スパイファミリーのハンドラー(シルヴィア)の正体!強さや名言も紹介!

スパイファミリーのハンドラー(シルヴィア)の正体!強さや名言も紹介!(C)遠藤達哉/集英社

この記事ではSPY×FAMILY(スパイファミリー)の管理官(ハンドラー)であるシルヴィアについて、その正体やプロフィール、名言についてご紹介します。

WISEの中では「ハンドラー」、外では「シルヴィア・シャーウッド」という名前で過ごしている彼女はロイドの上司で、WISEの中でも上の立場にいます。

しかしロイドと同様、その正体や詳しいプロフィールなどは不明です。

まずはそんなハンドラーことシルヴィアの詳細について見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • ハンドラー(シルヴィア)のプロフィールや強さ
  • ハンドラー(シルヴィア)の名言

※この記事はSPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のその他の関連記事はこちらからどうぞ

スパイファミリーの解説&考察

 

スポンサーリンク

スパイファミリーのハンドラー(シルヴィア)の正体は?

スパイファミリーのハンドラー(シルヴィア)の正体は?(C)遠藤達哉/集英社

まずは西国情報局の対東課「WISE」の管理官(ハンドラー)であるシルヴィアの正体やプロフィールについて見ていきましょう。

ちなみにロイドや夜帷(とばり)などと同様、シルヴィアもスパイであるが故に詳細情報は伏せられています。

ハンドラー(シルヴィア)の本名は?

管理官(ハンドラー)は作中では「シルヴィア・シャーウッド」という名前で紹介されており、また表の顔では東国にある西国大使館で勤務しているため、外向けではこの名前を使っています。

しかし何しろスパイなので本名を明かすことは絶対に無く、シルヴィアという名前も偽名でしょう。

その本名は作中では明らかになっておらず、スパイという職業柄、今後も明らかになることは無さそうです。

ハンドラー(シルヴィア)の年齢は?

管理官(ハンドラー)の年齢は明かされていません。これは彼女に限らず、ロイド(黄昏)やフィオナ(夜帷)も同様に年齢不詳です。

恐らく管理官(ハンドラー)の見た目と、後述するとおり戦争時には4~5歳の子供がいたことからも30代中盤~後半ぐらいではなかと思われます。

ハンドラー(シルヴィア)は独身?結婚歴は?

ハンドラー(シルヴィア)は独身?結婚歴は?(C)遠藤達哉/集英社

漫画4巻の第22話では管理官(ハンドラー)にかつて娘がいたことが明かされています。

ここでは管理官(ハンドラー)がアーニャを見ながら「私にもあれくらいの娘がいた」と過去形で語っていることから、東西の戦争で亡くしたと思われます。

現在管理官(ハンドラー)は独身ながら、恐らく戦争前に結婚して娘を授かるも家族をみんな戦争で亡くしたのでしょう。

作中でも管理官(ハンドラー)は平和を喜ぶシーンが何度かあり、それは戦争で全てを無くしたからこその言葉なんですね。

ハンドラー(シルヴィア)の強さは?

ハンドラー(シルヴィア)の強さは?(C)遠藤達哉/集英社

WISEの管理官(ハンドラー)である彼女は普段前線に出ることはなく、その戦闘能力や強さについては未知数です。

ちなみに作中ではブランツ外相を狙った爆弾テロを防止するために自らも現場に来ていました。

その中で捕らえたテログループの少年が傲岸不遜な態度だったことで、管理官(ハンドラー)は「ふむ」とか言いながらハイヒールで顔面を蹴りつけています

強さ云々というより「痛さ」を重視したエゲツない攻撃でしたね笑

ハンドラー(シルヴィア)の異名は「鋼鉄の淑女(フルメタルレディ)」!

ハンドラー(シルヴィア)の異名は「鋼鉄の淑女(フルメタルレディ)」!(C)遠藤達哉/集英社

管理官(ハンドラー)は普段から全くスキを見せず、威圧感たっぷりのその様子から「鋼鉄の淑女(フルメタルレディ)」という異名で恐れられています。

ロイドに対しては割とフランクな感じですが、WISEを統率する身としては威容のある雰囲気で通っているようです。

その一方で新品のコートのタグを外し忘れたままド真面目な話を続けるなど、意外に天然なところもあります笑

スポンサーリンク

スパイファミリーのハンドラー(シルヴィア)の名言一覧!

作中では管理官(ハンドラー)の名言がいくつもあるので、そのシーンと共にご紹介します。

先程お話したとおり戦争で家族を亡くしている経験からも、重い名言が多く登場しています。

「こんにちはあるいはこんばんは」

「こんにちはあるいはこんばんは」(C)遠藤達哉/集英社

管理官(ハンドラー)の挨拶は文面でも対面でも、必ず「こんにちはあるいはこんばんは」で始まります。

ちなみにいこれはWISE特有の挨拶のようで、漫画1巻の第1話でロイドもエドガーに銃口を向けながらこの挨拶を放っていました。

昼夜を問わず四六時中仕事漬けのスパイならではの挨拶ですね。

「大学では「戦争」を習わなかったようだなボウヤたち?」(4巻の第20話)

「大学では「戦争」を習わなかったようだなボウヤたち?」(4巻の第20話)(C)遠藤達哉/集英社

漫画4巻の第20話では爆弾テロの学生グループの一部を拘束するシーンがあり、一向に主犯の居場所やテロの詳細を明かさない学生に管理官(ハンドラー)が問いかけます。

  • 人を殺したことはあるか?
  • 誰かに殺されたことは?
  • 砲撃で手足がちぎれたことは?
  • 骨が砕かれる音を聞いたことは?
  • ただれる肉の臭いを嗅いだことは?
  • 目の前で親兄弟が崩れた家に潰されるのを見たことは?
  • 恋人の肉片が壁にへばりついているのを見たことは?
  • 飢えて木の皮にかじりついたことは?
  • 人間の肉を鍋で煮たことは?
  • 敵を殺し続けて心を病み、後悔と恥辱に涙しゲロを吐いて自ら命を絶った者が身近にいたことは?

これらの質問は管理官(ハンドラー)が戦争で実際に経験してきたことで、想像もしたくないほどの地獄だったことが伺えます。

そしてここまで聞いて押し黙った学生たちに対し、「大学では「戦争」を習わなかったようだなボウヤたち」と言いながら銃口を向けていました。

戦争経験者だからこその重い名言ですね。

「今日が平和で何よりだ」(4巻の第22話)

「今日が平和で何よりだ」(4巻の第22話)(C)遠藤達哉/集英社

漫画4巻の第22話で、爆弾テロを防いだ後の管理官(ハンドラー)の名言です。

アーニャを見てかつての自分の娘の姿を思い出しながら「今日が平和で何よりだ」と口にしていました。

やっていることは汚れ仕事ですが、本気で東西の戦争を止めるために尽力していることが分かる名言でしたね。

「何言ってんだこいつ?」(7巻の番外編⑤)

(C)遠藤達哉/集英社

漫画7巻の番外編では普段の管理官(ハンドラー)と黄昏(ロイド)の近況報告の様子が描かれています。

敵国内でのスパイ活動においては常に監視が付いているような状態で、会合すらも命がけです。

そんな命がけの会合でのロイドの報告が

  • 娘が跳び箱の2段を跳べるようになった
  • 縄跳びも5回連続で跳べるようになった

というもので、管理官(ハンドラー)は無表情のまま「何言ってんだこいつ・・?」となっています。

オペレーション「梟(ストリクス)」においてアーニャの存在は非常に大事ではありますが、コレは単なる育児報告ですね笑

スポンサーリンク

「スパイファミリーのハンドラー(シルヴィア)の正体!強さや名言も紹介!」まとめ

今回はSPY×FAMILY(スパイファミリー)の管理官(ハンドラー)であるシルヴィアについて、その正体やプロフィール、名言についてご紹介しました。

管理官(ハンドラー)は色々と謎が多いものの、ロイドにとって頼れる上司です。

今後も彼女の登場や活躍が楽しみですね☆

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→WISEのメンバー一覧を見る

スパイファミリーの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました