推しの子の魂のない子とは?実は死産の予定だった?

この記事では【推しの子】の「魂のない子」の意味や謎の少女との関係について解説します。

推しの子は芸能界が舞台のサスペンス系作品ですが、転生などのファンタジー要素も含んでいます。

そして作中に登場する謎の少女がこの辺りについて気になる発言をしており、物語の大きな謎の一つになっています。

まずは謎の少女が言っていた「魂のない子」について詳しく見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • 推しの子の「魂のない子」とは?
  • 推しの子の少女の謎について

※この記事は【推しの子】のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

【推しの子】の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

【推しの子】の解説&考察

推しの子の「魂のない子」とは?アイの死産説の真相は?

まずは作中で登場する謎の少女が発言した「魂のない子」という言葉について詳しく見ていきましょう。

推しの子は基本的に現実に即した内容ですが、このような伏線や謎も多く散りばめられていますね。

謎の少女がアイの子供を「魂のない子」発言(漫画8巻の第75話)

謎の少女がアイの子供を「魂のない子」発言(漫画8巻の第75話) (C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

漫画8巻の第75話の最後では謎の少女がカラスと共に登場しており、次のように発言していました。

神様はきっと優しいよね
真の意味で母を得られなかった2人と
魂の無い子を産んだ母親を導いてあげた

真の意味で母を得られなかった2人」というのはゴローさりなのことで、「魂の無い子を産んだ母親」とは星野アイのことでしょう。

この時点で色々と謎が浮かんできますね。

  • この少女は何故ゴローのとさりなの家庭の事情を知っているのか?
  • この少女は何故アイの出産の詳細を知っているのか?
  • この少女は何故ゴローとさりなの転生のことを知っているのか?
  • この少女は何者?

今のところ全てが謎のままですが、今後物語が進むにつれて明らかになるかもしれませんね。

アイは本来死産の予定だった?

先述のとおり謎の少女が「魂の無い子」という発言をしたことから、言葉の意味的に

星野アイの子供は死産の予定だった

と考えられます。

しかしその子供(双子)にゴローとさりなの魂が宿ったことで、現在のアクアとルビーが生まれたということでしょう。

 

ちなみに漫画1巻の第1話でゴローがアイを診察した際にも「アイの体型だと骨盤の開きが足りないかも」「帝王切開の可能性が高い」と口にしており、母体にも赤子にもかなり負担が大きい出産だったと思われます。

推しの子の少女が「魂のない子」のことを知っていたのは何故?

次にそもそも謎の少女が何故「魂の無い子」などの誰も知り得ないことを知っていたのかについて見ていきましょう。

この少女はアクアとルビーの転生のことまで知っており、作中でもあまりにも人間離れした存在なのです。

少女は転生や魂のない子のことを何故か知っていた

少女は転生や魂のない子のことを何故か知っていた(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

先程ご紹介したとおりこの少女は「真の意味で母を得られなかった2人」「魂の無い子」という発言をしています。

つまりこの少女はゴロー、さりな、アイのことを知っていたのは勿論、

  • ゴローは母親を亡くしていた
  • さりなの今際の際に両親が来なかった
  • アイの子供は元々魂が無かった
  • ゴローとさりなが転生した

ということまで知っていたことになるのです。

普通に考えてこんなことを知っている時点で人間とは思えませんね・・

少女は芸能の神「天鈿女命(アメノウズメノミコト)」?

天鈿女命(アメノウズメノミコト)の名前が意味ありげに登場(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

この少女が登場したのはアクア達が宮崎県の都城を訪れた時で、漫画8巻の第74話では芸能の神様として「天鈿女命(アメノウズメノミコト)」の名前が意味ありげに出てきました。

先程お話したとおり謎の少女は人間が知り得ないことまで把握していたため、もしかしたら「天鈿女命」の化身なのかもしてませんね。

ちなみにこの神様は荒立神社に祀られており、漫画8巻の第80話でアクア達はこの神社にお参りに行っています。

アクアは神を信じている?(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

また作中ではあの現実主義なアクアがオカルトについて「中には真実もあると思ってる」と口にしていました。

これはアクア自身が転生を経験しているからこその見解でしょうが、この台詞は「天鈿女命」の化身の存在も暗示していたのかもしれませんね。

「それ以上の意味」とは?

推しの子の「それ以上の意味」とは?(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

謎の少女は漫画8巻の第75話での発言の最後に、

もしかしたら
それ以上の意味があるのかもだけど

とも口にしていました。

これは「アクアとルビーがアイの双子として転生したのは神様の善意だけではない」ということで、神様には別の目的があったことを暗示しています。

神様が人間を使って一体何をしようとしていたのか、今後の展開が楽しみですね。

「推しの子の魂のない子とは?実は死産の予定だった?」まとめ

今回では【推しの子】の「魂のない子」の意味や謎の少女との関係について解説しました。

謎の少女の存在は作中随一の謎の一つで、一つ一つの発言の意味が気になるところです。

今後これらの謎や伏線が明らかになるのが楽しみですね☆

 

【推しの子】の関連記事はこちらもどうぞ

→推しの子のキャラ&登場人物一覧を見る

【推しの子】の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました