ブルーロックのカイザーの能力や技がヤバい!ドイツの超新星!

この記事ではブルーロックのミヒャエル・カイザーのプロフィール能力、技をご紹介していきます。

ミヒャエル・カイザーはドイツのクラブチーム「バスタード・ミュンヘン」のFWであり、糸師冴と同じ新世代11傑の1人です。

またドイツ棟で潔世一と一緒にプレーをすることになりますがマウント癖がひどく、チームの雰囲気を壊してしまっています。

まずはミヒャエル・カイザーのプロフィールをみていきましょう。

この記事で分かること
  • ミヒャエル・カイザーのプロフィール
  • ミヒャエル・カイザーの能力
  • ミヒャエル・カイザーの技

※この記事はブルーロックのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

ブルーロックの解説&考察

ブルーロックのカイザーのプロフィール!身長、体重、誕生日、声優など

ブルーロックのカイザーのプロフィール!身長、体重、誕生日、声優など(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

身長、体重不明
誕生日不明
所属チームバスタード・ミュンヘン
必殺技カイザーインパクト
声優不明

ミヒャエル・カイザーはミディアムヘアの後ろに異様に伸びた2本の髪を垂らし、上半身の左手首から首筋にかけて薔薇のタトゥーを施している美青年です。

しかし性格はかなりやばく、自分が格下だと思った相手には「クソ○○」と言って挑発します。

また度が過ぎるほどマウントを取りたがり、潔世一たちを困らせていました。

新世代11傑はひねくれた人が多いのでしょうか…。笑

ブルーロックのカイザーの能力や技、シュートについて解説!

ここからはミヒャエル・カイザーの能力や技をご紹介していきます。

新世代11傑に選ばれたFWなだけあって、その能力はレべチです。

カイザーは身体能力の化物!

カイザーは身体能力の化物!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

ミヒャエル・カイザーは初登場時に、潔世一が放ったシュートを狙って、シュートを当ててきました。

その神業をみて潔世一は驚きを隠せないでいましたね…。

またミヒャエル・カイザーは身体能力だけでなく、ボールコントロール力にも非常に優れているんです。

その類まれな才能は世界一のストライカーとして名を馳せており、ノエル・ノアも一目置いています。

カイザーは「バスタード・ミュンヘン」のU-20の11傑!

カイザーは「バスタード・ミュンヘン」のU-20の11傑!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

先ほどもいいましたが、ミヒャエル・カイザーは新世代世界11傑に選ばれている選手です。

糸師冴も新世代世界11傑に選ばれているので、ほかの新世代世界11傑のメンバーも2人のようにひねくれているのでしょうか…。笑

今後新世代世界11傑の選手が全員登場するかもしれないので、その内訳が楽しみですね!

「カイザーインパクト」の威力は世界屈指!?

「カイザーインパクト」の威力は世界屈指!?(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

新英雄大戦では、ミヒャエル・カイザーが自分の必殺技であるカイザーインパクトを繰り出します。

ゴールまでのボールさばきや立ち回りは潔世一が理想としていたものそのものでした。

この技に関して、ノエル・ノアはこのように解説しています。

全身のバネを全集中させて繰り出される

不利の速さだけなら世界一だ

まさしくミヒャエル・カイザーは、潔世一の理想をこえた人物だったのです。

ブルーロックのカイザーはマウント癖あり!潔を「道化(クソピエロ)」呼ばわり!

ブルーロックのカイザーはマウント癖あり!潔を「道化(クソピエロ)」呼ばわり!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

ミヒャエル・カイザーは潔世一と出会うなり、「世一」と呼び捨てでよび近寄ります。

そして仲良くするかと思えばいきなり暴言を吐きだし、極めつけに潔世一に向かってこう言いました。

自らを主役と勘違いした 憐れな道化(ピエロ)だ

ちなみにこのあと指導者のノエル・ノアからマウント癖を治せと叱られています。

ブルーロックのカイザーのモデル選手とは?現実に存在する?

ミヒャエル・カイザーのモデル選手は、バイエルン・ミュンヘン所属ロベルト・レバンドフスキ間違いないと思います。

(ミヒャエル・カイザーの所属チームはバスタード・ミュンヘンです笑)

ロベルトもFWであり、パスを受けてからシュートに至るまでが実にスムーズであることが武器なんです。

「ブルーロックのカイザーの能力や技がヤバい!ドイツの超新星!」まとめ

この記事ではブルーロックのミヒャエル・カイザーのプロフィール能力、技をご紹介しました。

潔世一はミヒャエル・カイザーを超えることができるのでしょうか。

またミヒャエル・カイザーはトップを守り切れるのでしょうか。

今後の2人の関係に注目です!

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

ブルーロックの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました