転スラのシエルが正妻?かわいいシーンや正体とは?

転スラのシエルが正妻?かわいいシーンや正体とは?

この記事では転スラのシエルについて、その正体やリムルの正妻説、作中の言動、かわいいシーンなどについて解説します。

シエルは転スラの作中で最初から最後までリムルを助けており、もはや正妻すらも超えた仲と言えます笑

まずはシエルの正体から見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • シエルの正体
  • シエルの正妻説について
  • シエルのかわいいシーン

※この記事は転スラのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

転スラの解説&考察

転スラのシエルの正体とは?

まずは転スラの「シエル」の正体について詳しく見ていきましょう。

シエルは転スラの作中において、物語当初から段々その名称や性能、能力が変わっていっています。

シエルはリムルの中にいる「神智核(マナス)」

シエルの正体はリムルの中の意識体「神智核(マナス)」のことです。

後述する通り、かつてシエルは「大賢者」や「智慧之王(ラファエル)」という名の一つのスキルでしたが、シエルとなってからは自我が発現して人格を持つようになります。

これはヴェルグリンドとの戦いでリムルが「名付け」をしたことでその存在が進化したからでした。名付けは魔物限定の行為かと思いきや、シエルのような存在にも有効だったんですね。

こうしてシエルは一介のスキルではなく、「一つの人格」としてリムルを支えていくことになります。

大賢者→ラファエル→シエルに進化

大賢者→ラファエル→シエルに進化(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

シエルは転スラの物語が始まった当初からずっとリムルを支えており、その頃は「大賢者(エイチアルモノ)」という名のユニークスキルでした。

さらにリムルが魔王に進化した際に究極能力(アルティメットスキル)である「智慧之王(ラファエル)」に進化し、その演算能力が桁外れに向上します。
→転スラのラファエルの進化の過程などを見る

 

そして先程お話したとおりリムルが「シエル」と名付けたことにより、「リムルとは別の存在である」とシエル自身が認めて「神智核(マナス)」という意識体になりました。

これによりアルティメットスキルのラファエルすらも上回る反則的な演算能力に進化し、改めてリムルの相棒として尽力します。

ちなみにシエルはラファエルから分離した形となり、ラファエルというスキル自体はリムルの中に残っています。

転スラのシエルはリムルの相棒にして正妻?

シエルは言わば「人格と自我を持ったスキル」とも言える存在で、名付けをした影響もあってこれまでにも増してリムルに忠誠を誓っています。

その姿から「シエルがリムルの正妻」という声も多く、また作中でもそれを匂わせるような発言がありました。

ここではシエル正妻説について見ていきましょう☆

ドレス姿のヒナタの録画をシエルが拒否

転スラの作中では世界中央駅の竣工記念式典で、ヒナタ・サカグチが美しいドレス姿で現れています。

ヒナタは物語序盤でこそリムルを敵視し、全く情け容赦無く滅殺しようとしていたことからも怖いイメージが先行していました。

しかし物語が進むにつれて、ユウキ・カグラザカが寄生させた蟲を除去したこともあって角が取れてかわいい一面も見せています。
→ヒナタ・サカグチのかわいいシーン一覧を見る

 

そんなヒナタにシエルが嫉妬したのか、ドレス姿のヒナタを録画することを拒否していました笑

一介のスキルがそんなことをはずがないので、これも自我が芽生えたが故の行動ですね。

シエルが「リムルの正妻」発言

物語の終盤では「リムルの正妻」を巡る聖戦(ジハード)が起きていました笑

転スラでは明確な「ヒロイン」が決まっているわけではなく、テンペストや各国にはリムルの正妻に名乗りをあげそうなキャラが数多くいます。

それこそシュナやシオンをはじめ、ミリムやクロエなども名乗りをあげそうですね。

そんな中、恐らく転スラのキャラの中で最もリムルの近くにいて、誰よりも長い時間を共にしてきたシエルが

ふふふ
我が主の正妻は私ですから

と発言していました笑
→転スラのヒロイン候補の一覧を見る

寿命も生殖能力も無いリムルは誰とも結婚する気はありませんが(そもそも論争が起きて面倒なので)、シエルだけはリムルとずっと側にいられる存在という意味では正妻に相応しいのかもしれませんね。


【期間限定】転スラの小説を音声で聴ける!(初月無料)
→転スラの小説を無料で聴いてみる

転スラのシエルがかわいい!リムルの正妻の趣味は魔改造!

次に転スラのシエルのかわいいシーンや趣味について詳しく見ていきましょう。

シエルは大賢者時代から機械的な音声で事務的な対話が中心でしたが、ラファエルに進化した辺りから段々感情っぽいものが見え始めます。

シエルはリムルに忠誠を誓う

シエルはリムルがこの世界に転生した当初から「大賢者(エイチアルモノ)」としてサポートし続けています。

リムルは当然ながらこの世界の理やルール、文字などを全く何も知りませんでしたが、大賢者のサポートがあったからこそスムーズに生きてこれました。

それはアルティメットスキル「智慧之王(ラファエル)」に進化してからも変わらず、「シエル」の名付けをされたことでその忠誠心は絶対的なものになっています。

シエルの反応がかわいい

シエルは前述のとおり、物語が進むことにリムルに対して感情っぽいものを見せるようになります。

  • リムルが「熱変動耐性」の存在を忘れて辞世の句を読んだら呆れていた
  • リムルが説明を聞かなかった際は無言で圧をかけてくる
  • 羽目を外しすぎて怒られる
  • 女性絡みになると露骨に不機嫌になる

もはやシエルの反応がリムルの妻のようになっており、完全にリムルが尻に敷かれています笑

こういった描写もシエルの正妻説が強くなった理由ですね。

シエルの趣味はスキルの統合・改変(=魔改造)

ここまでシエルの正妻説などを解説してきましたが、そんなシエルの趣味はスキルの統廃合&改変です。

本来スキルを好き勝手に統廃合などできるものではありませんが、作中では「大賢者」時代、リムルがシズから受け継いだユニークスキル「変質者(ウツロウモノ)」の権能により可能となり、これがリムルをチートたらしめている最大の要因でしょう。

これで味をしめたのか、シエルは

  • リムルの持つスキルの統廃合で「究極能力」をポンポン生み出す
  • リムルの配下や仲間が「究極能力」を獲得する手助け
  • リムルの配下や仲間に「究極贈与」を与える
  • リムルの配下(ゼギオンなど)自体に魔改造を施す

など、世界のパワーバランスをひっくり返すようなことを趣味で行っています笑

 

「究極能力(アルティメットスキル)」というのは魔王クラスですら一つしか持っていません。

というかアルティメットスキル一つで世界を変えてしまうほどの力を持っているため、本来はシエルみたいに気軽に生み出すものではありません笑

ちなみにリムルは最終的に7つの究極能力を獲得し、それらを統合した

  • 虚空之神(アザトース)
  • 豊穣之王(シュブ・ニグラト)

の2つに集約されています。その強さはもう神のレベルですね・・
→リムルの強さやスキル一覧を見る

「転スラのシエルが正妻?かわいいシーンや正体とは?」まとめ

今回は転スラのシエルについて、その正体やリムルの正妻説、作中の言動、かわいいシーンなどについて解説しました。

シエルは転スラの物語においてはリムルの相棒であり、ある意味リムルと同じくらい活躍シーンが多いキャラです。

今後もリムルの正妻として活躍が楽しみですね☆

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→転スラのヒロイン候補の一覧を見る

→転スラのラファエルの進化の過程などを見る

→リムルの強さやスキル一覧を見る

→転スラのリムルの配下一覧を見る

転スラの解説&考察
転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました