ワールドトリガーのスナイパーの訓練を解説!変態狙撃手は誰?

この記事ではワールドトリガーの狙撃手(スナイパー)の訓練内容の一覧や、変態的な腕を持つスナイパーについてご紹介します。


ボーダーのスナイパーは基地内の施設で日々狙撃訓練に励んでおり、その種類も様々です。

またその訓練は点数制で、毎回順位つきますが、作中では点数には表れない変態的な腕を持つスナイパーも存在します。


まずはスナイパーの訓練の種類から見ていきましょう。

この記事で分かること
  • スナイパーの訓練の種類一覧
  • ボーダーの変態的スナイパー


※この記事はワールドトリガーのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。


ワールドトリガーの関連記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

ワールドトリガーのスナイパーの訓練内容の一覧!種類が多彩!

まずはスナイパーの普段の訓練の内容についてご紹介します。

スナイパーは定期的にA級~C級の全員合同の訓練が実施されており、毎回点数が付くので自分の順位が分かります。


特にC級隊員にとってこの順位が重要で、B級に昇格するためには「3週連続で上位15%」に入らなければなりません。

毎回訓練に参加しているスナイパーは130人弱なので、15%と言うと大体18位~19位がボーダーラインですね。

→雨取千佳が狙撃訓練中にやらかした件はこちら

通常狙撃訓練

漫画13巻の第107話で「通常狙撃訓練」の様子が描かれています。

この訓練の内容は下記のとおりで、固定標的への射撃訓練です。

  • 100メートル先の直径50cm弱の的を撃つ
  • 5発撃つごとに的が少しずつ遠くなる

狙撃訓練の中でも最もシンプルで想像しやすい内容で、当然ながら的の真ん中に近いほど高得点となります。

ちなみにいつも1位なのは奈良坂透で、作中では全弾ド真ん中を撃ち抜き続けるワンホールショットを見せています。

捕捉・掩蔽(えんぺい)訓練

漫画14巻の第118話では「捕捉・掩蔽訓練」の様子が描かれています。

この訓練ではランク戦のように仮想MAPに転送され、ルールは下記のとおりです。

  • 制限時間は90分
  • レーダーの情報は無し
  • 射撃の音や光は無し
  • 身を隠しつつ他の隊員を自力で見つけて撃つ
  • 的中すれば+5点
  • 撃たれたら-2点

射撃音やマズルフラッシュの光がないので、傍目には極めて地味な訓練に見えます。

しかしただでさえ隠れるのが上手い狙撃手を自力で見つけなければならず、また撃った瞬間に自分の位置が相手にバレるのですぐ移動しなければなりません。

その道中で他のスナイパーに撃たれる危険もあり、高得点を狙うには相当なスナイパーとしての技量が必要です。


この訓練を通じて自然と「隠れる技術」「見つかりにくい移動の仕方」「良い狙撃ポイントを見つける目」などが身につきます。

レーダーサーチ訓練

漫画19巻の第163話では「レーダーサーチ訓練」の様子が描かれています。

この訓練は「通常狙撃訓練」と同じく固定標的を撃つ訓練ですが、下記のルールがあります。

  • レーダーで指示された的だけを狙う
  • 指示された的以外は撃っても得点なし
  • 制限時間内にいくつ的を撃ったかで順位が決まる

的がとにかく大量にあるため、レーダーの指示を正確に読み取って的を見つける必要があります。

また制限時間があるため、指示以外の的を撃ったりしているとタイムロスとなって得点が低くなってしまいます。


実戦ではオペレーターからレーダーによる敵の位置情報が随時送られますが、そこから相手を見つけて照準を合わせるのはスナイパー自身なので、そのアクションを早く実行できるようにする訓練ですね。

スポンサーリンク

ワールドトリガーのスナイパーの訓練で明らかになった変態レベルのスナイパー

ここまでスナイパー用の訓練の種類や特徴について解説してきました。

先述のとおり訓練が終わるたびに得点に応じた順位が毎回つきますが、その結果などから変態レベルの腕を持つスナイパーが明らかになっています。

ここではそんな変態スナイパー達を詳しく見ていきましょう。

奈良坂透(ならさかとおる)

まず狙撃訓練で際立っている変態レベルのスナイパーは奈良坂透(ならさかとおる)です。

上記の的は「通常狙撃訓練」の結果ですが、ド真ん中一点を打ち抜き続けるという化物っぷりを見せています。


また奈良坂透は捕捉・掩蔽訓練やレーダーサーチ訓練でも一人だけずば抜けた成績を残しており、狙撃訓練はいつも1位です。

ボーダーのスナイパーの中でも最も模範的な隊員と言えるでしょう。

当真勇(とうまいさむ)

当真勇(とうまいさむ)ボーダーNo.1スナイパーなだけあって、狙撃訓練でも変態テクニックを見せています。

上記の画像は通常狙撃訓練の結果ですが、点数度外視でニコちゃんマークを描くという離れ業を、頭に猫を乗せた状態でやってのけました。


当然ながら的の中心にいくほど点数が高いので、ニコちゃんマークを描いたところで狙撃訓練としての点数はメチャクチャ低いです。

ただこんなことは常人にできる芸当ではなく、奈良坂透も当真勇の変態テクニックを「型にはまらない自由な才能」と認めていました。

絵馬ユズル(えまゆずる)

絵馬ユズルも当真勇と同じ系統の変態テクニックの持ち主です。

上の図は通常狙撃訓練の結果ですが、絵馬ユズルは点数度外視で星型マークを描いていました。


当然的に星型マークを描いたところで狙撃訓練の点数は低いわけですが、当真勇のニコちゃんマークと同様、常人にできる芸当ではありません。

狙撃技術においては奈良坂透が「秀才」、当真勇や絵馬ユズルは「天才」という感じですね。

スポンサーリンク

ワールドトリガーのスナイパーの訓練では奈良坂透がいつもダントツ1位!

先程の通常狙撃訓練で見せていたワンホールショットからも分かるとおり、狙撃訓練では奈良坂透がいつもダントツの成績を収めています。

捕捉・掩蔽訓練でも2位以下を遥かに突き放しての1位であり、得点で言えばボーダーのスナイパーでもいつもダントツです。


しかしそんな奈良坂透はボーダーNo.2スナイパーであり、ボーダーNo.1スナイパーである当真勇の腕には及ばないようです。

これだけの成績を収めている奈良坂透より更に上とか、天上人の技術は常人には理解不能ですね笑

スポンサーリンク

「ワールドトリガーのスナイパーの訓練を解説!変態狙撃手は誰?」まとめ

今回はワールドトリガーの狙撃手(スナイパー)の訓練内容の一覧や、変態的な腕を持つスナイパーについてご紹介しました。

スナイパーはアタッカーのように個人ランク戦でガシガシ戦うような感じではなく、日々の訓練を地道に積み重ねる感じですね。

当真勇がスナイパー始めたての頃はどんな様子だったのか、過去のエピソードが描かれると面白そうです☆


ワールドトリガーの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

ワールドトリガーのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

ワールドトリガーの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました