玉壺がかわいい?カラー画像やイラストも紹介!【鬼滅の刃】

この記事では鬼滅の刃の上弦の伍・玉壺(ぎょっこ)のかわいいシーンやかわいいイラスト&カラー画像などをご紹介します。


玉壺は上弦の鬼の中でも異形の見た目をした鬼で、その体は伸縮自在、目や口の位置がバラバラなど、外見からして個性派なキャラです。

ファンの間では「キモい」「気持ち悪い」という声も多い一方、「かわいい」という声も上がっているようです。


今回は玉壺がかわいいと評判のシーンについて詳しく見ていきましょう。

<この記事で分かること>
◯玉壺(ぎょっこ)の作中のかわいいシーン一覧
◯玉壺(ぎょっこ)のかわいいイラスト&カラー画像


※この記事は鬼滅の刃のネタバレを含みます


鬼滅の刃の上弦の鬼の一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

玉壺がかわいいと評判?鬼滅の刃の個性派キャラ!

玉壺(ぎょっこ)は鬼滅の刃において上弦の伍というトップクラスに強い鬼として登場します。


その見た目は上弦の鬼の中でも群を抜いて人外のもので、伸縮自在の体は蛸壺の中にも入ることができます。

さらに目があるべきところに口口があるべきところに目があるなど、芸術とゲテモノを履き違えたような容姿をしています。


基本的には「気持ち悪い」「キモイ」という評価が多い玉壺ですが、一方で作中の言動や振る舞いなどから「かわいい」という声も上がっています。

スポンサーリンク

玉壺のかわいいシーン一覧!

では実際に作中で玉壺が「かわいい」と言われて評判の高いのシーンについて見ていきましょう。

冒頭でお話したとおり、基本的に玉壺の見てくれは気持ち悪いだけですが、評判に乗っかってそのつもりで見ればきっと「かわいい」と思えてきます笑

玉壺のかわいいシーン:無惨様の手が私の頭に・・!(12巻の第98話)

玉壺が初登場したのは漫画12巻の第98話で、上弦の陸・堕姫&妓夫太郎が倒されたことで上弦の鬼が113年ぶりに集められたシーンです。

特に妓夫太郎については無惨のお気に入りだったこともあり、この時の無惨は終始不機嫌ブチ切れていました。


そんな無惨に対し、玉壺が飄々とした調子で「鬼殺隊を葬るための重要な情報を掴んだ」ことを言おうとしますが、その瞬間に無惨に頚をちょん斬られて頭だけにされています。

単なるパワハラ現場ですが、無惨の手の上にちょこんと乗っかった玉壺の頭がかわいいという声もあるシーンでした笑

玉壺のかわいいシーン:頭だけで歩く上弦の伍(12巻の第99話)

漫画12巻の第99話では玉壺が掴んだ情報を元に、無惨は玉壺と半天狗に現場に向かうように指示しました。

現場までは鳴女の血鬼術により飛ばしてもらいますが、その際に玉壺は首から下を再生させないまま頭だけで駆け出しています笑

頭から生えた小さい手で歩行する姿が気持ち悪いやらかわいいやら、ですね笑

玉壺のかわいいシーン:もぞもぞ玉壺(13巻の第110話)

漫画13巻の第110話では鋼鐵塚蛍がいるあばら屋の前で待ち伏せしていた玉壺の姿が描かれています。


玉壺は普段壺の中で生息しており、玉壺が作った複数の壺の間を瞬間移動するといった能力もあります。

ここでは壺から「もぞもぞ」した擬音を立てながら這い出し、伸縮自在なその体から生える無数の手がキモいシーンです。

大抵は気持ち悪いと映るこの姿ですが、「かわいい」という意見もちらほら聞かれます笑


ちなみにこのシーンがあった漫画13巻の第110話のフリースペースでは小鉄と鉄穴森が

(鉄穴森)
うーわキッショ!!(ゾワゾワ)

(小鉄)
キッショ!!
うへー
絶対独身だよ

と叫びながら気持ち悪がっていました笑

玉壺のかわいいシーン:ブチギレながらも認める奴(13巻の第111話)

漫画13巻の第111話では時透無一郎と玉壺の戦闘が始まります。

玉壺はそこら辺に配置した壺と壺の間を移動しながら時透無一郎の斬撃を躱しますが、その過程で壺をぶっ壊されるたびにキレています。


ブチギレモードの玉壺は

・よくも壺を斬ったな
・審美眼のない猿めが
・脳まで筋肉でできているお前らには理解できないだろう

的なことを言いながらも、最後は「それもまた良し!」といちいち許してくれます笑

これは玉壺の口癖の一つですが、ブチギレながらも毎回許す玉壺がかわいいやら面白いやらのシーンですね。

玉壺のかわいいシーン:この集中を切りたい!(14巻の第117話)

漫画14巻の第117話ではえらく意固地になってかわいい玉壺のシーンがあります。

鋼鐵塚蛍があばら屋の中で一心不乱に刀を研磨しており、玉壺が話しかけても全く気付きませんでした。

そんな集中力MAX状態の鋼鐵塚蛍を見た玉壺は

・気に喰わぬ!
・自分もこんなに集中したことはない!
・芸術家として負けてる気がする!


訳のわからんライバル心を燃やした玉壺は鋼鐵塚蛍の体を斬りつけますが、鋼鐵塚蛍はそれでも全く動じずに刀を研ぎ続けていました。

そして益々意地になった玉壺は「何とか刀を放棄させたい!」「この集中を切りたい」という方向に躍起になります。


上弦の鬼としての使命も忘れる玉壺がアホかわいい名シーンでしたね笑

玉壺のかわいいシーン:壺をバカにすることは許さぬ(14巻の第120話)

漫画14巻の第120話では時透無一郎と玉壺の悪口大会が開催されました。

玉壺は基本的に言い合いで逆上することはありませんが、時透無一郎が玉壺の壺に対して「下っ手くそだなぁ」と口にすると

それは貴様の目玉が腐っているからだろうがアアアア!!!!

と言いながら血管が切れて血が吹き出しています笑


気持ち悪い」「便所に住んでそう」「手足が短い」などの言葉にも動じなかった玉壺ですが、壺をバカにされるとガチギレするところがかわいいやら面白いやらの名シーンでしたね。

玉壺のかわいい(?)シーン:真の姿(14巻の第120話)

漫画14巻の第120話では玉壺が脱皮して「真の姿」となります。

それまでの伸縮自在のうねうねした姿から半魚人のような見た目となり、自称・美しき姿と化しました。

美しき姿(自称)になった姿を見た時透無一郎が無の表情でノーコメントでいると玉壺がブチギレます。

何だかんだ言いながら構ってちゃんの玉壺がウザかわいい名シーンでしたね笑

スポンサーリンク

玉壺のかわいいカラー画像やイラスト!

鬼滅の刃に登場するキャラクターについては数多くの絵描きさんがイラストや画像を投稿しており、玉壺についても多くの絵があります。

ここでは玉壺のかわいい画像&カラーのイラストの一部をご紹介します。

スポンサーリンク

「玉壺がかわいい?カラー画像やイラストも紹介!【鬼滅の刃】」まとめ

今回は鬼滅の刃の上弦の伍・玉壺(ぎょっこ)のかわいいシーンやかわいいイラスト&画像などをご紹介しました。


爬虫類系にも魚類にも見える容姿の玉壺は気持ち悪い前提で描かれていますが、作中の落ち着きのない言動などから意外にもかわいいという声が上がっています笑

大勢の人間を食ってきた上弦の鬼なので本来は憎むべき相手ですが、どこか憎めないキャラクターでしたね。


鬼滅の刃の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

鬼滅の刃の解説トップページ
↓ ↓ ↓

鬼滅の刃のコラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

鬼滅の刃のコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました