転スラのリムルのかわいいシーン!美少女の姿の理由!アニメ版はもっと可愛い!

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)の主人公・リムル=テンペストのかわいいシーンやかわいい描写についてご紹介します。


リムルは異世界にスライムとして転生しており、序盤はスライムボディで生活しています。

その姿も「かわいい」と評判のシーンが多いですが、途中から美少女の姿にも変身できるようになり、益々「かわいい」という声が強まりました笑


まずは転スラのリムルのスライム&美少女の姿の紹介と、美少女に変身できる理由について解説します。

この記事で分かること
  • 転スラのリムルがかわいいと評判の理由
  • 転スラのリムルが美少女の姿である理由
  • 転スラのリムルのかわいいシーン一覧
  • アニメ版の転スラのリムルのかわいい作画


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラ関連の他の記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

転スラの解説&考察

スポンサーリンク

  1. 転スラのリムルが「かわいい」と大人気!
    1. 転スラのリムル(スライム)がかわいい
    2. 転スラのリムル(美少女)がかわいい
    3. 転スラのリムルがかわいい美少女の姿である理由
  2. 転スラのリムルのかわいいシーン一覧!
    1. 転スラのリムルのかわいいシーン:照れるおっさん2人(1巻の第1話)
    2. 転スラのリムルのかわいいシーン:約束の地(1巻の第6話)
    3. 転スラのリムルのかわいいシーン:約得約得(2巻の第8話)
    4. 転スラのリムルのかわいいシーン:美少女リムル(2巻の第10話)
    5. 転スラのリムルのかわいいシーン:異世界で初の食事(3巻の第14話)
    6. 転スラのリムルのかわいいシーン:リムルは伸縮自在(3巻の第15話)
    7. 転スラのリムルのかわいいシーン:美少女リムル降臨(4巻の第19話)
    8. 転スラのリムルのかわいいシーン:冷や汗ダラダラの新盟主(5巻の第26話)
    9. 転スラのリムルのかわいいシーン:魔王ミリムに懐かれまくる(6巻の第34話)
    10. 転スラのリムルのかわいいシーン:リボンつきリムル(7巻の第31話)
    11. 転スラのリムルのかわいいシーン:ガチガチ演説(9巻の第42話)
    12. 転スラのリムルのかわいいシーン:シュナ様許して(9巻の第42話)
    13. 転スラのリムルのかわいいシーン:魔王リムル誕生(15巻の第68話)
    14. 転スラのリムルのかわいいシーン:魔王になっても伸縮自在(17巻の第77話)
  3. アニメ版の転スラのリムルがかわいい
  4. 「転スラのリムルのかわいいシーン!美少女の姿の理由!アニメ版はもっと可愛い!」まとめ

転スラのリムルが「かわいい」と大人気!

転スラのリムルは作中の容姿や言動などが「かわいい」ということで登場キャラの中でも人気があります。

そもそもリムルの容姿はスライムバージョン美少女(美少年?)バージョンがあり、それぞれの姿で「かわいい」と言われています。

まずはリムルのスライムボディのかわいい様子から見てみましょう。

転スラのリムル(スライム)がかわいい

リムルは元の世界で通り魔に刺されて死亡し、転スラの世界にスライムとして転生しました。

なのでリムルの体はスライムが基本で、その弾力や丸い見た目から「かわいい」という声が多いです。


実際作中でもそのかわいい姿故にシズシュナシオンドワルゴの楽園(=キャバクラ)のお姉さん達などの女の子からは頻繁に抱っこされてされています。

転スラのリムル(美少女)がかわいい

リムルは物語の途中からスライムだけではなくかわいい美少女の姿にも変わることができます。

その姿は配下から見てもかわいいらしく、シュナやシオン達から女の子っぽい服を着せられて愛でられたり、イングラシアではリムルのかわいい容姿を見たミョルマイルが「女神?」と呟いていました。


ちなみにその中身は37歳を超えたおじさんです笑

転スラのリムルがかわいい美少女の姿である理由

リムルの素体はスライムですが、美少女の姿にも変われるようになったきっかけはシズとの出会いです。


シズの体はイフリートの影響で老化が止まっていましたが、シズ自身がそのイフリートの力を制御できなくなって暴走してしまいます。

そして暴走したイフリートをリムルが捕食したことでシズを助けたものの、老化を止めていたイフリートがいなくなったことでシズは急速に老化が進み寿命を迎えてしまいました。


最終的にリムルはシズの願いを聞き入れ、シズの体を「捕食者」で取り込むことで葬送し、それ以来リムルはシズを子供にしたような容姿の人型に変われるようになります。

スポンサーリンク

転スラのリムルのかわいいシーン一覧!

ここまで転スラのリムルのスライムバージョンと美少女バージョンのかわいい姿について解説してきましたが、実際に作中で「かわいい」と評判のシーンをご紹介します。

リムルが「かわいい」と言われるシーンはその容姿だけではなく、中身がおっさんとは思えない言動にもよく見られます。

転スラのリムルのかわいいシーン:照れるおっさん2人(1巻の第1話)

漫画1巻の第1話でリムルが通り魔から後輩を助けた拍子に命を落とし、スライムとして異世界に転生しました。

そして転生した先ではヴェルドラと出会い、世界最弱の種族であるスライムの身でありながら、世界最強クラスの強さの相手と友達になります。


真正面から「友達になる」という話をしたことで、いい歳したおっさん2人が「てれっ」となりながら照れているのがかわいいシーンです笑

ちなみにリムルの中身は三上悟(37歳)、ヴェルドラに至っては基本的に不死の竜種なので年齢は測定不能です。

転スラのリムルのかわいいシーン:約束の地(1巻の第6話)

漫画1巻の第6話ではドワーフの国・ドワルゴンで、リムルはカイジン達に連れられて「約束の地(=キャバクラ)」に来ました。

そこにはエルフのかわいい女の子がたくさん務めており、リムルが思い描いていた通りのかわいい娘に囲まれた&抱きしめられたことで「FOOOO!!」と言葉になっていない心の叫びを見せています。


冒頭でお話したとおりリムルのスライムボディは女の子に抱っこされる機会が多く、リムルにとっては都合が良い姿ですね笑

転スラのリムルのかわいいシーン:約得約得(2巻の第8話)

漫画2巻の第8話ではリムルとシズの初対面の様子が描かれています。


シズはカバル、ギド、エレンのドタバタ3人組に同行してジュラの大森林の調査に来ていましたが、途中で手強い魔物に襲われてしまいます(カバルが巣をつついたのが原因)。

シズの全盛期であれば相手にもならない魔物だったものの、イフリートの制御が限界に来ていたこともあって窮地に立たされますが、リムルが駆けつけて魔物を瞬殺して事なきを得ました。


ただリムルも見た目がスライムなのでガバル達に警戒されており、リムルが警戒を解いてもらうために「悪いスライムじゃないよ」ネタを披露しました。

そしてその場にいたメンバーの中でシズだけがそのネタを理解しており、リムルを抱っこしながら「信用できる」と認定します。


先程のドワルゴンのかわいい女の子達と同様、シズにも無条件で抱っこされるリムルの約得感が半端じゃないですね笑

転スラのリムルのかわいいシーン:美少女リムル(2巻の第10話)

漫画2巻の第10話でリムルが初めてスライムから人型に変わった時のシーンです。

その姿はシズを小さくしたようなかわいい美少女(ちなみに無性)で、初めて見たカバル達やリグルドが仰天してしました。


このシーン以降、リムルはスライムから人間の姿に変わることができます。

転スラのリムルのかわいいシーン:異世界で初の食事(3巻の第14話)

漫画3巻の第14話ではリムルが異世界転生してから初めての食事のシーンがあります。

厳密にはヒポクテ草や魔鋼石、魔物などを喰っていますが、そもそも味覚が無かったので味のある食事をしたことがありませんでした。


そしてオーガ達とのいざこざを脱した後の宴会でゴブイチ監修の元、串焼き肉を食べたリムルからはかわいい笑顔と共に

うんっっっまぁぁい

と大絶賛でした。


これ以降リムルは他の配下と同様に食事を楽しむことができるようになった反面、これが原因でシオンの料理の味も感じられるようになってしまいました笑

転スラのリムルのかわいいシーン:リムルは伸縮自在(3巻の第15話)

リムルはスライムなのでその体は伸縮自在です。

漫画3巻の第15話ではシュナとシオンによりリムルの取り合いとなり、両側から引っ張られたリムルが餅のようになっています笑

リムルのお付きとしてバチバチのシュナとシオンがかわいいやら怖いやらの名シーンでしたね。

ちなみにアニメ版では1期の第11話でシュナとシオンのバチバチシーンが描かれています。

アニメ版ではより派手に引っ張り合いが行われているため、リムルの体が漫画版よりも派手に伸び切っています笑

転スラのリムルのかわいいシーン:美少女リムル降臨(4巻の第19話)

漫画4巻の第19話ではリムルがシュナやシオン達によって女の子っぽいかわいい服を着せられて髪型もセットされています。

シュナ達はいわゆる着せ替え人形のような感じで楽しんでおり、そのかわいい姿を見たガルムが「ドキュン」としていました笑


この時のガルムはリムルのかわいい姿にドギマギしながら「俺はシュナちゃん一筋 俺はシュナちゃん一筋」と呟いており、図らずもガルムがシュナ狙いということが判明したシーンです。

転スラのリムルのかわいいシーン:冷や汗ダラダラの新盟主(5巻の第26話)

漫画5巻の第26話ではオークロード騒動が収まった後の戦後処理として、リムルを議長(トレイニーの指名により)として話し合いが開かれました。

そこでリムルは「ジュラの森の種族間で大同盟を結んではどうか」と提案したのが決め手となり、その場にいた全種族の代表がリムルに跪きます。

何のことやら分からなかったリムルでしたが、トレイニーから「リムルを新たな盟主としてジュラの森大同盟は成立しました」と言われ、断れない空気になったリムルは仕方なく承諾します。

スライムボディに冷や汗だらだらのリムルがかわいい名シーンでしたね笑

転スラのリムルのかわいいシーン:魔王ミリムに懐かれまくる(6巻の第34話)

漫画6巻の第34話では魔王ミリムから(一方的に)親友認定され、ミリムはそのまま暫くテンペストに滞在することになりました。

見た目はかわいい少女ながら天災級(カタストロフ)のランク帯にいるミリムは危険極まりない存在ですが、リムルに懐きまくっていたので全く帰る様子がありませんでした。

ミリムの膝の上で困り果てているリムルがかわいいシーンですね笑

転スラのリムルのかわいいシーン:リボンつきリムル(7巻の第31話)

漫画7巻の第31話でヨウムから事情を聞いていたリムルでしたが、話に全く興味が無いミリムがリムルにリボンをつけて遊んでいます。

リムルはヨウムからの情報の方が大事なのか、ミリムに言っても聞かない諦めているのか、全く抵抗もせずに大人しくリボンをつけられていました笑

リボンをつけられた後のリムルの見た目がこんな感じです。

公式の場だったのでシュナやシオンは何も反応していませんが、プライベートだったらかわいい見た目に大騒ぎしてそうですね笑

転スラのリムルのかわいいシーン:ガチガチ演説(9巻の第42話)

漫画9巻の第42話ではドワルゴンとの友好宣言式典でリムルがテンペスト代表として演説をするシーンがあります。

大勢の民衆の前で演説など初めてだったこともあってガチガチに緊張しており、多くの民衆からは「かわいいスライムがカチカチになっている」と見えていました笑


ちなみにこの後の楽園(=キャバクラ)のマスターの女性からもリムルが緊張しまくっていたことを突っ込まれつつ、リムルの誠実さが伝わる演説は好評だったようです。

転スラのリムルのかわいいシーン:シュナ様許して(9巻の第42話)

漫画9巻の第42話でリムルがかわいいアピールで窮地を乗り切ろうとした名シーンです。


夜中にこっそり宿を抜け出して約束の地(=キャバクラ)に繰り出したリムル達でしたが、その出掛けにゴブゾウがシュナに「どこに行くのか」と聞かれて真正直に答えていたためにバレバレでした。

バレバレだったことなど露知らずリムル達がこっそり宿に戻ろうとした道中に殺意たっぷりの笑顔を浮かべたシュナと鉢合わせし、全員その場で正座させられます笑

そしてリムルは「下手に言い訳をするのは悪手」と考え、

言葉短く
腰を低く
スライムのかわいい姿で情に訴えかける

という作戦で乗り切ろうとしました。

そのかわいい姿に「きゅん」としたシュナは許してくれるかと思いきや、「1週間シオンの朝食の刑」を言い渡します。

テンペストの中で一番怒らせてはならないのが誰なのかがはっきりした回でしたね笑

転スラのリムルのかわいいシーン:魔王リムル誕生(15巻の第68話)

漫画15巻の第68話でリムルは「魔王への進化(ハーベストフェスティバル)」を経て魔王となりました。

魔王に進化した直後はリムルの意識はなく、「智慧之王(ラファエル)」が代行者としてリムルの体を動かしています。


魔王進化を果たした時のリムルの姿がかわいいを通り越して神々しさすらある名シーンでしたね。

転スラのリムルのかわいいシーン:魔王になっても伸縮自在(17巻の第77話)

漫画17巻の第77話でリムルが魔王についてヴェルドラに聞いているシーンがあります。


ヴェルドラは「戯れでルミナスの都を滅ぼした」「魔王ダグリュールと何度か喧嘩した」といったスケールが違いすぎる思い出話をしており、その中でギィ・クリムゾンの話題になりました。

ヴェルドラは急に都合が悪くなったような表情で「ギィ・クリムゾンがいる北方には何もないし」とか言いながらリムルの体を引っ張り回しています。魔王になってデモンスライムに進化しても伸縮性は健在ですね笑


ちなみにこの時ヴェルドラが言葉を濁していたのは、ギィ・クリムゾンの拠点にヴェルドラの姉・ヴェルザードがいることが理由です。

ヴェルドラはヴェルザードに対してトラウマレベルの恐怖を持っているため、絶対に自分から接触しようとはしません笑

スポンサーリンク

アニメ版の転スラのリムルがかわいい

ここまで作中におけるリムルのかわいいシーンをご紹介してきました。

漫画版も勿論ですが、転スラのアニメ版の作画が評判で、リムルがよりかわいい容姿に描かれています。


ちなみにリムルは物語の中でオークディザスターを喰った時や、魔王に進化した時に少しずつ体が成長しています。

リムルの体は無性なのでどちらかの性別に近づいていくことはありませんが、少なくとも外見は「かわいい」から「美人」に近づいていますね。

スポンサーリンク

「転スラのリムルのかわいいシーン!美少女の姿の理由!アニメ版はもっと可愛い!」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)の主人公・リムル=テンペストのかわいいシーンやかわいい描写についてご紹介しました。


転スラにおいてはリムルがスライムでも人型でもかわいいシーンが数多くあり、配下のシュナやシオン達からもその空気を感じることができます。

こういうかわいいシーンを見ていると「中身は37歳以上の男」ということを忘れてしまいそうになりますね笑


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

転スラの解説&考察

転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました