ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバー一覧!各キャラの強さがヤバい!

ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバー一覧!各キャラの強さがヤバい!©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

この記事ではワールドトリガーのアフトクラトル編の大規模侵攻で攻めてきたメンバーの一覧や、アフトクラトルの目的などについて解説します。

アフトクラトルは三門市に過去最大級の大規模侵攻を仕掛けてきた近界(ネイバーフッド)で、その際にはブラックトリガー持ちを含む精鋭が乗り込んできました。

そのメンバーは後にも先にも作中最強レベルの敵たちで、ボーダー隊員が全勢力をかけて防衛にあたっています。

まずはそんなアフトクラトルの侵攻メンバーを一覧表でご紹介します。

この記事で分かること
  • アフトクラトルのメンバー一覧
  • アフトクラトルの「トリガーホーン」とは
  • アフトクラトルのブラックトリガー
  • アフトクラトルの目的

※この記事はワールドトリガーのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ワールドトリガーのその他の関連記事はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバーの一覧表!

こちらがアフトクラトル編の敵メンバーの一覧表です。

遠征艇は飛ばすだけでもトリオンを食いまくるため、基本的にネイバーが攻めてくる時は人が少なめ、大量に格納できるトリオン兵がメインです。

大規模侵攻の際も人型はこの6人だけでしたが、特にブラックトリガー持ちの4人はそれぞれがラスボスクラスの強さだったためにインパクト満点でしたね。

名前所持トリガープロフィール
ハイレイン【ブラックトリガー】
卵の冠(アレクトール)
年齢 :29歳
身長 :180cm
職業 :軍人
備考 :四大領主の一人
声優(CV):佐々木望
ヴィザ【ブラックトリガー】
星の杖(オルガノン)
年齢 :65歳
身長 :176cm
職業 :軍人
備考 :達人枠
声優(CV):中博史
エネドラ【ブラックトリガー】
泥の王(ボルボロス)
年齢 :20歳
身長 :182cm
職業 :軍人
備考 :ぷるぷる枠
声優(CV):古川登志夫
ミラ【ブラックトリガー】
窓の影(スピラスキア)
年齢 :23歳
身長 :162cm
職業 :軍人
備考 :サドなワープ女
声優(CV):小堀友里絵
ランバネイン雷の羽(ケリードーン)年齢 :24歳
身長 :202cm
職業 :軍人
身分 :ハイレインの弟
声優(CV):柳田淳一
ヒュース蝶の楯(ランビリス)年齢 :16歳
身長 :171cm
職業 :軍人

身分 :エリン家
声優(CV):島崎信長

→ワールドトリガーの全部隊&全メンバーを見る

スポンサーリンク

ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバーの詳細一覧!

先程一覧表でご紹介したアフトクラトルのメンバーについて、一人一人詳しく見ていきましょう。

大規模侵攻の際のメンバーはワールドトリガーの作中でも最強クラスのキャラばかりで、これだけのメンツを退けたボーダーの体制も見事でしたね。

隊長:ハイレイン

隊長:ハイレイン(C)葦原大介/集英社

ハイレインはアフトクラトルの大規模侵攻の際の隊長を務めています。

またブラックトリガー「卵の冠(アレクトール)」を所持しており、その戦闘能力も作中最強クラスです。

大規模侵攻の際には雨取千佳を捕らえるために途中から御自ら出撃し、ブラックトリガーの圧倒的な性能と能力で緑川駿、烏丸京介、出水公平と並み居る猛者を倒しています。

性格は沈着冷静で慎重かつ用心深く、常に次善の策を走らせながら行動します。この辺りは豪快な性格のランバネインとは対照的ですね。

ちなみにハイレインはアフトクラトルの中でも非常に高い地位にいる人物で、アフトクラトルを4分する4大領主のうちの一角です。

それ故にアフトクラトルの新たな「」を探しており、次世代のアフトクラトルの実権を握ろうとしています。

ヴィザ

ヴィザ(C)葦原大介/集英社

ヴィザは大規模侵攻の際に絶望的なほどの強さを見せた猛者で、ブラックトリガーにしてアフトクラトルの国宝「星の杖(オルガノン)」を扱います。

その強さは作者が認めるワールドトリガー最強候補で、大規模侵攻では木崎レイジを瞬殺で倒しました。

その後はブラックトリガーを所持する空閑遊真と交戦しており、圧倒的な実力と実戦経験で常に優位を保っていましたが、空閑遊真の初見殺しの奇襲により倒されます。

性格は冷静かつ豪胆、言動は飄々としていますが戦闘時は情け容赦一切なく無双します。それでいて、全く油断も驕りもないという完全無欠の超人です。

空閑遊真に撃破された際も笑いながら「やれやれ。これだから戦いはやめられない」と口にしており、もはや生涯現役の戦闘狂ですね。
→ヴィザの強さや能力を見る

エネドラ

エネドラ(C)葦原大介/集英社

エネドラは大規模侵攻の際の大暴れ担当その1です。

ブラックトリガー「泥の王(ボルボロス)」を扱い、いきなり風間蒼也を撃破する強さを見せました。

その後はボーダー本部に侵入して通信室にいた6人の職員を殺害し、本部の中でも暴れまわりましたが、隊員達と忍田真史の波状攻撃によりボルボロスの特性が割れ、最後は菊地原士郎と歌川遼に撃破されました。

性格は短期かつ粗暴で、ハイレインの命令も無視した単独行動が目立っていました。ただしミラ曰く「昔は聡明な子だった」ということで、昔からかなり性格が変わったようです。

これはブラックトリガーにより脳が侵食され、人格にまで影響が出ていたからです。

そしてエネドラが敗北後、ミラが回収に来たかと思いきや、ミラはボルボロスだけを回収してエネドラを殺害します。

しかしボーダーの技術により、エネドラのトリガーホーンをラッドに移植することで「エネドラの記憶と人格を持つラッド」である通称エネドラッドとして捕虜となりました。ただ捕虜の割には映画を観たりと割と悠々自適に暮らしているようですが笑

ミラ

ミラ(C)葦原大介/集英社

ミラはアフトクラトルのメンバーの中でも補助やサポートメインのキャラです。

ブラックトリガー「窓の影(スピラスキア)」を扱い、大量のラービットの他、味方の転送も担当しています。

更にスピラスキアによる飛翔能力も有しており、ボーダー本部からのスナイパーの妨害などでハイレインに貢献しました。

性格は寡黙かつ冷静で、任務遂行のためなら味方でも容赦なく惨殺する冷酷さも持っています。大規模侵攻の際にはエネドラからボルボロスを回収し、ついでと言わんばかりに殺害しました。

作者の葦原大介氏がつけたあだ名は「サディスティックワープ女」で、アフトクラトルでは「ワープ女が来るぞ」と子供に言うとおとなしくなるとか笑
→ミラの結婚相手を見る

ランバネイン

ランバネイン(C)葦原大介/集英社

ランバネインはハイレインの弟で、大規模侵攻の際の大暴れ担当その2です。

アフトクラトルの強化トリガー「雷の羽(ケリードーン)」を扱い、超長距離射程かつ反則的な火力で、出現と同時に茶間隊、別役太一、穂苅篤、半崎義人を瞬殺しました。

その後はA級隊員とB級隊員の精鋭が10人がかりで相手をし、最後は他隊員達のフルガードの支援を受けた米屋陽介が仕留めました。10対1でもギリギリの勝利という恐ろしい強さを見せつけましたね。

性格は豪快かつ豪胆で、強者との戦闘を楽しむ趣向があります。この辺りは慎重に慎重を重ねるハイレインとは対照的ですね。

ヒュース

ヒュース(C)葦原大介/集英社

ヒュースは大規模侵攻でヴィザと共に出現した人型ネイバーです。

アフトクラトルの強化トリガー「蝶の楯(ランビリス)」を扱い、攻撃、防御、三雲修へのマーカー付与、目的地までの高速移動などの万能な働きを見せています。

大規模侵攻中のほとんどは迅悠一が相手をしており、ハイレイン達が帰還するまで戦い続けますが、ハイレインの企みにより置き去りにされました。

その後は捕虜として玉狛支部が身元預かりとなり、成り行きでボーダーに入隊することになります。

性格はドがつく真面目で、目上の者への敬意とは裏腹に、格下と判断した相手には尊大な言動を見せています。

表情が少なくて堅物な印象ですが、

  • 褒められるとドヤる
  • 一心不乱に飯を食う
  • 小南桐絵のイジりにだんだん慣れてくる
  • 電子レンジをぶっ壊しても助けが来るのを待つ

などの天然な一面も随所で見られます笑
→ヒュースのかっこいいシーンを見る

スポンサーリンク

ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバーの強さがヤバい!全キャラがボスクラス!

ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバーの強さがヤバい!全キャラがボスクラス!(C)葦原大介/集英社

ここまでアフトクラトルのメンバーについて解説してきましたが、共通して言えるのが全員メチャクチャ強いことです。

特にブラックトリガー持ちの4人は別格で、ノーマルトリガーでは10人単位でかからないと勝負にもならないレベルでした。

またランバネインとヒュースについてはブラックトリガーではなく、アフトクラトル製の強化トリガーを使っていましたが、それでもボーダーからすれば反則的な強さでした。

アフトクラトルのメンバーの強さの理由はトリガー性能ももちろんですが、「トリガー角(トリガーホーン)」と呼ばれる独自の技術も大きな理由の一つです。

ではそのトリガーホーンについて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバーは「トリガー角」持ち!

ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバーは「トリガー角」持ち!(C)葦原大介/集英社

先程お話した「トリガーホーン」はアフトクラトルの独自技術で、下記のとおり改造人間を作るような技術のことです。

  • トリガーを加工したトリオン受容体を幼児の頭に埋め込む
  • トリオン能力が高い人間を後天的に作り出す

大規模侵攻で出現した人型ネイバーはヴィザ以外の5人がこの「トリガーホーン」を持っており(通称「角つき」)、それ故に非常に高いトリオン能力を有していました。

ちなみにヴィザが生まれた頃の時代にこの技術は無かったため、ヴィザだけはトリガーホーンを持っていません。

にも関わらずあの反則的な強さを持っていることからも、やはりワールドトリガー最強候補は伊達ではありません。

スポンサーリンク

ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバーはブラックトリガー持ちが多い!

先程ご紹介したとおり、アフトクラトルのメンバーは4人がブラックトリガー持ちです。

アフトクラトル本国には最低でもブラックトリガーが13本あることが分かっており、そのうちの4本も投入してきたことからも大規模侵攻の本気度が伺えますね。

アフトクラトルメンバーのブラックトリガーの種類と性能は下記の一覧表のとおりです。

所持者ブラックトリガーブラックトリガーの性能
ハイレイン卵の冠
(アレクトール)
  • 「触れたトリオン体をキューブ化」する小動物を生成
  • 周囲のキューブを吸収して自身のトリオン体を回復
ヴィザ星の杖
(オルガノン)
  • 自身を中心に広範囲の円を展開し、その軌道上を高速ブレードが走る
  • 円は複数展開可能
エネドラ泥の王
(ボルボロス)
  • 自身の体を気体、液体、固体の三相に自在に変える
  • トリオン伝達脳とトリオン供給機関のダミーを生成できる
ミラ窓の影
(スピラスキア)
  • 「大窓」:空間転移
  • 「小窓」:遠隔操作可能な棘で攻撃

→ブラックトリガーの一覧と詳細を見る

スポンサーリンク

ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバーの目的は「雛鳥」探しと「神」探し!

ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバーの目的は「神」探し!(C)葦原大介/集英社

近界(ネイバーフッド)の星々は「マザートリガー」というバカでかいトリガーを動力源としており、そのマザートリガーを動かしているのが通称「」と呼ばれる者です。

この「」はマザートリガーと同化して数百年の間ずっと星の面倒を見ますが、この「神」の寿命が切れるとその星の死を意味します。

アフトクラトルはあと数年で現在の「」の寿命が来てしまうため、ハイレインは勢力を伸ばすために「雛鳥」を捕らえると共に次の「」を探していました。

そして大規模侵攻の際にたまたま見つけた「」候補がボーダーのトリオンモンスター・雨取千佳です。

ハイレインにとっては新しい「」を据え、アフトクラトルの実権を握る大チャンスだったわけですが、ボーダーの粘りと三雲修の機転により雨取千佳は守りきりました。

スポンサーリンク

「ワールドトリガーのアフトクラトル編のメンバー一覧!各キャラの強さがヤバい!」まとめ

今回はワールドトリガーのアフトクラトル編の大規模侵攻で攻めてきたメンバーの一覧や、アフトクラトルの目的などについて解説しました。

アフトクラトルはワールドトリガーの作中でも最大級の敵で、その戦いの激しさも過去最大のものでした。

あんな連中と敵地で再戦、なんて事態は避けたいところですね・・

ワールドトリガーのその他の関連記事はこちらからどうぞ

ワールドトリガーのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

ワールドトリガーの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました