不滅のあなたへのトナリの父親の過去を解説!実は殺人鬼?

この記事では不滅のあなたへのトナリの父親の過去を解説していきます。

トナリとは、ジャナンダ島で暮らす14歳の褐色肌の少女です。

実はジャナンダ島には、父親が殺人罪に問われたことにより訪れ、定住するようになりました。

そんなトナリの父親の過去について、早速みていきましょう。

この記事で分かること
  • トナリの父親の過去

※この記事は不滅のあなたへのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

不滅のあなたへの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

不滅のあなたへの解説&考察

不滅のあなたへのトナリの父親の過去!殺人罪でジャナンダ島へ!

ここでは、トナリの父親の過去をご紹介していきます。

幼い頃のトナリは、優しいお父さんのことが大好きでした。

トナリの父親はエラン・ジー・ダルトン

トナリの父親はエラン・ジー・ダルトン(C)大今良時/講談社

トナリの父親は、エラン・ジー・ダルトンです。

エランはかなりゴツイ体つきをしています。

幼い頃のトナリの夢は、「お父さんをびっくりさせること」でした。

このことから、エランはトナリにとって、とてもいい父親だったことがわかります。

エランの笑った顔はトナリそっくりですね。

トナリの父親は妻殺しの罪でジャナンダ島に流刑

トナリの父親は妻殺しの罪でジャナンダ島に流刑(C)大今良時/講談社

ある日トナリが起きると、そこにはお母さんの死体がありました。

エランは、妻殺しの罪に問われてしまいます。

そして罪人とその家族が住む、ジャナンダ島に島流しされてしまうことになるんです。

トナリは、エランはお母さんを殺していないと信じていたので、一緒についていくことにしました。

トナリの父親は島長決定戦で優勝!

トナリの父親は島長決定戦で優勝!(C)大今良時/講談社

ジャナンダ島には島長決定戦というものがあり、優勝した人の中で外に出れた人がいると聞いたエランは出場することにします。

そしてエランは、大会後に船場で待っているようにトナリに言い、大会へと行ってしまいます。

結果エランは優勝するのですが、優勝者が自分の父親だとトナリは認めませんでした。

なぜなら、優勝者は大量の殺人を犯しておきながら楽しそうに笑っていたからです。

そんなの父親ではない…トナリはそう信じたかったのでしょう。

トナリの父親は優勝後に毒殺される!

トナリの父親は優勝後に毒殺される!(C)大今良時/講談社

トナリが約束の船場に行くと、そこには父親からのプレゼントがありました。

それは今でもトナリが大事そうにもっている、大きな本(日記帳)でした。

そしてエランも船場に到着するのですが、トナリに会う前に恨みをもった人たちによって殺されてしまうのです。

不滅のあなたへのトナリは父親に気づかなかった?

ここからは、島長決定戦で優勝した人が父親だとトナリが気づいていなかった理由についてご紹介していきます。

トナリは本当に優勝者=父親だと気づいていなかったのでしょうか?

トナリは「父は母を殺していない」と信じていた

トナリはずっと父親は母親を殺していないと信じていました。

幼い頃のトナリは、父親のことが大好きだったからです。

島長決定戦で殺しまくったトナリの父親は笑っていた・・・

島長決定戦で殺しまくったトナリの父親は笑っていた・・・(C)大今良時/講談社

しかし島長決定戦で殺しまくったトナリの父親は、笑っていました。

この笑顔を見た瞬間、トナリは「こうやって父親は母親を殺したのではないか」と、うすうす気づき始めます。

ですがどうしても事実を受け止められないトナリは、優勝者=父親だと思わないようにしました。

トナリの心が「あれは父親ではない」と自己防衛反応?

 

父親を殺人者と認めてしまうと、自分は殺人者の娘だと認めてしまうことと同義です。

なのでトナリは「母を殺したのは父ではない、父は無実。」「自分は無実の男の娘。」と無理やり自分に言い聞かせていたのではないでしょうか。

トナリは自分の心を守るために、父親をそのような男と認めないという自己防衛に走ったと考えられます。

トナリが敗者の死体の山から父親を探し続ける

トナリが敗者の死体の山から父親を探し続ける(C)大今良時/講談社

優勝者=父親ではないと信じたいトナリは、敗者の死体の山から父親を探し続けます。

しかし父親と思われる死体はでてきませんでした。

そして島の住人が「島長は期待できるな」「エラン・ジー・ダルトンだっけ」と話しているところを聞いてしまい、優勝者=父親だと認めざるをえなくなるのでした。

父親が優勝後、毒殺されてもトナリは見て見ぬふり

父親が優勝後、毒殺されてもトナリは見て見ぬふり(C)大今良時/講談社

父親はその後、トナリのいる近くで毒殺され海に投げ捨てられてしまいます。

しかしトナリは見て見ぬふりをしていました。

母親を殺し、自分を騙していた父親に幻滅したのでしょう。

ここからトナリは、本に自分の物語を紡いでいくことになります。

不滅のあなたへのトナリは成長して父親の正体を受け入れる!

ここからは、そんなトナリが成長した後の父親への思いについてご紹介していきます。

成長したトナリは、やっと父親を受け入れることができるようになるんです。

トナリは父親が母を殺したことを悟っていた(漫画6巻の第47話)

トナリは父親が母を殺したことを悟っていた(漫画6巻の第48話)(C)大今良時/講談社

フシと2人っきりになったトナリは、自分の胸の内を打ち明けます。

その内容は、

  • 最初は父親は母親を殺していないと信じていた
  • 優勝した父親は笑っていた
  • 父親は母親をこんな風に殺したと思い込んだ

というものでした。

つまり、トナリは優勝者=父親だとはじめから気づいていたんです。

これを聞いたフシは、「大会で笑っていたのは、トナリを島から脱出させられるからじゃない」と言いますが、トナリは「もう遅い」と言っていました。

このことから、トナリは成長するにつれて父親が笑っていたのは殺人の快楽でではなかったことに気づいたと考えられます。

トナリの「あたしも殺人鬼の血が流れてる」発言(漫画14巻の第130話)

トナリの「あたしも殺人鬼の血が流れてる」発言(漫画14巻の第130話)(C)大今良時/講談社

ハヤセの継承者であるミズハを、トナリは拒絶していました。

ミズハは「私がハヤセの血を引いているから嫌うの?」と聞くと、トナリは「わかってるじゃん」と答えます。

これに対しフシは、「生まれは選べない事をわかってるだろ」とトナリに言います。

トナリは「私も殺人鬼の血が流れてるからわかってる」と答えており、この年になってトナリが優勝者=父親だと認めたことがわかりましたね。

「不滅のあなたへのトナリの父親の過去を解説!実は殺人鬼?」まとめ

この記事では不滅のあなたへのトナリの父親の過去を解説しました。

トナリの父親とトナリの関係は、とても悲しいものでしたね。

この経験から、今のトナリの人格を形成したと考えられます。

もしこの経験がなかったら、トナリはどんな女の子になっていたのでしょうか。

不滅のあなたへの関連記事はこちらもどうぞ

→不滅のあなたへのトナリのかわいいシーンやフシとの関係を見る

→不滅のあなたへのトナリが「嫌い&うざい」と悪評?

→不滅のあなたへのトナリの正体を見る

→不滅のあなたへのトナリの死亡理由や復活について見る

→不滅のあなたへの完結&最終回はいつ?

→不滅のあなたへの打ち切りの噂の真相について見る

→不滅のあなたへの登場人物&キャラ一覧や強さランキングを見る

→不滅のあなたへの面白いポイントやあらすじを見る

不滅のあなたへの解説&考察

期間限定!不滅のあなたへのアニメを無料で見る方法!

不滅のあなたへのアニメを見逃した!

見たいけど無料がいい!


それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録するとアニメは見放題です☆

不滅のあなたへのアニメであれば何話でも見放題です。

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


不滅のあなたへを見終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの10万作品を超える映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


\登録は30秒!アニメが無料!/

/※解約も簡単!無料期間中なら0円!\

コメント

タイトルとURLをコピーしました