シャドーハウスのエミリコはサーカス団にいた?過去の記憶を解説!

シャドーハウスのエミリコはサーカス団にいた?過去の記憶を解説!

記事内に広告が含まれています

シャドーハウスのエミリコはサーカス団だった?過去の記憶を解説!(C)ソウマトウ/集英社

この記事ではシャドーハウスのエミリコが元々サーカス団にいたことや、過去の記憶について解説します。

エミリコは物語当初から「シャドーハウスの生き人形」として登場しており、ずっとケイトの側についています。

しかし作中では、実はエミリコが元々サーカス団に所属していたことが明らかになりました。

まずはエミリコがサーカス団にいた頃のエピソードから詳しく見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • エミリコがサーカス団にいた頃のエピソード
  • エミリコがシャドーハウスに来た経緯

※この記事はシャドーハウスのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

シャドーハウスの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

シャドーハウスの解説&考察

シャドーハウスのエミリコの過去の記憶!実はサーカス団の一員だった?

シャドーハウスのエミリコの過去の記憶!実はサーカス団の一員だった?(C)ソウマトウ/集英社

シャドーハウスの作中においてエミリコは「生き人形」として登場しますが、実はシャドーハウスに来る前はサーカス団に所属していました。

このサーカス団は当時「ミラーサイド」という村でショーを開いており、エミリコもそのショーに出演しています。

ただし後述するとおりエミリコはこのサーカス団をクビになっており、更にそこでショーン達と出会ったことでシャドーハウスに来る流れになったのです。

では次にシャドーハウスの生き人形の生まれについて詳しく見ていきましょう。

シャドーハウスの生き人形たちは外から連れて来られた人間の子供だった!

ここではシャドーハウスの生き人形達の生まれや出身について見ていきましょう。

シャドーハウスでは生き人形達は「精巧な人形」と刷り込まれていますが、れっきとした人間です。

ショーン達は「ミラーサイド」の同級生

ショーン達は「ミラーサイド」の同級生(C)ソウマトウ/集英社

シャドーハウスにいる生き人形達は様々な村や街から連れてこられていますが、ショーン達は「ミラーサイド」という村出身です。

この村で優秀な子供たちが「選別会」に参加し、選ばれた者がシャドーハウスに連れて行かれるのです。

またこの頃のショーン達は下記の通り、本当の名前を持っていました。シャドーハウスに来てからは各々のシャドーにこれらの名前が付いています。

  • ショーン:ジョン
  • リッキー:パトリック
  • ルウ  :ルイーズ
  • ラム  :シャーリー

ちなみにこの村は既にシャドーハウスの支配下であり、ここにいる子供たちも「シャドーハウスに仕えることが名誉」と刷り込まれていました。

エミリコは「ミラーサイド」の外から来たサーカス団の一員だった

エミリコは「ミラーサイド」の外から来たサーカス団の一員だった(C)ソウマトウ/集英社

エミリコは元々「ミラーサイド」の出身ではなく、ショーン達とも面識はありませんでした。

先程お話した通りエミリコはサーカス団に所属しており、当時偶然「ミラーサイド」でショーを開いていた時にエミリコが出演していたのです。

ショーン達は「選別会」の前日、学校でそのサーカスのショーのチケットを貰っており、そこで初めてエミリコの姿を目にします。

エミリコはショーン達と同年代の女の子ながら、メチャクチャ高いところを綱渡りしたり片手で逆立ちするなどの業を見せ、ショーン達も驚愕していました。

シャドーハウスのエミリコがサーカス団からシャドーハウスに来た理由とは?

次にエミリコがサーカス団からシャドーハウスに来るまでの経緯について詳しく見ていきましょう。

本来エミリコは「ミラーサイド」とは無関係の人間なのでシャドーハウスに来る理由も無いのですが、一体何が起きたのでしょう?

エミリコは本番中に失敗してサーカス団をクビになる!

エミリコは本番中に失敗してサーカス団をクビになる!(C)ソウマトウ/集英社

エミリコは「ミラーサイド」でのショーに出演していますが、最後の最後の場面でちょっと別のことを考えてしまい、ロープから落ちてしまいました。

幸い下にあったネットに捕まってエミリコは怪我一つありませんでしたが、この失敗にブチギレたサーカス団長がエミリコをクビにします。

ちなみにこの時のエミリコは親がいない孤児で、自分の名前も年齢すらも知らない状態でした。

なので当時は「綱渡り」「雑用」などと呼ばれていたのです。

そして拾ってもらったサーカス団では雑用や芸を担当していたものの、本番で失敗したことで団長がキレてクビになり、エミリコは本当の意味で天涯孤独の身となります。

ショーン達がシャドーハウスの選別会に誘う

ショーン達がシャドーハウスの選別会に誘う(C)ソウマトウ/集英社

ショーン達がサーカス団のショーを見終わった後、クビになって泣いていたエミリコを見かけます。

先程もお話した通りエミリコは孤児なので行くアテもなく途方に暮れていましたが、ここでショーン達は「選別会に参加しては」と提案しました。

本来選別会のメンバーは学校側で決めており、校長がシャドーハウスの「大人」に名簿を渡しているため、飛び入りで参加することはできません。

そこでショーン達は「学校に忍び込んで名簿に名前を書いてしまえばいい」と考えました。

そして学校の煙突から忍び込んだエミリコは当時名前が無かったため、名簿には「ケイト」と書いたのです。

なぜここでエミリコは「ケイト」という名前を知っていたのか、詳しく見ていきましょう。

エミリコはミラーサイドでケイトと出会っていた!

エミリコはミラーサイドでケイトと出会っていた!(C)ソウマトウ/集英社

実はエミリコはサーカス団でのショーをやる当日の早朝、森の中でケイトと出会っていました。

そしてエミリコはショーン達に誘われて学校に忍び込む直前、サーカス団のテントの中でもう一度ケイトと出会い、そこで初めて会話しています。

この時のケイトはシャドーハウスに忍び込むために黒い服や布を探しており、エミリコがサーカス団のゴミ箱から見つけてケイトにあげたのです。

その代わりにケイトは自身の服をエミリコにあげ、その服には「ケイト」という名前が書いてあったため、読み書きができないエミリコが名簿に「ケイト」と書けたのはこれが理由でした。

シャドーハウスのエミリコの運動能力の高さはサーカス団での経験が由来!

シャドーハウスのエミリコの運動能力の高さはサーカス団での経験が由来!(C)ソウマトウ/集英社

ここまでエミリコがサーカス団に所属していたことや、「ミラーサイド」でのショーン達との出会いなどについてお話してきました。

エミリコはシャドーハウスに来てからしばらく昔の記憶がなく、ずっと「生き人形」として生活していましたが、作中ではエミリコの運動神経や度胸がずば抜けているシーンが数多くあります。

今思えばエミリコはサーカス団で普通に綱渡りしたり、その綱の上で片手で逆立ちしたりしていたので、シャドーハウスで見せた運動能力はその経験が活かされていたんですね。

「シャドーハウスのエミリコはサーカス団にいた?過去の記憶を解説!」まとめ

今回はシャドーハウスのエミリコが元々サーカス団にいたことや、過去の記憶について解説しました。

エミリコの出生についてはシャドーハウスの作中でも長らく謎のままでしたが、その真相は名前も年齢も不明の孤児で、幼くしてサーカス団に所属していました。

シャドーハウスに来たことは良いこととは言えませんが、ショーン達のような仲間と出会えたのは良かったですね☆

シャドーハウスの関連記事はこちらもどうぞ

→シャドーハウスのエミリコのかわいいシーンや魅力を見る

→シャドーハウスのエミリコとケイトの正体を見る

→シャドーハウスのエミリコの年齢や身長、誕生日などを見る

→シャドーハウスの「偉大なるおじい様」の正体や目的を見る

シャドーハウスの解説&考察

期間限定!シャドーハウスのアニメを無料で見る方法!

シャドーハウスのアニメを見逃した!

見たいけど無料がいい!


それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録するとアニメは見放題です☆

シャドーハウスのアニメであれば何話でも見放題です。

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


シャドーハウスを見終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの10万作品を超える映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


\登録は30秒!アニメが無料!/

/※解約も簡単!無料期間中なら0円!\

コメント

error: Content is protected !!