ブルーロックの糸師凛と潔世一の関係とは?腐女子にも人気のコンビは永遠のライバル!

この記事ではブルーロックの糸師凛(いとしりん)と潔世一(いさぎよいち)の関係をご紹介していきます。

糸師凛と潔世一のコンビは、なんと腐女子と呼ばれるファンから人気があります。笑

この2人は絶対に混ざらない関係でしたが、一緒にプレーしていくうちに宿敵(ライバル)になりました。

では早速2人の関係について詳しくみていきましょう!

この記事で分かること
  • 糸師凛と潔世一の関係
  • 糸師凛と潔世一コンビは腐女子にも人気があるのかどうか

※この記事はブルーロックのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

ブルーロックの解説&考察

ブルーロックの糸師凛(いとしりん)と潔世一(いさぎよいち)の関係!

糸師凛は青い監獄(ブルーロック)の現トップランカーであるため、潔世一は強く意識をしています。

一方糸師凛はというと…他のプレイヤーには目もくれず、兄・糸師冴のことばかり考えていました。

しかし選別を勝ち抜いていくうちに糸師凛も潔世一を意識するようになります…。

二次選抜の初戦では凛が圧倒的すぎた!

二次選抜の初戦では凛が圧倒的すぎた!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

二次選考で2人は初めて対戦します。

糸師凛は蟻生十兵衛・時光青志とチームを組んでおり、潔世一は蜂楽廻・凪誠士郎とチームを組んでいました。

糸師凛のチームは二次選考の1stステージを1,2,3位で勝ち抜いた人物が集まったチームであり、2つのチームの実力差は圧倒的でした。

試合中、糸師凛は潔世一に「人間の目ん玉がついてるか、ぐらいから勉強しなおしてこい、クズ」と言っており、一方潔世一は糸師凛のシュートに見とれていました。笑

そして試合終了後、糸師凛のチームは潔世一を選ばず蜂楽廻を引き抜きます。

ここでは糸師凛は、まだ潔世一を意識していないことがわかりますね。

二次選抜の再戦では潔が進化を見せる!

なんとか二次選考を勝ち抜いてきた潔世一は、4thステージで再度糸師凛と対戦します。

潔世一は糸師凛に威勢を張るも、糸師凛は全く相手にしていません。

二次選抜の再戦では潔が進化を見せる!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

しかし潔世一の並外れた空間認識能力で糸師凛の動きをよみ、バックヒールショットでゴールを決めました。

同点に追いつかれた糸師凛はようやく本気を見せはじめ、蜂楽廻のシュートをブロックした流れ球をうまく利用し最後の1点を獲得します。

またしても勝負に勝ったのは、糸師凛でした。

二次選抜の再戦では潔が進化を見せる!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

ぶっ潰したい人間が1人増えたぜ…クソが…

こういうと、糸師凛はなんと潔世一を引き抜くことを決めました。

この戦いで糸師凛はようやく潔世一の実力に気づいたようですね。

U-20戦で凛が潔をライバル認定!!

U-20戦で凛が潔をライバル認定!!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

それからU-20代表戦で2人は同じチームで共闘することになります。

相手チームには糸師冴がおり、糸師凛は敵意をむき出しにして戦いました。

そして糸師凛は始めて糸師冴からボールを奪い、潔世一がゴールを決めます。

試合終了後、糸師冴は糸師凛を認めたと思われましたが、なんと糸師冴が認めたのは潔世一でした。

このことをきっかけに、糸師凛は潔世一を宿敵(ライバル)としてみるようになりました。

ブルーロックの糸師凛(いとしりん)と潔世一(いさぎよいち)のコンビは腐女子にも人気?

https://twitter.com/flan_framboise/status/1466422441983500296

調べてみたところ、やはり2人の関係性が好きという人は多いようですね。

これからの2人のバチバチの戦いにも目が離せませんね!

今回はあまり見つかりませんでしたが、アニメがはじまったらファンアートも増えてきそうです…!

鬼滅の刃もアニメを機に人気が爆発したので、きっとブルーロックも同じ道をたどるでしょう。

「ブルーロックの糸師凛と潔世一の関係とは?腐女子にも人気のコンビは永遠のライバル!」まとめ

この記事ではブルーロックの糸師凛(いとしりん)と潔世一(いさぎよいち)の関係をご紹介しました。

潔世一と糸師凛の関係性は、いいライバル、そしていい起爆剤ですね。

果たして糸師凛は潔世一に復讐できるのか、楽しみです。

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

→ブルーロックの糸師凛(いとしりん)の覚醒シーンを見る

→ブルーロックの糸師凛(いとしりん)と糸師冴(いとしさえ)の関係を見る

ブルーロックの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました