呪術廻戦の裏梅の正体は料理人?宿儺とは1000年前からの付き合い!

呪術廻戦の裏梅の正体は料理人?宿儺とは1000年前からの付き合い!

この記事では呪術廻戦の裏梅(うらうめ)の正体について、公式ファンブックで明らかになった新情報を解説します。


宿儺と裏梅の正体や関係については作中で大きな謎の一つです。

宿儺が生きていた1000年以上前に2人が主従関係にあったことは明らかですが、詳しい関係については明かされていません。

しかし公式ファンブックにて裏梅の正体についての新情報が明らかになったので、一つ一つ解説していきます。

<この記事で分かること>
◯裏梅と宿儺の付き合いについて
◯裏梅が宿儺の隣に立つことが許された理由
◯裏梅の正体について


※この記事は呪術廻戦のネタバレを含みます


呪術廻戦の全キャラクターの一覧や階級別のキャラ一覧、術式一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

呪術廻戦の裏梅と宿儺は1000年前からの付き合い!その正体に迫る!

漫画14巻の第116話で、裏梅が宿儺の元に現れた際に「お久しゅうございます」と言っていたことからも、2人は宿儺が生きていた時代に主従関係にあったことが分かります。

それが公式ファンブックで明確に公言されており、宿儺と裏梅は1000年前からガッツリと付き合いがあったようです。

「呪いの王」と言われる宿儺は誰彼構わず破壊の限りを尽くすような存在ですが、そんな宿儺と主従関係を結ぶだけでも凄いことですね。


では裏梅が宿儺のそばに置いてもらえていたのは何故なのか、その正体は何なのか見ていきましょう。

広告

呪術廻戦の裏梅の正体は料理人?

公式ファンブックで明らかになった新事実、裏梅が宿儺のそばにいた理由は

おいしい料理が作れる

というものでした。


天上天下唯我独尊、宿儺がそばに置く人物の正体と言えば片腕となるぐらいの超凄腕術師だけ、みたいなイメージでしたが、まさかの料理の腕が理由でした笑


もちろん裏梅は術師で、「氷凝呪法(ひこりじゅほう)」を極めて高いレベルで扱います。なのでてっきり宿儺の片腕のような存在かと思っていましたが・・w

その正体はまさかの料理人だったようです。


裏梅の術式や強さなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

呪術廻戦の裏梅の正体!料理の腕が凄い!人間すらも調理する・・?

ただ単に料理が上手い人間なら宿儺が生きていた時代にいくらでもいたでしょう。一体裏梅の料理の何が特別だったのでしょう?

公式ファンブックで婉曲に語られているのが、

・宿儺は人も食う
・人を料理するのはとても難しい
・そんな経験のある人もとても少ない

という事情でした。人肉を料理した経験のある者が少ないのは当たり前ですね笑

しかし裏梅はその才能に秀でていたようで、宿儺にご満足いただける人肉料理を提供できたのは裏梅だけだったのでしょう。

裏梅の正体はまさかの人肉料理人だったんですね。


一体何処でそんなスキルを身につけたのか・・


本編で実際の調理現場などが描かれないことを祈ります笑

広告

「呪術廻戦の裏梅の正体は料理人?宿儺とは1000年前からの付き合い!」まとめ

今回は呪術廻戦の裏梅(うらうめ)の正体について、公式ファンブックで明らかになった新情報を解説しました。


裏梅が宿儺のそばに仕えている理由や正体が意外や意外、まさかの料理だったというのは衝撃的でした笑

宿儺の斬撃の術式「解(カイ)」と「捌(ハチ)」もどこか料理を思わせる描写でしたが、宿儺は意外にも料理の味にうるさいグルメだったのかもしれませんね。


呪術廻戦の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました