそう簡単に収拾がつかなかったでしょうが、魔物であるが故に「弱肉強食」の原則が根底にあるため、極めてスムーズに話し合いが進みました。

そしてリムルの「大同盟」の発言が(図らずも)決め手となり、その場にいた魔物(トレイニー含む)が全員リムルに跪き、リムルを盟主とするジュラの森大同盟が成立しました。


とても断れる空気ではなく、リムルは冷や汗ダラダラで事態は収束しました。

議長としての提案の時はかっこいい口調でしたが、突然盟主に持ち上げられた時の冷や汗の度合いが半端ないですね笑

リムルのかっこいいシーン:ガゼルとの一騎打ち(6巻の第28話)

漫画6巻の第28話ではドワルゴン国王・ガゼルがペガサスナイツを率いて、物々しい雰囲気でリムルの元を訪れました。

リムル達がオークロード(実際はオークディザスター)を討伐したことで、ドワーフの国からしてみれば「オークロード以上の力を持った魔物達」ということになるため、その盟主の人となりを見るためです。


基本的に体育会系のガゼルは「剣で語る」ことを(煽りながら)提案し、ここでは珍しくリムルの剣技のみの戦闘シーンとなります。

クロベエが打った刀を抜く時のリムルがかっこいい名シーンですね。

リムルのかっこいいシーン:魔王ミリム・ナーヴァと一騎打ち(6巻の第30話)

漫画6巻の第30話では天災級(カタストロフ)の魔王ミリム・ナーヴァがテンペストに遊びに来ます。


テンペストの主力メンバー総出でかかっても瞬殺される相手なので、リムルは「戦いにならないならそれでいい」と考えていた矢先、ミリムの強大過ぎるオーラにあてられたシオンがミリムに斬りかかりました。

さらにソウエイとベニマルまで加わってミリムに総攻撃を仕掛けますが、当然ながらかすり傷一つ付けられず、その場で全員戦闘不能に追い込まれました。


こうなってしまった以上は仕方ないので、リムルも覚悟を決めて「あとは俺がやる」とかっこいいセリフと供にミリムとの一騎打ちになります。

ちなみにこの一騎打ちではリムルの「蜂蜜作戦」によりミリムの懐柔に成功し、実質リムルの勝利に終わりました。

あとは俺がやる」というかっこいいセリフと、一撃を入れる時のかっこいい表情の割には子供だましな作戦でしたが、大賢者ですら思いつかないこの発想力がリムルの強さの一つですね。

リムルのかっこいいシーン:「暴食者(グラトニー)」(8巻の第38話)

漫画8巻の第38話ではカリュブディスの全方位攻撃に対してリムルのユニークスキル「暴食者(グラトニー)」が初解禁されました。

これによりバカでかい巨体を持つカリュブディスの全身から全方位に放たれた鱗が、リムルの「暴食者(グラトニー)」により全て喰われて攻撃が無効化されています。

相手の攻撃すらも喰ってしまうことで最強の防御手段としても使えるエゲツないスキルですね。


リムルが相手に向かって手を出しながらドヤ顔で「グラトニー」と放つ姿は、厨二病患者であれば誰もが言ってみたい&やってみたい「かっこいい」名シーンです笑

リムルのかっこいいシーン:可愛い秘書の後始末(9巻の第40話)

漫画9巻の第40話でも「暴食者(グラトニー)」が活躍します。


ユーラザニアからの使節団がテンペストに到着し、ユーラザニア流の体育会系な挨拶が終わりましたが、シオンがぶちかまそうとしていた魔力弾が暴発寸前の状態でした。

消すことも上空に撃つこともできずにシオンがパニックになっていたところ、リムルが

大丈夫
俺を信じろ

というかっこいい殺し文句と供に「グラトニー」で魔力弾を丸ごと捕食します。


はたから見ると「シオンが相変わらずドタバタしている」というシーンでしたが、結果的にリムルのヤバさをユーラザニア使節団に見せることができ、図らずもシオンのナイスプレーとなりました。

リムルのかっこいいシーン:部下に優しい盟主(9巻の第41話)

漫画9巻の第41話ではドワルゴンとの友好宣言のためにリムル達が馬車(ランガ車)に乗って出発します。


その道中で、カリュブディスとの戦闘で破損した街道を修繕していたゲルド達を見かけました。

仕事熱心なゲルド達にリムルは(体内から)樽のビールを振る舞うというかっこいい上司っぷりを見せており、テンペストの結束の強さの理由が垣間見えた名シーンです。

リムルのかっこいい(?)シーン:初めての演説(9巻の第42話)

漫画9巻の第42話ではドワルゴンとの友好宣言の式典で人生(スライム生)初の演説をするリムルの姿が描かれています。

そもそも外見がスライムなので威厳などとは無縁なのはご愛嬌として、ドワルゴンの大勢の国民の前での演説にリムルはガッチガチに緊張します笑

しかしスピーチ自体はシュナとの練習の甲斐もあってつつがなく終えることが出来ました。


ちなみに演説後はガゼルから

・短すぎる
・へりくだりすぎる
・情に訴えかけすぎる
はっきり言って零点だ

とボロクソな評価をいただいています笑

リムルのかっこいいシーン:シズとの約束(10巻の第47話)

漫画10巻の第47話ではシズの忘れ形見であるイングラシアの子供たちと接するシーンが描かれます。


この子供たちは本来の召喚の儀式ではなく、コスト削減のために簡素化された召喚術式で召喚されました。

この術式だとコストが安い代わりに失敗が多く、この子供たちはリムルやシズのようにスキルを獲得できずに召喚されてしまいます。

すると、本来であればスキルへと還元されるはずのエネルギーが体内に残ってしまい、そのうちその身を焼き尽くすことになります。


この子供たちも余命1~2年と言われており、シズがその解決法を見つける前に死んでしまったため、リムルがその意思を受け継ぎます。

絶対に助けてやる
必ずだ

と約束するリムルがかっこいい名シーンでしたね。

リムルのかっこいいシーン:災厄級・スカイドラゴンを片手間で処理(11巻の第49話)

リムルがイングラシアで子供たちの先生となって面倒を見ていたある日、イングラシアの上空に見るからにヤバそうな魔物が飛来します。

その正体は天空竜(スカイドラゴン)で、脅威度は災厄級(カラミティ)ということでカリュブディスと同じランク帯の化け物です。


そんな化け物相手にリムルはミョルマイルと会話しながら片手間で倒しました笑

この辺りになってくるとリムルがかっこいいを通り越して怖いぐらいの強さになってきています。

リムルのかっこいいシーン:ヒナタ・サカグチにグラトニー解放(12巻の第55話)

漫画12巻の第55話では恐らく転スラの作中でリムルが最も追い詰められたシーンが描かれています。


リムルはイングラシアからテンペストに帰ろうとした道中でヒナタ・サカグチからの襲撃に遭い、これまでの敵と比べても桁外れに強いヒナタの前に防戦一方となります。

そしてヒナタが「七彩終焉刺突激(デッドエンドレインボー)」でトドメを刺しに来たタイミングでリムルは「暴食者(グラトニー)」を解放します。

お互いの必殺技が交錯するかっこいい名シーンですね。

これまでのグラトニーとは違った使い方で、これまでにリムルが捕食した魔物が表に現れています。

ヒナタの一撃をグラトニーで受け止めた代わりにリムルは自我を失った化け物となり、周囲の物質を食い尽くすだけの存在となりました。


ちなみにこの後ヒナタの神聖魔法「霊子崩壊(ディスインテグレーション)」によりリムルは消滅しますが、実はこのリムルは分身体なので本体は物陰に隠れていました。

リムルのかっこいいシーン:最期はせめて自分の手で(13巻の第59話)

リムルがヒナタ・サカグチの相手をしている間、テンペストではファルムス王国からの先遣隊が暴れていました。

その騒動によりシオンを含む数十名の死者、大勢の怪我人が出る大惨事となります。


漫画13巻の第59話ではテンペストの広場に横たわっているシオン達の亡骸の側で、リムルは大賢者に「死者蘇生」について調査させていましたが、大賢者の叡智でも死者を復活させる情報は見つかりませんでした。

シオン達の遺体もそのままにしておくと魔素に還元されて消えてしまうため、リムルは

せめて俺の中で安らかに

と決めて「暴食者(グラトニー)」で葬送しようとします。


リムルの仮面が割れるシーンがその激情を表していますね。

リムルのかっこいいシーン:自分の手でケジメをつける(13巻の第59話)

漫画13巻の第59話でシオン達の亡骸の前でリムルが決意を固めるかっこいいシーンです。

エレンから死者蘇生のヒントを貰い、その条件として

  • リムルが魔王になること
  • 10000人分の人間の魂

が必要であることが分かり、リムルは配下ではなく自身の手でケジメをつけることを選択しました。

リムルのかっこいいシーン:「神之怒(メギド)」(14巻の第65話)

漫画14巻の第65話ではリムルが作中で見せた最大規模の攻撃が描かれます。

テンペストを目指して進軍していた約2万人のファルムス王国軍が駐留していた地点の上空から、リムルが「神之怒(メギド)」を放ち、全方位型の即死攻撃で千人単位で殺害していきました。


光の速さで飛んでくる即死級の熱線と、この後にリムルが発動したユニークスキル「心無者(ムジヒナルモノ)」の前にファルムス王国軍は全く成すすべなく、国王と大司教、ラーゼンの3名を除いて全滅しました。

ちなみにこののシーンはアニメ2期の第10話で描かれており、「神之怒(メギド)」の発動シーンの作画がかっこいいと評判です。

またアニメ2期の第11話では「心無者(ムジヒナルモノ)」のエゲツなさもよく表現されており、アニメの中でも必見の回です。

リムルのかっこいいシーン:「反魂の秘術」と「死者蘇生の秘術」(15巻の第68話)

漫画15巻の第68話でリムルは覚醒魔王への進化を果たし、「大賢者」も究極能力「智慧之王(ラファエル)」に進化します。

そしてラファエルはリムルの代行者として「反魂の秘術」と「死者蘇生の秘術」を発動し、シオン達を蘇生しました。

魔王の中ですらこんな芸当ができる者はごく限られており、当然のように成功させるリムルの姿はかっこいいを通り越して神々しさすらありましたね。

ちなみにこのシーンはアニメ2期の第11話で描かれています。

ラファエルが「暴食之王(ベルゼビュート)」で魂を集めるシーンや「反魂の秘術」と「死者蘇生の秘術」のシーンの作画が神がかっており、転スラのアニメの中でも神回と評判の名シーンです。

スポンサーリンク

アニメ版の転スラのリムルがイケメン&かっこいい!

ここまでリムルのかっこいいシーンについてご紹介してきましたが、アニメ版の転スラではリムル(人型)がより美少年でかっこいい(可愛い?)作画となっています。

ちなみにリムルはオークディザスターを喰った時ファルムス王国軍を生贄に魔王になった時にそれぞれ体が成長しており、段々少年から青年に近づいています。

今後リムルの強さが更にチート化していく過程で、物語当初のような子供の見た目ではなく、イケメンでかっこいい青年っぽくなっていくかもしれませんね。

スポンサーリンク

「転スラのリムルのかっこいいシーン!イケメンスライムの名場面!」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)の主人公・リムル=テンペストのかっこいいシーンの一覧をご紹介しました。


リムルはスライムボディと人型を使い分けており、基本的にスライムの姿だとかっこいいというより可愛さが勝るシーンが多いです笑

今後も戦闘シーンのみならず、配下や仲間への気遣いや男気など、リムルのかっこいいシーンがまだまだ見れそうですね☆


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

転スラの解説&考察

転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました