とんがり帽子のアトリエのアガットの家族や過去を解説!図書の塔の司書の家系!

この記事ではとんがり帽子のアトリエのアガットの家族や過去を解説していきます。

アガットとは、キーフリーに弟子入りしている少女の1人です。

そんな彼女はアークロム家の人間なのですが…

まずはそんなアガットのプロフィールからみていきましょう☆

この記事で分かること
  • アガットのプロフィール
  • アガットの家族や過去

※この記事はとんがり帽子のアトリエのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

とんがり帽子のアトリエの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

とんがり帽子のアトリエの解説&考察

とんがり帽子のアトリエのアガットのプロフィール!年齢や身長、体重は?

とんがり帽子のアトリエのアガットのプロフィール!年齢や身長、体重は?(C)白浜鴎/講談社

年齢10歳↑
身長不明
体重不明
誕生日7月8日

アガットはキーフリーの弟子の1人である少女です。

黒髪・ショートカットにパーマがあたった髪型が印象的で、目はパッチリしていますがツリ目気味です。

主人公であるココが魔法使いキーフリーの弟子になることを認めず、キーフリー不在の時をみてココに試練を与えたりしていました。

そんなアガットは、自分にも他人にも厳しいとても不器用な子なんです。

とんがり帽子のアトリエのアガットの家族や過去を解説!

ここではアガットの家族や過去を解説していきます。

アガットの家族は一体どういう人たちなのでしょうか。

アガットは「図書の塔」の司書を務めるアークロム家の生まれ!(漫画3巻の第14話)

アガットは「図書の塔」の司書を務めるアークロム家の生まれ!(漫画3巻の第14話)(C)白浜鴎/講談社

アガットの一族である「アークロム家」は、代々図書の塔の司書を務めているエリート一族です。

その中でアガットは出来が悪かったのか疎外されていたようです。

このような過去のこともあり、アガットは生半可な気持ちで魔法を勉強していないのです。

アガットはアークロム家を出てキーフリーの弟子になる!

アガットはアークロム家を出てキーフリーの弟子となります。

なぜアガットは名家であるアークロム家も出てしまったのでしょうか。

実は彼女の壮絶な過去が理由となっているんです…。

アガットはお披露目会で他人の魔法を盗んだ?(漫画6巻の第33話)

アガットはお披露目会で他人の魔法を盗んだ?(漫画6巻の第33話)(C)白浜鴎/講談社

ココは偶然昔のアガットを知るロロガと出会います。

ロロガはココがアガットと同じアトリエの人物だと知ると、「アガットには気をつけろ」と忠告するのです。

その理由は…昔アガットはお披露目会で他人の魔法を自分の物と偽って披露したから、というものでした。

それを聞いたココは信じていませんでしたが、偶然居合わせたアガットは青ざめていました。

アガットの罪は濡れ衣だった!(漫画11巻の第60話)

アガットの罪は濡れ衣だった!(漫画11巻の第60話)(C)白浜鴎/講談社

銀夜祭でアガットは、再びロロガと出会います。

ロロガは前回同様アガットを馬鹿にしてきました。

それを聞いたアガットは、ロロガに向かって反論します。

そして言い合いの中で、ロロガは「自分がデマを流していたこと」「アガットへのひがみから、このようなことをしてしまったこと」を認めたのでした。

正々堂々と魔法で勝負すればよかったのに…憐れでしたね。笑

とんがり帽子のアトリエのアガットの目標は図書の塔の司書!

とんがり帽子のアトリエのアガットの目標は図書の塔の司書!(C)白浜鴎/講談社

アガットの目標は、図書の塔の司書です。

司書になるためにはすべての試験に合格しなければいけません。

しかし今のアガットでは実力不足であることから、人より倍練習をしているのです。

いつか図書の塔の司書になったアガットを見てみたいですね!

「とんがり帽子のアトリエのアガットの家族や過去を解説!図書の塔の司書の家系!」まとめ

この記事ではとんがり帽子のアトリエのアガットの家族や過去を解説しました。

アガットは名家・アークロム家の生まれで、図書の塔の司書になるために努力をしていることがわかりましたね。

アガットはとても頑張り屋さんなので、すぐに図書の塔の司書になれそうです!

とんがり帽子のアトリエの関連記事はこちらもどうぞ

→とんがり帽子のアトリエのアガットのかわいいシーンを見る

→とんがり帽子のアトリエのキャラクター(登場人物)一覧を見る

→とんがり帽子のアトリエの完結&最終回はいつ?

→とんがり帽子のアトリエは面白い?つまらない?評判を見る

とんがり帽子のアトリエの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました