転スラのエルメシアの正体!かわいいけど実はリムルより強い?

転スラのエルメシアの正体!かわいいけど実はリムルより強い?(C)コミックライド:岡霧硝 原作:伏瀬 キャラクター原案:みっつばー

この記事では転スラのエルメシア・エルリュ・サリオンの正体や性格、強さ、かわいい容姿などについて解説します。

エルメシアは転スラの物語において、魔導王朝サリオンの「天帝」のポジションにいる人物です。

物語が進むにつれてリムルとも親交が深くなっていき、エルメシアは政治的にも重要なキャラクターとなっていくのです。

まずはエルメシアの正体から詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • エルメシアの正体
  • エルメシアの強さ
  • エルメシアとテンペスト&リムルの関係

※この記事は転スラのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

転スラの解説&考察

転スラのエルメシアとは誰?正体を解説!

まずは転スラのエルメシア・エルリュ・サリオンが誰なのか、その正体について見ていきましょう。

エルメシアは転スラの物語途中から登場していますが、その存在感の大きさから印象深いキャラクターです。

エルメシアは魔導王朝サリオンの「天帝」!

エルメシアは魔導王朝サリオンの「天帝」!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

エルメシアは魔導王朝サリオンの「天帝」であり、サリオンの上層部を構成する13の王家への全権、及びサリオン軍の最高指導者です。
→転スラの魔導王朝サリオンの詳細を見る

その見た目は長い銀髪に純白の素肌、翡翠色の瞳を持った美女で、エルフの女性らしく美しい見た目をしています。

またサリオンは「魔法師団(メイガス)」をはじめとする強力な軍事力を備えており、人口も1億人を超える大国です。

エルメシアはそんな国の最高権力者であり、作中では可愛い見た目に反して配下の前では冷徹な言動を見せていました。

エルメシアは2000年前から生きる「風妖精(ハイエルフ)」!

エルメシアは先程お話したとおり見た目は可憐な雰囲気の美人で、パッと見ると若い女性に見えます。

しかし実際にはなんと2000年前から生きており、「風精人(ハイエルフ)」という種族です(別名:「真なるエルフ」)。

この種族は天使に魔素を与えることで産まれ、エルメシアの年齢からも明らかなとおり悠久の時を生きる種族です。
→転スラのエルフ一覧を見る

エルメシアの性格はわがままお嬢様!

エルメシアは先程お話したとおり、かわいい見た目に反して部下に対しては冷徹な印象を与えるキャラです。

しかしこれは実は「サリオンの天帝」として猫をかぶっているだけで、実際の性格はわがままなお嬢様という感じなのです。

エルメシアが本当の性格を見せるのは大公爵・エラルドと、エラルドの娘・エレンのみで、特にエラルドは苦労が絶えない日々を送っています笑

エルメシアはシルビアと勇者サリオンの娘!

エルメシアはシルビアと勇者サリオンの娘!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

エルメシアの父親は勇者サリオン・グリムワルト、母親はシルビアです。

実は勇者サリオンは現在の中庸道化連の副会長であるラプラスであり、作中では勇者だった時の記憶はありません。
→転スラのラプラスの正体について見る

また母親のシルビアはエルメシアと瓜二つの見た目をしており、同じ格好をしたら見分けがつかないほどです。

これを利用して、エルメシアとシルビアはたびたび入れ替わり、お互いに自由時間を確保しているのです笑

エルメシアは秘密組織「三賢酔(リエガ)」の代表!

エルメシアは秘密組織「三賢酔(リエガ)」の代表でもあります。

三賢酔(リエガ)」とは、エルメシアがテンペストとの交流の際に結成された組織で、リムル、ミョルマイル、エルメシアが酔っ払った勢いでできました笑

この組織は簡単に言うと「経済圏を牛耳る」というのが目的で、下記のような企みがあります。

  • ロッゾ一族の残党を使い、リムルとエルメシアが西方総合商社を創立
  • ミョルマイルがその対抗組織を創立
  • これら2つの組織が表で経済を活性化
  • 三賢酔(リエガ)が裏組織として経済界を裏から牛耳る

権力者や影響力がある者同士が酔っ払うとヤバいことになることが分かりますね笑

エルメシアはエレンと従姉妹&親友!

エルメシアはエレンと従姉妹&親友!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

先程もお話したとおり、エルメシアが本当の性格を見せるのはエレンとエラルドの前だけです。

特にエルメシアとエレンは従姉妹同士の関係にあり、お互いに「エレンちゃん」「エルちゃん」と呼び合うくらい仲が良いです。

更にはエレンが(エラルドに内緒で)サリオンに帰った際には2人でお茶会を開くこともあります。

エルメシアはともかく、エレンがエルメシアを「エルちゃん」などと気さくに呼ぶことについてはエラルドがいつもハラハラしているそうですね笑

転スラのエルメシアの強さやスキルは?リムルより強いという噂の真相!

転スラの物語における一番のチートキャラと言えばリムルであり、物語が進むごとにとどまることを知らないほど強くなっています。

一方でエルメシアは初めてリムルに会った際に「倒せなくはない」といった発言をしていました。

 

先述のとおりエルメシアは「風精人(ハイエルフ)」であり、2000年の時を生きているだけに相当な強さを持ったキャラです。

またエルメシアが初めてリムルと会ったのは「テンペストの開国祭」の時なので、まだリムルが魔王になった直後のことでした。

よって確かにこの時点ではエルメシアとリムルの強さは拮抗していたのかもしれません。

 

ただしリムルがチート化するのはむしろ魔王になった後が本番です。

特に「竜種核化」や、各種究極能力(アルティメットスキル)の統合などの後は桁外れの強さとなっており、流石にこうなってからのリムルにはエルメシアも絶対に勝てないでしょう。
→転スラのリムルの強さやスキルの詳細を見る

転スラのエルメシアはテンペストが大好き?

エルメシアは転スラの作中でリムルと対面し、その後はテンペストと国交を結ぶことになります。

そしてそのうちエルメシアはテンペストに関わりすぎなぐらい関わることになるのです笑

エルメシアがテンペストに目をつける!

作中ではリムルが魔法に進化した直後、エラルドがテンペストを訪れ、「人魔会談」でリムルと会いました。

実はこのことはエルメシアには秘密だったため、エラルドがテンペストを訪問したことを後から聞いて拗ねていました。

 

さらにエルメシアはイングラシアの高名なお菓子職人である吉田薫(通称「ヨシダ」)とも仲が良く、ヨシダのお菓子が好き過ぎて大金を積んででもサリオン専属のお菓子職人にしようとしていました。

そんなエルメシアのラブコールを断り続けていたヨシダでしたが、ある日突然イングラシアのお店を畳み、テンペストに移住したのです(理由の大半はシュナ目当て)。

これを見たエルメシアは益々テンペストに興味が湧き、軍事力や経済力はもちろん、スイーツのことも勘案して「テンペストと懇意にしなければ」と考えたのです。

エルメシアがテンペストの開国祭に参加!

テンペストに目をつけたエルメシアは、タイミング良くテンペストから各国首脳宛てに来ていた「開国祭」の招待に応じることにしました。

サリオンの天帝・エルメシアが国外に出ることなど滅多に無いことですが、エルメシアはサリオンの最高戦力である「魔法師団(メイガス)」を護衛につけてでもテンペスト訪問を強行します笑

そして「魔法師団(メイガス)」とエラルドが護衛に付き、エルメシアはテンペストの開国祭に参加したのです。

 

ちなみにテンペストを訪れたエルメシアはリムルと初めて対面し、下記の約束事を交わしました。

  • 今後の行事にはエルメシアを招待する
  • ディアブロが暴走する前に止める
  • お菓子職人・ヨシダを紹介する

こうしてエルメシアはリムルとの関係を密にし、さらにエルメシア待望のヨシダとの関係も構築できました。

しかしエルメシアのテンペストとの関係はこれだけにとどまりません。

エルメシアが中央都市リムルに別荘を購入!笑

エルメシアが中央都市リムルに別荘を建てる!笑(C)コミックライド:岡霧硝 原作:伏瀬 キャラクター原案:みっつばー

エルメシアはなんとテンペストの中央都市・リムルの高級住宅街に別荘を購入しました笑

具体的にはテンペストの迎賓館の近くにあるデカイ旅館を丸ごと買い取り、それを別荘としたのです。

世界有数の大国であるサリオンの最高指導者なだけあって、その別荘の規模も半端じゃありませんね。

 

ちなみにエルメシアは別荘の中に転移用魔法陣を設置し、サリオンからいつでも別荘に来れるようにしました。

こうしてエルメシアが別荘を購入してからはホムンクルスを依り代にして頻繁にテンペストを訪れています。

よっぽどテンペストを気に入ったんでしょうね笑

エルメシアは魔導列車の開発に興味津々!

エルメシアは別荘で気ままに余暇を過ごすだけではなく、経済面や技術面でも貢献しています。

作中ではテンペストの最終製品をサリオンが輸入する流れになり、流通をスムーズにするために魔導列車の開通を求めています。

エルメシアは魔導列車の早期開発のため、サリオンの魔導科学の専門家をテンペストに派遣して技術協力していました。

 

ちなみにサリオンの魔導科学については秘匿となっていましたが、エルメシアは惜しげもなくその専門家を派遣しています。

テンペストとの技術協力も目的の一つでしょうが、それ以上にテンペストの魔導技術をサリオンとしても学びたかったのでしょう。


【期間限定】転スラの小説を音声で聴ける!(初月無料)
→転スラの小説を無料で聴いてみる

転スラのエルメシアの容姿はかわいい美少女!画像・イラストはある?

転スラのエルメシアの容姿はかわいい美少女!画像・イラストはある?(C)コミックライド:岡霧硝 原作:伏瀬 キャラクター原案:みっつばー

先程お話したとおり、エルメシアの容姿は長い銀髪が映える美しい女性です。

その画像&イラストについては小説版の挿絵の他、転スラのスピンオフ版である「転生したらスライムだった件~魔物の国の歩き方~」でも登場しています。

 

ちなみにエルメシアが初登場したのは8巻のチャプター46で、フラメアがリムルの依頼でエルメシアの別荘に餅を届けに行った時でした。

そしてフラメアが別荘に入って早々、フラメアは落とし穴に落とされた挙げ句に檻に捕獲されています。

エルメシアの性格がスピンオ版でも大爆発していますね笑

「転スラのエルメシアの正体!かわいいけど実はリムルより強い?」まとめ

今回は転スラのエルメシア・エルリュ・サリオンの正体や性格、強さ、かわいい容姿などについて解説しました。

エルメシアはそこまで登場頻度が高いキャラではありませんが、普段の言動と本当の性格のギャップなどが印象的でインパクトが強いキャラです。

今後も登場シーンが楽しみですね☆

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→転スラのエルフ一覧を見る

→転スラのリムルの配下一覧を見る

転スラの解説&考察
転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました