ブルーロックの國神練介が脱落?敗者復活(ワイルドカード)の結果をネタバレ解説!

この記事ではブルーロックの國神錬介(くにがみれんすけ)が脱落したという噂の真相や、敗者復活(ワイルドカード)の結果をご紹介します。

國神錬介はブルーロックの中でも良心と言える存在で、「サッカーでヒーローになる」という夢を抱いています。

そんな國神錬介ですが、二次選考で脱落してしまったという噂が流れていることがわかりました。

まずは國神錬介が本当に二次選考で脱落したのか、みていきましょう!

この記事で分かること
  • 國神錬介が二次選考で本当に脱落したのかどうか
  • 國神錬介の、脱落してから敗者復活までの過程

※この記事はブルーロックのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

ブルーロックの解説&考察

ブルーロックの國神練介(くにがみ れんすけ)が二次選考で脱落?

結論から言うと、國神錬介は二次選考で脱落してしまいます。

ではどういった経緯で國神錬介は脱落してしまったのでしょうか。

早速詳しく見ていきましょう!

國神練介(くにがみ れんすけ)が二次選考で敗退!

國神練介(くにがみ れんすけ)が二次選考で敗退!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

二次選考で國神錬介は1stステージをなんなく突破します。

そしてそのあとは千切豹馬、御影玲王とチームを組み、潔世一・凪誠士郎・馬狼照英と3rdステージで対戦することになりました。

國神錬介はその対戦で敗北してしまい引き抜かれなかったため、もうあとがない2ndステージに御影玲王と降格します。

そして次の対戦相手は士道龍聖と五十嵐栗夢に決まり、國神錬介は五十嵐栗夢が「青い監獄」の中でも弱い選手だったので勝てるだろうと高をくくっていたのですが…

勝利をつかんだのは…士道龍聖と五十嵐栗夢だったのです。

士道龍聖が國神練介(くにがみ れんすけ)を選ばず!

士道龍聖が國神練介(くにがみ れんすけ)を選ばず!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

極めつけに士道龍聖は、引き抜く選手に御影玲王を選びます。

(正直ここで御影玲王を選んだのは意外でした。笑)

自分を壊せない人間に 爆発は起こせないぜ

士道龍聖はこう吐き捨て、國神錬介は退路をたどるのでした…。

ブルーロックの國神練介(くにがみ れんすけ)は二次選考で脱落して終了?敗者復活(ワイルドカード)とは?

國神錬介は退路をたどっている最中、ずっと自分の敗因について考えていました。

ここで國神錬介は脱落してしまうのか…と思われたそのとき!

突然2つの分かれ道が現われたのです。

國神練介(くにがみ れんすけ)は脱落後に敗者復活(ワイルドカード)へ

國神練介(くにがみ れんすけ)は脱落後に敗者復活(ワイルドカード)へ(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

突如現れた2つの分かれ道には、「SELECT(選べ)」の文字が。

不思議に思った國神錬介が顔をあげると、2つの道の先には違った扉がありました。

1つは出口、もうひとつは〝敗者復活(ワイルドカード)〟への『入口』だったのです。

これ以降國神錬介は漫画6巻分出番がなかったため、どちらを選んだのか明らかになっていませんでした。

しかし漫画17巻第149話で再登場した際に、國神錬介がどちらを選んだのか判明します。

國神練介(くにがみ れんすけ)が唯一、敗者復活(ワイルドカード)を勝ち抜く!

國神練介(くにがみ れんすけ)が唯一、敗者復活(ワイルドカード)を勝ち抜く!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

漫画17巻第149話で、國神錬介は開く〝敗者復活(ワイルドカード)〟の扉とともに再登場します。

國神錬介が選んだ扉は、〝敗者復活(ワイルドカード)〟への扉だったのです!

〝敗者復活(ワイルドカード)〟をみごと勝ち抜いた唯一の人間である國神錬介は、正規ルートで勝ち上がった選手をはるかに超える実力を身に着けていました…!

「ブルーロックの國神練介が脱落?敗者復活(ワイルドカード)の結果をネタバレ解説!」まとめ

この記事ではブルーロックの國神錬介(くにがみれんすけ)が脱落したという噂の真相や、敗者復活(ワイルドカード)の結果をご紹介しました。

なんと國神錬介は脱落したものの、敗者復活(ワイルドカード)を勝ち抜いて生き返ることができました!

敗者復活(ワイルドカード)ではどんなことが行われていたのか、気になって仕方がありませんね…!!

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

ブルーロックの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました