すごいスマホの1話のネタバレ最新話!あらゆることを検索できる「グーググ」!

この記事ではすごいスマホの第1話についてネタバレ解説します。

「すごいスマホ」は2022年5月9日発売の週刊少年ジャンプで新連載となった作品で、天才的な頭脳を持ちながらやる気の無い探来田究(さぐるだきゅう)(通称:Q)が主人公です。

そんなQがある日「世界のあらゆることを検索できるスマホ」を手に入れることで物語が始まります。

この記事で分かること
  • すごいスマホの第1話のネタバレ
  • すごいスマホの主要な登場人物

※この記事はすごいスマホのネタバレを含みます
目次の後から記事の本文が始まります。

すごいスマホの1話のネタバレ最新話!主人公は探来田究!

すごいスマホの第1話では主人公である探来田究(さぐるだきゅう)の学校生活から始まります。

探来田究はその名前から「Q」というあだ名で呼ばれており、返却されたQのテストは

  • 英語:60点
  • 数学:60点
  • 社会:60点
  • 理科:61点
  • 現代文:62点

という結果で、全てにおいて追試をギリギリ回避できたレベルの点数でした。

そんなQに対して幼馴染の農丸結歌(のうまるゆいか)が「本気でテスト受けないとせっかくの天才脳も錆びついちゃうよ!?」と注意します。

すごいスマホの1話のネタバレ最新話!主人公は探来田究!(C)冨澤浩気・肥田野健太郎/集英社

というのも実はQは実力でこの点数なわけではなく、

60点以上の最小点を獲る

という自分ルールを課しており、「1問も間違えられない緊張感」「配点を組み合わせて60点に近づけるパズル要素」が面白いんだそうです笑

Qの両親は大学教授で、子供の頃のQは「アメリカの大学に行く」という夢を持ってよく勉強していたようですが、7年前のある出来事を境にQが今のような無気力状態になってしまったのです。

すごいスマホの1話のネタバレ最新話!探来田究の弟・修は7年前に行方不明に!

(C)冨澤浩気・肥田野健太郎/集英社

すごいスマホの第1話ではQ達の幼い頃が描かれており、そこにはQの弟・修もいます。

Qは修や結歌と一緒によく遊んでおり、修はQとは対象的な感覚派な子供だったようです。

そして3人でかくれんぼしていたところ、修がトイレに行ったきりずっと戻りませんでした。

そのまま暗くなっても見つからず、ついには警察も出動して大捜索が始まりますが、結局修は全く見つからず手がかりすらもゼロのまま未解決事件となってしまったのです。

このことがあってからQは「人類の科学は万能だと思ってたけど、現実には子供一人探し出せない」と絶望し、今のような無気力系男子となっています。

すごいスマホの1話のネタバレ最新話!探来田究のカバンに謎のスマホが!

すごいスマホの1話のネタバレ最新話!探来田究のカバンに謎のスマホが!(C)冨澤浩気・肥田野健太郎/集英社

すごいスマホの第1話ではQが自宅でスマホゲームに勤しんでいると、急にカバンの中からスマホのバイブ音が鳴り始めます。

そしてQがカバンから異様に小さいスマホを見つけ、画面には「所有者を認証」「こんにちは探来田究サン」と表示され、「グーググ」というGoogleのパクリ全開の検索サイトが立ち上がりました。

更にはこのスマホのアシスタントAIが自律的に話し始めたため、Qはこのスマホを「結歌のいたずら」だと思っています。

そこでこのスマホは

  • このグーググ・スマホは世界の全てを検索できる凄いスマホ
  • 何でもいいから検索してみ

とQに告げ、Qも面白がって「アメリカと宇宙人が会ってる証拠」などテキトーなことを口にします。

すると早速このスマホはアメリカの機密文書をどこからか拾ってきて情報を表示しますが、そもそもその真偽を判定できないために証拠にはなりません。

そこでQは「自分が2022年4月15日に書いた日記」を検索してみると、なんとQの日記の内容が一字一句完璧に表示されたのです。

更にQはもう一つ「昨日俺が落としたお金の場所」を検索しようとしますが、この場合は「金がQ個人の所有物ではない(名前などが書いてない)」という理由で検索ができません。

その代わりこのスマホは「この周辺に落ちているお金」を検索してみせ、その地図通りにQが探しに行くと確かにお金が落ちていました。

すごいスマホの1話のネタバレ最新話!このスマホの正体とは?

すごいスマホの1話のネタバレ最新話!このスマホの正体とは?(C)冨澤浩気・肥田野健太郎/集英社

すごいスマホの第1話ではQがこのスマホの詳細や仕組みを問い質しますが、「403 Forbidden」と表示されるのみです。

またこのスマホの「グーググ」の機能や制限が明らかになり、それが下記の通りです。

  1. 世界の検索:人類が意図的に作ったあらゆる情報とその位置。ただし地球上に確と現存するものに限る
  2. 世界との通信:あらゆる通信機器と匿名で通信できる

先程「Qが落としたお金」を検索できなかったのは、そのお金とQとが紐づいていなかったからのようですね。

ただし例えばそのお金に「Q」などと名前を書いていれば検索できてしまうようです。

また世界のあらゆる通信機器と匿名で通信できるということで、この機能により先程の「アメリカと宇宙人が会ってる証拠」を検索した時に機密文書を引っ張って来れたのです。

更にこのスマホは検索するごとに「グーググ・ポイント」というポイントが加算されます。

ただこのポイントを獲得したら何か良いことがあるのか、あるいは悪いことがあるのかについては何も分からず、スマホは「ポイントを獲得してください」と発するのみです。

すごいスマホの1話のネタバレ最新話!「グーググ」の機能で誘拐犯を逮捕!

すごいスマホの1話のネタバレ最新話!「グーググ」の機能で誘拐犯を逮捕!(C)冨澤浩気・肥田野健太郎/集英社

すごいスマホの第1話ではとある4歳児の失踪事件が連日ニュースになっており、Qもこの事件は耳にしていました。

そしてQは「このスマホなら女の子がどこにいるか分かるんじゃね?」と考えます。

ただし先程の条件の通り、このスマホは「人類が作ったもの」でなければ検索できないため、人間の位置を直接特定することはできません。

そこでQは

  1. 事件発生後3時間以内に現場から出発した車を検索
  2. それぞれの車をGPSログや現場付近の監視カメラ映像で紐づけ
  3. その中で当時の女の子の写真から該当する服を検索(→0件)
  4. その中で子供服を購入したかどうか
  5. →該当1件「貝海優太

という手順で容疑者「貝海優太」の目星をつけました。

つまり犯人は少女を誘拐して来ていた服を捨て、新たに子供服を買って少女に着せているのでしょう。そしてQはこのスマホで警察に匿名で情報を流しました。

その夜、少女はとある家の一室で足を縛られた状態で軟禁されており、太ったおっさんが「ここが新しいおうちだよ。早く慣れようね」とか口にしています。

その外では警察&機動隊が準備しており、速攻でこの男は逮捕され、少女も無事に保護されたのです。

すごいスマホの1話のネタバレ最新話!グーググ・スマホなら修も見つけられる?

すごいスマホの1話のネタバレ最新話!グーググ・スマホなら修も見つけられる?(C)冨澤浩気・肥田野健太郎/集英社

すごいスマホの第1話では無事に少女が保護されて一件落着となりました。

ここでQは7年前に失踪した弟・修のことを思い出しており、スマホに「探来田修を検索」と命じますが、「404 Not Found」と表示されるのみです。

そしてこれに関してQが何度もスマホをせっつくも、

結果を表示できません
ポイントを獲得してください

と繰り返し発していました。

よってQは目下の目標として

  • スマホを使いまくってポイントを稼ぐ
  • すごいスマホ(通称「すマホ」)の秘密を暴く
  • 修の失踪の真相を暴く

と決めました。

いつかQが修と再会する日が来るといいですね。

「すごいスマホの1話のネタバレ最新話!」まとめ

今回はすごいスマホの第1話についてネタバレ解説しました。

舞台は現代社会ながら、「グーググ・スマホ」というオーバーテクノロジーが登場するサスペンス系の作品です。

今後もQとスマホのコンビがどんな事件や謎を解明していくのか楽しみですね☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました