とんがり帽子のアトリエのオルーギオがかっこいい!実はツンデレ?

この記事ではとんがり帽子のアトリエのオルーギオのかっこいい要素や、かっこいいシーンをご紹介していきます。

オルーギオとは、キーフリーの親友である魔法使いです。

強面な顔をしていますが、実はキーフリーよりも(?)優しい魔法使いなんです!

まずはそんなオルーギオのかっこいい要素からみていきましょう☆

この記事で分かること
  • オルーギオのかっこいい要素
  • オルーギオのかっこいいシーン

※この記事はとんがり帽子のアトリエのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

とんがり帽子のアトリエの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

とんがり帽子のアトリエの解説&考察

とんがり帽子のアトリエのオルーギオのかっこいい要素を解説!

ここではオルーギオのかっこいい要素を解説していきます。

オルーギオは初対面こそ少し怖いものの、実は優しくてかっこいいお兄さんなんです!

オルーギオの第一印象は怖いおじさん笑

オルーギオの第一印象は怖いおじさん笑(C)白浜鴎/講談社

初登場時のオルーギオは、ココをにらみつけると魔警団に引き渡そうとします。

そのためココはオルーギオを怖がっていました。

しかしオルーギオは「掟」に沿った行動をしようとしたまでであり、本当は優しい人物だったのです。

オルーギオは見た目は怖いが実は超優しい!実はツンデレ?

オルーギオは見た目は怖いが実は超優しい!実はツンデレ?(C)白浜鴎/講談社

オルーギオは見た目は怖いのですが、中身はとても優しい人物です。

キーフリーの異変にいち早く気づいたり、弟子でもないココたちの成長の手助けをしたりしています。

そんなオルーギオをココたちは「オル先生」と、親しみをこめて呼んでいるんですよ。

よく学校にいる人気のある先生のようですね。笑

オルーギオの魔法の腕は達人級

オルーギオの魔法の腕は達人級(C)白浜鴎/講談社

普段オルーギオは、キーフリーのアトリエの監視をしたり、民衆から依頼をうけて魔法器をつくったりしています。

しかし戦闘能力にもたけており、第2の試験では助っ人として登場するとつばあり帽を追いこんでいました。

このように、オルーギオの魔法使いとしての実力は十分なんです!

とんがり帽子のアトリエのオルーギオのかっこいいシーンを紹介!

ここからは、オルーギオのかっこいいシーンをご紹介していきます。

オルーギオは脇役感がありますが、キーフリー以上に(?)かっこいいシーンが沢山あるんですよ。

オルーギオがココの髪を乾かしてあげる(漫画2巻の第9話)

オルーギオがココの髪を乾かしてあげる(漫画2巻の第9話)(C)白浜鴎/講談社

オルーギオは、自分の部屋に迷い込んできたびしょ濡れのココを魔法で乾かしてあげます

さすが「灯使い」の異名を持っているだけあって、熱を扱うのが上手ですね☆

ちなみにオルーギオは、ココたちの体調も見張っているらしいです。笑

オルーギオがキーフリーに「ほっか石」を渡す(漫画4巻の第18話)

オルーギオがキーフリーに「ほっか石」を渡す(漫画4巻の第18話)(C)白浜鴎/講談社

オルーギオは、師弟関係に悩むキーフリーに「ほっか石」を渡します。

これは冷めないカイロのようなもので、安眠効果もあるとのこと…。

オルーギオは試作品の感想が欲しいと言いつつ、キーフリーの師弟関係を気にかけて作っていたようですね。

オルーギオが主人公ばりのかっこいい登場(漫画5巻の第29話)

オルオルーギオが主人公ばりのかっこいい登場(漫画5巻の第29話)(C)白浜鴎/講談社

アライラとキーフリーがつばあり帽との戦いに苦戦している中、突如炎の盾がつばあり帽を襲います。

実はこれはオルーギオが作り出したもので、キーフリーたちのピンチを聞いたオルーギオが助けに来てくれたのです。

その後…オルーギオはつばあり帽を撤退させることに成功していました。

このときの登場の仕方は、まるで主人公のようでしたね。

オルーギオがベルダルートの試験について助言(漫画6巻の第33話)

オルーギオがベルダルートの試験について助言(漫画6巻の第33話)(C)白浜鴎/講談社

ココたちは、3日間のうちにベルダルートを驚かせるという試験に挑みます。

しかしこれはかなり難易度が高く、ココたちは苦戦していました。

そんな彼女たちに、オルーギオは「観察して考える日をつくったらどうだ」と助言します。

後にこのアドバイスがいきて、ココたちは見事試験をクリアすることになるのです。

オルーギオがココ達の「進歩」を褒める(漫画6巻の第34話)

オルーギオがココ達の「進歩」を褒める(漫画6巻の第34話)(C)白浜鴎/講談社

オルーギオは、ココたちの少しの成長をめちゃくちゃ褒めていました。

実際ココたちは「何をしたらいいかわからない」から「どうしたらできるかわからない」に変わっただけだったのですが、これをオルーギオは「デカい前進」と言っています。

こんな先生が傍にいてくれていたら、365日24時間頑張れちゃいますね!笑

オルーギオがミーア姫をエスコート(漫画7巻の第39話)

オルーギオがミーア姫をエスコート(漫画7巻の第39話)(C)白浜鴎/講談社

オルーギオはミーア姫を上手くエスコートして踊ってみせます。

そんなオルーギオに、ミーア姫も釘付けでした…!笑

そしてミーア姫は思わず「あなたのような人がいたら心強いのに」とつぶやくのです。

しかしオルーギオは、魔法使いと一般人が交わってはいけないことを重々承知しています。

なのでうまーく交わして城をあとにしていました。

オルーギオがキーフリーに本音をぶつける(漫画7巻の第40話)

オルーギオがキーフリーに本音をぶつける(漫画7巻の第40話)(C)白浜鴎/講談社

オルーギオは、最近のキーフリーに異変を感じていました。

そこでキーフリーを呼び出し、本音をぶつけます。

オルーギオはキーフリーの全てを見透かしていたので、キーフリーは動揺していました。

オルーギオは魔法使いとしても、人間としても完ぺきですね。

オルーギオがボツネタを披露(漫画8巻の第43話)

オルーギオがボツネタを披露(漫画8巻の第43話)(C)白浜鴎/講談社

オルーギオは没ネタである「幻炎玉」を、ココたちにみせます。

これは触れてもやけどしないという、便利な偽物の炎の魔法器です。

しかし「子供たちが炎を危なくないものだと誤認してしまう可能性がある」という理由から、オルーギオはこれをボツにしていました。

没ネタでも、十分完成度は高いですよね。笑

実はイケメン?オルーギオの素顔(漫画9巻の第47話)

実はイケメン?オルーギオの素顔(漫画9巻の第47話)(C)白浜鴎/講談社

オルーギオは化粧仮面で「一番きれいに身だしなみを整えている状態」に変身します。

その姿が、こちら…!

めちゃくちゃイケメンですよね…!!!?笑

ひげがないだけで、人はここまで変われるんですね…。

オルーギオにはぜひ身だしなみを毎日整えてほしいと思いました。笑

「だるーぎお」状態でもアガットの魔法を見てあげる(漫画10巻の第57話)

「だるーぎお」状態でもアガットの魔法を見てあげる(漫画10巻の第57話)(C)白浜鴎/講談社

オルーギオは度重なる疲労から、ついに「だるーぎお」状態になってしまいます。笑

しかしそこにアガットが魔法を見せに来ました。

するとオルーギオは目の色を変えて、アガットの新しい魔法をふんふんと眺めます。

どんなに疲弊していても子供たちを第一優先にしているところが、かっこよすぎますね☆

「イジリ、カラカイ、ダメ、ゼッタイ!」(漫画11巻の第59話)

「イジリ、カラカイ、ダメ、ゼッタイ!」(漫画11巻の第59話)(C)白浜鴎/講談社

オルーギオはココとタータがおそろいの腕輪をつけていることから、2人は恋仲なのでは?と憶測を立てます。(実際はちがいますが…w)

なのでオルーギオはタータの為に「本人たちに直接聞いたりするなよ」というのです。

オルーギオいわく、こういうときは「そっとしておくのが一番」とのこと…。

異様に力説するオルーギオ…過去になにかあったのでしょうか。笑

オルーギオが銀夜行列で「幻炎玉」の改良型を披露(漫画11巻の第61話)

オルーギオが銀夜行列で「幻炎玉」の改良型を披露(漫画11巻の第61話)(C)白浜鴎/講談社

オルーギオは「幻炎玉」を改良し、銀夜行列に出品します。

今回の物は水晶に炎を入れておくことで、「危なくない炎でも危ないもの」として出すことに成功していました。

オルーギオの魔法器は民衆に大人気で、多くの旗が上がっていました。

これにはココたちもびっくり仰天…!自分たちの傍にすごい魔法使いがいることを再認識していました。

「とんがり帽子のアトリエのオルーギオがかっこいい!実はツンデレ?」まとめ

この記事ではとんがり帽子のアトリエのオルーギオのかっこいい要素や、かっこいいシーンをご紹介しました。

オルーギオは魔法使いとしても、人間としてもかっこいい人物であることがわかりました。

これからももっとかっこいいオルーギオを見たいですね!

とんがり帽子のアトリエの関連記事はこちらもどうぞ

→とんがり帽子のアトリエのオルーギオの強さや能力、魔法について見る

→とんがり帽子のアトリエのキャラクター(登場人物)一覧を見る

→とんがり帽子のアトリエの完結&最終回はいつ?

→とんがり帽子のアトリエは面白い?つまらない?評判を見る

とんがり帽子のアトリエの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました