ワールドトリガーの空閑遊真(くがゆうま)のかわいいシーン!普段は愛されキャラ!

この記事ではワールドトリガーの空閑遊真(くがゆうま)のかわいいシーンの一覧や愛される要因などについて解説します。


空閑遊真(くがゆうま)は15歳ながら身長が141cmとかなり低く、見た目も美少年であることから「かわいい」と評判のキャラクターです。

作中では見た目だけでなく普段の言動でもかわいいシーンが数多く描かれています。


今回は作中の空閑遊真(くがゆうま)のかわいいシーンをまとめてご紹介します☆

この記事で分かること
  • 空閑遊真(くがゆうま)のかわいいシーン一覧
  • 空閑遊真(くがゆうま)が愛される要素


※この記事はワールドトリガーのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。


ワールドトリガーの関連記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

ワールドトリガーの空閑遊真(くがゆうま)は見た目がかわいい!

空閑遊真(くがゆうま)はワールドトリガーの作中に登場した当時から「かわいい」と言われる要素を兼ね揃えていました。

15歳ながら身長が141cmとかなり低く、容姿も美少年なので作中でも愛されキャラで通っています。

ちなみに空閑遊真(くがゆうま)の身長が低いのは体質ではなく、トリオン体だから成長しないという事情があります。

空閑遊真(くがゆうま)が過去にブラックトリガーとの戦いで死にかけた際、父親・空閑有吾がブラックトリガー化して空閑遊真を救いました。

その際に空閑遊真(くがゆうま)の生身をトリガー内に封印し、トリオン体で代わりの体を構築しました。

よって空閑遊真(くがゆうま)の体は成長することはなく、街中で車と正面衝突しても死ぬことはありません(むしろ車がオシャカになる)。

スポンサーリンク

ワールドトリガーの空閑遊真(くがゆうま)のかわいいシーン一覧!

では実際にワールドトリガーの作中で空閑遊真(くがゆうま)が「かわいい」と評判のシーンについて見ていきましょう。

空閑遊真(くがゆうま)は戦闘能力が極めて高く、戦闘シーンがかっこいい反面、普段の生活では無邪気な言動を見せるギャップがあります。

入学初日に学校を諦める(1巻の第1話)

漫画1巻の第1話では空閑遊真(くがゆうま)が指に着けていたブラックトリガーの指輪を教員に見咎められ、「校則違反だから預かる」と言われました。

しかし父親の形見であるブラックトリガーを預けるわけにはいかず、初登校から数分で学校を諦めようとします笑

この時は三雲修が助け舟を出したことで事なきを得ましたが、このとぼとぼ帰ろうとする様子がかわいい名シーンでしたね。

自転車に夢中(2巻の第12話)

漫画2巻の第12話では空閑遊真(くがゆうま)が自転車に挑戦する姿が描かれています。

車輪が二つしかない乗り物はネイバーフッドには無いようで、空閑遊真(くがゆうま)もヒュースも初見では自転車に乗ることが出来ていません。

この場面では雨取千佳の補助ありで自転車を走らせた際、空閑遊真(くがゆうま)が目を輝かせているのがかわいいシーンでしたね。


ちなみにこの直後、雨取千佳が手を話した瞬間に川に落ちました笑

ボサボサゆうま(3巻の21話)

漫画3巻の21話では空閑遊真(くがゆうま)がアフロみたいに髪ボサボサになっている姿が描かれています。

これは小南桐絵との模擬戦の結果で、炸裂弾(メテオラ)を食らったことで髪がチリチリになったためです。

ちなみにこの時の初対決以外でも、空閑遊真が小南桐絵と戦闘した後は必ず髪がボッサボサになっています笑

修を気遣う(10巻の第83話)

漫画10巻の第83話では入院中の三雲修と空閑遊真(くがゆうま)が屋上で話しているシーンがあります。

大規模侵攻の最中にレプリカがアフトクラトルの母艦と共に姿を消してしまい、空閑遊真もショックだった筈ですが、ここでは三雲修を気遣って明るく振る舞っていました。

作中ではドライなところもある空閑遊真(くがゆうま)ですが、この辺りの気遣いから本当は優しいことが分かりますね。

加古望と仁義なき戦い(14巻の第123話)

漫画14巻の第123話ではA級6位の加古隊の隊長・加古望が空閑遊真(くがゆうま)を勧誘するシーンがあります。

加古隊は全員名字が「K」から始まるメンバーで、空閑遊真(くがゆうま)もそれに該当していたために加古望のお眼鏡にかないました。ちなみに側にいたザキさんこと柿崎国治は選外という不遇の扱いです笑


このシーンの空閑遊真(くがゆうま)が全く同じ表情で加古望の勧誘を「だいじょぶです」とと拒否るシーンが妙にかわいい名シーンでしたね。

お好み焼きにご満悦(19巻の第163話)

漫画19巻の第163話では影浦雅人が実家であるお好み焼き屋に空閑遊真(くがゆうま)を連れてきました。無邪気にお好み焼き食っている姿がかわいいと評判のシーンですね。

ちなみに影浦雅人は根付栄蔵にアッパーをかましてA級から降格されたり、舐めたC級隊員をスコーピオンでぶった斬って減点されるなどボーダー随一の問題隊員ですが、空閑遊真とは仲が良いです。

帯島ユカリに粗相(21巻の第181話)

漫画21巻の第181話では空閑遊真(くがゆうま)が弓場隊にお邪魔するシーンがあり、そこで帯島ユカリに対して「おびしま少年」と呼びました。

そして弓場拓磨が「おいコラ空閑ァ」とブチギレ、緑川駿から帯島が女の子だと聞いた空閑遊真(くがゆうま)は即座に土下座しました笑


実は過去に空閑遊真(くがゆうま)は祖国の友人・イズカチャとの初対面の際に男と間違え、それ以来ずっとそのことをイジられてきました。

その過去の経験からこの即土下座に繋がったようです。

露骨に手を抜く奴(21巻の第181話)

漫画21巻の第181話では弓場拓磨の願い(というか命令)により帯島ユカリに稽古をつけることになります。

ただ弓場隊は最終戦での対戦相手なため、空閑遊真(くがゆうま)は露骨に手を抜きまくります。

全部同じ表情でひっくり返っているのがかわいいやら面白いやらのシーンですね笑

ついに自転車をマスター(23巻の第203話)

漫画23巻の第203話では空閑遊真(くがゆうま)が補助輪や雨取千佳の補助なしでついに自転車に乗れるようになりました

思えば漫画2巻の第12話で初めて自転車に挑戦して川にダイブしたりしていましたが、191話分の時を経て遂にマスターしたようです。

そもそも運動神経は並外れていいはずなので、ランク戦など無しで自転車に集中していればもっと早くにマスターしていたでしょうね。

スポンサーリンク

ワールドトリガーの空閑遊真(くがゆうま)はかわいい&ギャップがあって愛されキャラ!

ここまで作中での空閑遊真(くがゆうま)のかわいいシーンについてご紹介してきました。

空閑遊真(くがゆうま)は戦闘中は無双の強さを見せる一方で、そのちっこい見た目と普段の言動のギャップから「かわいい」と言われるキャラです。

更にネイバーながらこっち側の世界に完全に馴染んでおり、人懐っこい性格もあって人間関係は非常に良好です。

ただネイバーの誰もが上手くやっているわけではなく、ヒュースは玉狛支部の中だけでも色々と大変のようです。

小南桐絵によるとヒュースは困ったことがあっても人に聞けないようで、誰かが助けてくれるのを待っているパターンが多く、大体手遅れの事態になっています。

過去にはレンジの使い方がわからず、食べ物を真っ黒焦げの炭にした状態で腕組していました笑


ネイバーと言っても結局は人間なので、人付き合いなどもキャラによって全然違うようですね。

スポンサーリンク

「ワールドトリガーの空閑遊真(くがゆうま)のかわいいシーン!普段は愛されキャラ!」まとめ

今回はワールドトリガーの空閑遊真(くがゆうま)のかわいいシーンの一覧や愛される要因などについて解説しました。

空閑遊真の魅力は先述のとおり、戦闘時のかっこいい姿と普段の生活の緩い姿のギャップですね。

今後もボーダーの愛されキャラとして名シーンに期待です☆


ワールドトリガーの関連記事はこちらもどうぞ

→空閑遊真のかっこいいシーン一覧!

→空閑遊真のブラックトリガーの詳細を解説!成長するトリガー!

ワールドトリガーのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

ワールドトリガーの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました