ワールドトリガーの三雲修が覚醒して最強に?今後も強くなる?

この記事ではワールドトリガーの三雲修(みくもおさむ)が作中で覚醒する件について、その詳細や今後の展望などについて解説します。


三雲修はワールドトリガーの主人公ながらお世辞にも強いキャラではなく、特にボーダー隊員としては致命的なほどにトリオン量が少ないです。

それもあってB級ランク戦でも苦戦していましたが、あるきっかけを境に覚醒しました。


まずは三雲修が作中で覚醒したシーンから見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 三雲修が覚醒したきっかけ
  • 三雲修の今後の強さの展望


※この記事はワールドトリガーのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。


ワールドトリガーの関連記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

ワールドトリガーの三雲修が覚醒して最強に?きっかけは木虎藍!

三雲修が作中で覚醒したきっかけは漫画14巻の第122話で、嵐山隊の木虎藍(きとらあい)のアドバイスです。

当初三雲修は「自分も部隊の戦力として得点できるようにならなければ」と考えていましたが、短期間でいきなりパワーアップできるはずもなく悩んでいました。

そして嵐山隊にアドバイスを求めに行った際、(色々すったもんだはあったものの)木虎藍から教えを乞う形になります。

木虎藍は「三雲修をパワーアップさせる」のではなく、部隊のエースである「空閑遊真をより伸ばす」方向の戦術を伝授しました。それが「スパイダー」というトリガーです。

スパイダーがこの時点の三雲修にピッタリだった理由は下記のとおりです。

  • 消費トリオンが少ない
  • 一度設置すれば自分が落ちても味方の援護が可能
  • 雨取千佳の砲撃との相性が抜群
  • 空閑遊真の機動力との相性が抜群
  • 相手に当てる必要がない

特に「相手に当てる必要がない」ところがポイントで、短期間で何とかしないといけなかった状況においては正にピッタリの戦術でした。

このスパイダー戦術を取り入れてから三雲修が覚醒し、同時にこれが玉狛第二の鉄板戦術となりました。

スポンサーリンク

ワールドトリガーの三雲修がスパイダー(ワイヤー)戦術に覚醒!玉狛第二が一気にB級最強レベルへ!

木虎藍の「スパイダー(ワイヤー)」戦術のアドバイスを受け、その直後のROUND5でその戦術がいきなり炸裂しました。

三雲修の序盤の作戦としてはこうでした。

  • 開始直後に玉狛第二が合流
  • 三雲修がワイヤーを張りまくる
  • 空閑遊真のヒットアンドアウェイ
  • ワイヤー地帯から雨取千佳がレッドバレット狙撃で援護

そして他チームが「ひとまず玉狛第二を無視しよう」と決めますが、すかさず雨取千佳のアイビス(=砲撃)で建物がぶっ壊されていき、レッドバレットの射線が通るようになります。

しかし雨取千佳を倒しに行くためには三雲修が張りまくったスパイダーの網に入り込む必要があり、それは空閑遊真と雨取千佳のレッドバレットを同時に相手をすることを意味します。

この地獄の作戦に初見で当たった香取隊と柿崎隊が一番の犠牲者でしたね笑


結局この戦術が完璧にハマり、ROUND5では玉狛第二が大量7点を取ってB級上位入りします。

それ以降も三雲修のスパイダー戦術は各部隊から警戒されるほど脅威となり、玉狛第二の大躍進の原動力となりました。

スポンサーリンク

ワールドトリガーの三雲修の覚醒は今後も続く?

今回の三雲修の覚醒のきっかけは「スパイダー」を取り入れたことで、その特性は勿論、消費トリオンが少ないところも三雲修にピッタリでした。

というのも三雲修のトリオン量はボーダーの戦闘員の中でワースト1位であり、既に現在のトリガー設定でカツカツの状態です。

よって新しいトリガーを取り入れようにもトリオン量の問題でできず、今回のスパイダーを取り入れるぐらいが限界でした。


よって今後さらに三雲修が覚醒するとしたら、新トリガーよりも先にトリオン量をどうにかするのが先決となります。

スポンサーリンク

ワールドトリガーの三雲修の次の覚醒は?今後トリオン量は増える?

基本的にトリオン量は先天的なもので、多い少ないは才能の差とも言えます。

ただし鍛えれば(=トリオンを使い続ければ)トリオン器官も発達し、トリオン量も増えます

実際木虎藍もボーダー入隊当初はトリオン量が少なくて苦労していますが、今現在は「平均の範囲内」と言っていることからもトリオン量が増えたことを意味します。


今後三雲修もトリオンを使いまくっていればトリオン量が増え、今よりも戦術が広がる可能性はあります。

次の三雲修の覚醒はトリオン量が平均並になってからかもしれませんね。

スポンサーリンク

「ワールドトリガーの三雲修が覚醒して最強に?今後も強くなる?」まとめ

今回はワールドトリガーの三雲修(みくもおさむ)が作中で覚醒する件について、その詳細や今後の展望などについて解説しました。

三雲修の覚醒イベントはワールドトリガーの作中でも熱いシーンの一つでした。

やはり作者自身が「持たざるメガネ」と語る三雲修が強者と渡り合う姿は熱くなりますね☆


ワールドトリガーの関連記事はこちらもどうぞ

→三雲修のサイドエフェクトは?

ワールドトリガーのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

ワールドトリガーの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました