ワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)のメンバー一覧!実力はナンバーワン?

ワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)のメンバー一覧!実力はナンバーワン?©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

この記事ではワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)のメンバーの一覧や各メンバーの詳細、各メンバーのトリガーの特徴、エンブレムの意味などを解説します。

玉狛第一は玉狛支部に所属する凄腕部隊で、全員がA級隊員の中でもトップクラスの強さを誇ります。

その強さの秘密は個々の技量も勿論ですが、それぞれのトリガーが各メンバーに最適化されている特注品であることも要因です。

まずは玉狛第一のメンバーの一覧表から見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • 玉狛第一のメンバー一覧
  • 玉狛第一のメンバーの強さやトリガーの特徴
  • 玉狛第一のエンブレムの意味

※この記事はワールドトリガーのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ワールドトリガーのその他の関連記事はこちらからどうぞ

 

スポンサーリンク

ワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)のメンバーの一覧表!

こちらが玉狛第一のメンバーの一覧表です。

隊長は「落ち着いた筋肉」こと木崎レイジで、後述しますがボーダー唯一の「パーフェクトオールラウンダー」です。

さらに小南桐絵と烏丸京介も、普段のフランクな言動からは想像もつかないほどの戦闘能力を有しています。

ちなみに宇佐美栞は玉狛第一と玉狛第二のオペレーターを兼任していますが、作中では玉狛第二のランク戦での活躍がメインです。

名前役割プロフィール
木崎レイジ隊長
オールラウンダー
年齢 :21歳
誕生日:7月2日
身長 :191cm
血液型:A型
星座 :つるぎ座
職業 :大学生
声優(CV):前野智昭
小南桐絵アタッカー年齢 :17歳
誕生日:7月28日
身長 :157cm
血液型:B型
星座 :ぺんぎん座
職業 :高校生
声優(CV):釘宮理恵
烏丸京介オールラウンダー年齢 :16歳
誕生日:5月9日
身長 :178cm
血液型:O型
星座 :ねこ座
職業 :高校生
声優(CV):福山潤
宇佐美栞オペレーター年齢 :17歳
誕生日:4月27日
身長 :160cm
血液型:O型
星座 :ねこ座
職業 :高校生
声優(CV):中尾衣里

→ボーダーの全部隊&全メンバーを見る

スポンサーリンク

ワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)の各メンバーの詳細一覧!

先程一覧表でご紹介した玉狛第一のメンバーについて、一人一人詳しく見ていきましょう。

先述の通り玉狛第一は全員がA級の中でもトップクラスの強さを持っており、漫画6巻の第52話では忍田真史が「ボーダー最強の部隊」と評しています。

隊長:木崎レイジ(きざきれいじ)

隊長:木崎レイジ(きざきれいじ)(C)葦原大介/集英社

玉狛第一の隊長は木崎レイジ(きざきれいじ)で、ボーダー唯一の「パーフェクトオールラウンダー」です(アタッカー、ガンナー/シューター、スナイパーの全部門で8000点以上)。

通常はメイントリガー4つ、サブトリガー4つの合計8枠のトリガーホルダーしかありませんが、木崎レイジの場合は14枠あります。これは「8枠ではレイジのポテンシャルを最大限発揮できない」というスケールがデカい理由からです。

戦闘スタイルとしては近接戦闘はレイガスト、中距離戦は突撃銃と機関砲を用います。更にガロプラ侵攻時はイーグレットも装備しており、正に何でもできるオールラウンダーですね

極めつけが「全武装(フルアームズ)」を起動した時で、全砲門を開放しての一斉射撃はトリオン消費が激しい分、桁外れの破壊力と殲滅力を持っています。

その圧倒的すぎる戦闘能力から、木崎レイジは「1人で1部隊」と数えられています。

 

性格は常に沈着冷静で頭も切れます。下記のようにボーダー内でもその評判が知れ渡っています笑

  • 宇佐美栞いわく :「落ち着いた筋肉」
  • 小佐野瑠衣いわく:「頭いい筋肉」

また身長191cmの筋骨隆々としたガタイとは裏腹に何でもできる器用さがあり、「肉肉肉野菜炒め」という得意料理を始め、作中ではさらっとサンドイッチを作って振る舞うなど、デキる男の鑑です。

ただし唯一の弱点が「林藤ゆり」であり、半径10メートル以内に林藤ゆりがいると途端にポンコツ化します笑

小南桐絵(こなみきりえ)

小南桐絵(こなみきりえ)(C)葦原大介/集英社

小南桐絵(こなみきりえ)は玉狛第一のアタッカー担当です。

トリガーは「双月(そうげつ)」とメテオラを用いた戦闘スタイルで、特に「双月(斧)」の一撃はボーダー最高峰の破壊力を誇ります。

ボーダー最初期からいることもあって戦闘経験も極めて豊富で、元々はアタッカーランキング1位でした。

玉狛支部に移籍して以降はずっと個人ランク戦に参加していないのでポイントは増えていませんが、現在でもアタッカーランキングは3位であり、いまだに太刀川慶と風間蒼也にしか抜かれていないという怪物ぶりです。

それ故に木崎レイジと並んで小南桐絵は「1人で1部隊」に数えられるほどです。
→小南桐絵の強さについて見る

 

性格は勝ち気で負けず嫌いながら恐ろしいほど素直で騙されやすく、作中で烏丸京介に幾度となく騙されています笑

それ故に玉狛支部のメンバーの中でも完全にイジられキャラであるため、逆に小南桐絵がイジれるのは三雲修ぐらいという状態です。

ちなみに小南桐絵は星輪女学院というお嬢様学校に通っており、成績はかなり良いようです。また学校では猫をかぶっており、ボーダー隊員であることはバレているものの「オペレーター」と偽っているとか笑

烏丸京介(からすまきょうすけ)

烏丸京介(からすまきょうすけ)(C)葦原大介/集英社

烏丸京介(からすまきょうすけ)はオールラウンダーであり、戦況に応じて近距離戦闘も中距離戦闘もこなします。

メイントリガーに孤月と突撃銃をセットしており、サブトリガーにセットしたエスクードも使いこなします。

また烏丸京介専用のトリガー「ガイスト」を起動した時の戦闘能力が半端ではなく、大規模侵攻やガロプラ侵攻の際にその強さを発揮しています。

またとにかく器用なため、作中では即興で仮想・二宮匡貴(通称「にのまる」)となって

 

性格は冷静かつマイペースで、表情が極めて少ないクールイケメンです。その無表情で小南桐絵をたびたび騙しており、小南桐絵も毎回引っかかっています笑

表情が少ない上に物言いもハッキリしているので一見冷たい印象に見えがちですが、三雲修の師匠として面倒見が良いシーンも多く見られます。

宇佐美栞(うさみしおり)

宇佐美栞(うさみしおり)(C)葦原大介/集英社

宇佐美栞(うさみしおり)は玉狛第一のオペレーターで、玉狛第二のオペレーターも兼任しています。

また作中では15歳の時点で風間隊のオペレーターとしてその力をバリバリ発揮していました。

この時はカメレオンを使った隠密戦闘に加えて、菊地原士郎のサイドエフェクト「強化聴覚」の情報を隊員に共有することで他の追随を許さない強さを下支えしています。

さらに玉狛第二の快進撃を支えていた人物でもあり、最終戦で不意打ちの「生駒旋空」を見抜くなど、その情報処理能力と頭の回転の速さが尋常じゃないところを見せていました。

 

性格は温厚で面倒見が良く、玉狛第二のお姉さん役となっています。

三雲修達が初めて玉狛支部に来た際も緩い雰囲気で歓迎し、三雲修はボーダー本部とのあまりの違いに絶句していました。

またメガネに関して並々ならぬこだわりと造詣があり、「普段用」「仕事用」「読書用」「お出かけ用」「就寝用」「予備」6本のメガネを(無駄に)使い分けています笑
→宇佐美栞のかわいいシーンを見る

スポンサーリンク

ワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)のメンバーは全員がボーダートップクラスの強さ!

ワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)のメンバーは全員がボーダートップクラスの強さ!(C)葦原大介/集英社

ここまで玉狛第一のメンバーについてご紹介してきましたが、先述のとおり玉狛第一のメンバーは全員が精鋭中の精鋭であり、A級隊員の中でもトップクラスの強さを持ちます。

また忍田真史が玉狛第一のことを「ボーダー最強の部隊」と呼ぶほどで、その強さは大規模侵攻やガロプラ戦で描かれていました。

ちなみに玉狛第一の強さは個々のメンバーの能力が高いことに加え、後述するとおりメンバーに最適化された特注のトリガーを使っていることも要因です。

次の章ではこれらのトリガーの特徴について見ていきましょう。

スポンサーリンク

ワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)のメンバーのトリガーは玉狛支部の特製!

玉狛第一のメンバーが扱うトリガーは玉狛支部特製のものなので、ボーダー本部で採用されているノーマルトリガーとは規格が異なります。

それ故に本部のランク戦などには参加できませんが、アフトクラトルやガロプラなどのネイバーの戦いでその真価が発揮されます。

ますは木崎レイジが扱うトリガーから見ていきましょう。

木崎レイジのトリガー

木崎レイジのトリガー(C)葦原大介/集英社

木崎レイジのトリガーには先述のとおり14枠のトリガーホルダーがあり、そもそも保有トリガーの数が違います。

そして木崎レイジ最大の特徴である「全武装(フルアームズ)」はトリオン消費を度外視した全砲門によるフルアタックで、ブラックトリガーを除けばボーダー随一の殲滅力を誇ります。

アフトクラトル戦では足止めが目的だったのでフルアームズは使っていませんが、ガロプラ戦で初めてフルアームズ解禁となり、桁外れの火力を見せていました。

フルアームズ起動時は右肩にロケットランチャー、左肩にキャノン砲、右手に機関砲、左手に突撃銃、背中からのアームでレイガストを2枚張るという出で立ちで、完全にガンダム状態ですね笑
→木崎レイジのフルアームズの詳細を見る

小南桐絵のトリガー

小南桐絵のトリガー(C)葦原大介/集英社

小南桐絵が扱う「双月(そうげつ)」は近接戦闘特化のトリガーで、普段は小さいブレード2本の形をしています。これを「コネクター」のトリガーにより連結することで「双月(斧)」にシフトします。

特に「双月(斧)」は孤月を上回る破壊力が特徴で、作中ではラービットを瞬殺したり、ガトリンのトリガー「処刑者(バシリッサ)」のアームをぶった斬るなどの威力を見せています。

こんなトリガーを扱っていたら個人ランク戦に出れないのも納得で、生半可なシールドでは一発で破壊されそうですね。
→小南桐絵の強さについて見る

烏丸京介のトリガー

烏丸京介のトリガー(C)葦原大介/集英社

烏丸京介が扱うトリガー「ガイスト」はレイジのフルアームズと同様にトリオン消費度外視の短期決戦型です。

ガイストは近接戦闘用と中距離戦闘用の2種類のモードがあり、それぞれ

  • 白兵戦特化(ブレードシフト)
  • 射撃戦特化(ガンナーシフト)

と呼びます。

大規模侵攻ではブレードシフトのモードでラービットの硬い外殻を一刀両断する威力を見せ、ガロプラ戦ではガンナーシフトのモードで大量のアイドラを一掃しています。

スポンサーリンク

ワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)のメンバーのエンブレムの意味とは?

ワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)のメンバーのエンブレムの意味とは?(C)葦原大介/集英社

玉狛第一の隊服に付いているエンブレムは上記画像のとおり、「3つの丸」と「BORDER」の文字と「大きな丸」で構成されています。これは現在のボーダーの前身である旧ボーダーのエンブレムです。

これらはそれぞれ下記の意味を持っています。

  • 3つの丸:「デクシア」「メソン」「アリステラ」
  • 大きな丸:玄界(ミデン)
  • これらを繋ぐボーダー

「デクシア」「メソン」「アリステラ」については近界(ネイバーフッド)の同盟国を表しており、その中でもアリステラは5年前の戦争で滅んでいます。

当時の旧ボーダーメンバーは同盟国であるアリステラを助けるために戦いましたが、その戦乱の中で当時のメンバー19人中10人が死亡しています。

そしてアリステラの敵国は退けたものの、アリステラが受けたダメージがあまりに大きく滅亡するしかありませんでした。その際にマザートリガーをアリステラ王家が玄界(ミデン)に逃がし、それがボーダーに引き継がれた形です。

 

当時多くの同志を亡くしたことで城戸正宗は現在のような怖い顔になり、「ネイバー絶対許さん派」となりました。

一方で玉狛支部は旧ボーダーのエンブレムを使っていることからも分かるとおり、旧ボーダーの意思を継いで「ネイバーにもいい奴いるから仲良くしようぜ派」となっており、たびたび本部とはいざこざが起こっています。

スポンサーリンク

「ワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)のメンバー一覧!実力はナンバーワン?」まとめ

今回はワールドトリガーの玉狛第一(木崎隊)のメンバーの一覧や各メンバーの詳細、各メンバーのトリガーの特徴、エンブレムの意味などを解説しました。

玉狛第一はボーダー本部とは一線を画する存在なだけに、戦闘になるとこの上なく頼もしい部隊です。

今後も玉狛第一の戦闘シーンが楽しみですね☆

ワールドトリガーのその他の関連記事はこちらからどうぞ

ワールドトリガーのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

ワールドトリガーの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました