【スパイファミリー】ヨルがかわいい!美人な殺し屋の髪型も解説!

【スパイファミリー】ヨルがかわいい!美人な殺し屋の髪型も解説!(C)遠藤達哉/集英社

この記事ではSPY×FAMILY(スパイファミリー)のヨルのかわいいシーンや要素、特徴的な髪型の構造などについて解説します。

ヨルは作中において「いばら姫」という異名を持つ凄腕の殺し屋です。

一方で普段の顔はド天然の不思議系女子で、数々のかわいいシーンが描かれています。

まずは作中のヨルのかわいいシーンについて見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • ヨルのかわいいシーン一覧
  • ヨルの髪型の構造

※この記事はSPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のその他の関連記事はこちらからどうぞ

スパイファミリーの解説&考察

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルのかわいいシーン一覧!あまりに美人な殺し屋!

スパイファミリーの作中で、ヨルはロイドの妻として描かれています。

ただこれはロイドとヨルがお互いの利害が一致したが故に結婚したからで、事実上の仮面夫婦です。

作中ではそんなヨルのかわいいシーンが数多くあるので、順番に見ていきましょう☆

性格がおっとり&天然でかわいい

ヨルの性格がおっとり&天然でかわいい(C)遠藤達哉/集英社

ヨルは初登場時からそのおっとり&ド天然な性格が描かれています。

ヨルの職場の女子職員達は自分達の課長への陰口やら世間話やらで盛り上がっている中、ヨルだけは独特の世界観を持った存在です。

何しろヨルが淹れていたコーヒーに女子社員が「それ課長のコーヒー?ハナクソ入れちゃう?」と冗談で言ったら「ハナクソを入れると美味しくなるのですか?」と真顔で聞き返すくらいです笑

またマイペースかつ天然なので職場の女子社員達からイジられていることにすら気づいていません。

この天然なところがヨルのかわいい要素の一つですね。

実はスタイル抜群

実はヨルはスタイル抜群(C)遠藤達哉/集英社

ヨルの大きな特徴として、その抜群過ぎるスタイルがあります。

先述のとおりヨルは普段、浮世離れした天然さを見せており、更に容姿や装いにそこまで気を使っていません。

また職場の同僚が「元がいいんだからオシャレしたら絶対モテる」と口にしていることからも、普段は地味な印象で通っているようです。

一方で本業の殺し屋の仕事の時には「いばら姫」としてセクシーな装いで「仕事」をこなすため、このギャップが人気となっています。

アホの子でかわいい

ヨルがアホの子でかわいい(C)遠藤達哉/集英社

ヨルはド天然であるが故、作中ではかなりのアホの子として描かれています笑

作中ではロイドの任務の残党に追い回されてカーチェイスを繰り広げるシーンがありますが、「精神科医」という設定のロイドがこのカーチェイスについて

  • カーチェイスを仕掛けているのは患者
  • 患者のヒステリーが治まっていないだけ

というアホな説明をしていましたが、ヨルは一瞬で信じていました笑

こんなどうしようもない嘘でもすぐに信じてしまうのがヨルのかわいいところですね。

攻撃力は凶悪

ヨルの攻撃力は凶悪(C)遠藤達哉/集英社

ヨルは幼い頃から殺人術を叩き込まれてきた凄腕の殺し屋で、作中では幾度となく「お客様(=ターゲット)」を片付けています。

特に刃物などの鋭利な武器の扱いに長けており、さらには素手でも十分殺人レベルの破壊力を出します。

作中ではヨルの攻撃力が分かるシーンとして、

  • 後ろ回し蹴りで大の男を10メートルほど吹き飛ばす
  • 牛の秘孔を突いて昏倒させる
  • カボチャを素手の抜き手でぶち抜く
  • 車を蹴りで吹き飛ばす
  • テニスのサーブが速すぎてボールをガットに沿ってバラバラに切断
  • 手加減したサーブが音速を超える

などなど、戦闘能力や身体能力だけで言えば間違いなくロイドすらも凌駕しています笑

そして大概これらの人外の能力を見せた後はいつものオロオロした様子を見せており、このギャップがかわいいと言われる所以ですね。

刃物を見るとたまらなくなる

ヨルは刃物を見るとたまらなくなる(C)遠藤達哉/集英社

作中ではロイドがヨルとアーニャを連れて街に出かけるシーンが何度かあり、そのたびにヨルのズレた感性が表に出ています。

ヨルはオペラなどの芸術には一切の興味を見せない一方で、

  • 美術館の断頭台の絵にうっとり
  • レストランのナイフにうっとり

など、ロイドがイーデン校の入学試験を早々に諦めかける天然っぷりを見せていました。

特にナイフを夢中でいじるヨルがかわいいやら怖いやらのシーンでしたね笑

キスを拒絶する姿がかわいい(?)

ヨルがキスを拒絶する姿がかわいい(?)(C)遠藤達哉/集英社

ロイドとヨルはあくまで仮面夫婦であるため、お互いに恋愛感情がある状態で結婚したわけではありません。
→ロイドとヨルは仮面夫婦?本当の関係は?

一方で作中ではフォージャー家を訪れたヨルの弟・ユーリに「2人が愛し合っている」という証拠を見せるためにキスしようとするシーンがあります。

ロイドはこれまでにスパイの仕事柄、数多くの女性と関係を持ってきたので何のこともない話ですが、男性経験ゼロのヨルにとって男性とのキスは大事件です。

結局この時はヨルの羞恥心が勝って、反射的に出た左の平手打ちがユーリの頬に入ってしまい、格ゲーのように空中できりもみしながら吹き飛びました。

恥ずかしがる姿がかわいい一方、攻撃力が凶悪過ぎるために周りの人間は命がけですね笑

料理の特訓を頑張る姿がかわいい

ヨルが料理の特訓を頑張る姿がかわいい(C)遠藤達哉/集英社

ヨルはお片付け(殺し屋的な意味での)以外の家事はほぼできず、中でも料理の腕は壊滅的です。

その料理のセンスは長年一緒に住んでいたユーリが幾度となく死にかけているほどで、作中でもヨルの料理を一口食べただけで何人か倒れています笑
→ユーリとヨルの関係の詳細を見る

このことをヨル自身も気にしており、漫画5巻の第24話では同僚のカミラに料理を習っていました。ヨルはこの料理教室の中で

  • ピーラーで自分の指ごと削る
  • 肉を糸状に切断
  • 野菜をまな板ごと切断

という相変わらずのドジっ子ぶりと攻撃力を見せつつ(笑)、本人は大真面目に料理を練習していました。

そのひたむきな姿がかわいい名シーンでしたね。
→ヨルの殺人的な料理の腕を見る

テニスのサーブの掛け声がかわいい

ヨルのテニスのサーブの掛け声がかわいい(C)遠藤達哉/集英社

漫画6巻の第34話ではヨルとフィオナがテニスをするシーンがあります。この時のヨルは「えいっ」というかわいい掛け声と共にサーブを打っています。

実はこのサーブは2本目で、1本目は全力で振りすぎたためにボールがガットに沿ってバラバラに避けてしまいました。

ちなみにヨルがかわいい掛け声と共に放った2本目のサーブは音速を超え軌道に沿って衝撃波を発生させて地面をめくり上げながらフィオナに向かっていきます。

 

ヨルのサーブは音速を超える(C)遠藤達哉/集英社

夜帷(とばり)ことフィオナは執念でこのサーブに合わせるも、結局ラケットが耐えきれずにガットとフレームががバラバラになります。

なんかもうテニスの王子様の波動球のレベルですね笑

恥ずかしがる姿がかわいい(?)

ヨルが恥ずかしがる姿がかわいい(?)(C)遠藤達哉/集英社

スパイファミリーの作中では先程のキスを恥ずかしがってユーリを数メートルぶっ飛ばしたシーンに加え、ヨルがロイドとの関係で恥ずかしがるシーンが幾度となくあります。

ヨルが酒に酔ってフィオナへの嫉妬心を顕にしたシーンでは、ロイドがその感情を察してヨルの手を握って迫りますが、ヨルは恥ずかしさのあまり前蹴りでロイドを空中高く蹴り上げてしまいます。

恥ずかしがる表情がかわいい一方で、この攻撃力がいつも目を引きますね笑

ちなみにこのシーンはヨルのロイドへの恋心も見え隠れする名シーンでしたが、この前蹴りによりロイドはヨルの本心が益々分からなくなって混乱していました。

しかしどんだけ恥ずかしくても足を出すのはいかがなもんかと笑

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルの髪型がかわいい!どういう構造?

【スパイファミリー】ヨルの髪型がかわいい!どういう構造?(C)遠藤達哉/集英社

ヨルの髪型は両耳のあたりから長いおさげのようにしている独特の形をしており、どうやってこのヘアスタイルを作るのかが漫画3巻の巻末で解説されています。

  • (当初案)髪を2つに分けて耳の前に持ってきてヘアバンドで固定
  • (現状)髪を2つに分けて頭頂部で交差させてヘアバンドで固定

どっちの設定も相当無理がありますが、髪が長い方は是非試してみてください笑

スポンサーリンク

「【スパイファミリー】ヨルがかわいい!美人な殺し屋の髪型も解説!」まとめ

今回はSPY×FAMILY(スパイファミリー)のヨルのかわいいシーンや要素、特徴的な髪型の構造などについて解説しました。

ヨルはスパイファミリーのヒロイン枠のキャラであり、作中では数多くのかわいいシーンが登場します。

今後のロイドとのズレ漫才も含めた展開が楽しみですね☆

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のその他の関連記事はこちらからどうぞ
→ロイドとヨルは仮面夫婦?本当の関係は?

→ヨルのピアスは実際に売ってる?

→ヨルの殺人的な料理の腕を見る

スパイファミリーの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました