ブルーロックの蜂楽廻(ばちらめぐる)がかわいい!

この記事ではブルーロックの蜂楽廻(ばちらめぐる)のかわいいシーンや、かわいいと言われている理由をご紹介していきます。

蜂楽廻は初期から登場しているメンバーで、潔世一の親友かつライバルです。

性格はとても明るく、チームのムードメーカー的存在です。

まずは蜂楽廻がかわいいと言われている理由をみていきましょう!

この記事で分かること
  • 蜂楽廻がかわいいと言われている理由
  • 蜂楽廻のかわいいシーン

※この記事はブルーロックのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

ブルーロックの解説&考察

ブルーロックの蜂楽廻(ばちらめぐる)がかわいいと評判!その理由とは?

まずは蜂楽廻がかわいいと言われている理由についてご紹介していきます。

蜂楽廻は外見のみならず、性格、行動、台詞の全てにおいてかわいい要素がつまっているキャラなんです!

では作中のシーンと共にさっそくみていきましょう。

蜂楽廻(ばちらめぐる)は人懐っこい性格

蜂楽廻(ばちらめぐる)は人懐っこい性格(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

蜂楽廻はとても人懐っこく、入寮試験では初対面の國神錬介に抱き着いていました。笑

こんなこと普通はできないですよね…。笑

ときにはこの性格で周りを振り回すこともありますが、この明るい性格がチームや周囲の緩衝材的役割を果たしています。

たしかにクラスに1人はいてほしいキャラですよね。笑

蜂楽廻(ばちらめぐる)のプレースタイルは天衣無縫

蜂楽廻(ばちらめぐる)のプレースタイルは天衣無縫(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

蜂楽廻のプレースタイルはテクニカルなドリブルが長所です。

本人曰く、”かいぶつ”の声に従ってサッカーをしているとのこと…。

このかいぶつの存在は、のちの蜂楽廻の成長に大きく関わってきます。

また蜂楽廻は圧倒的パスセンスも兼ね備えており、潔世一は何度も蜂楽廻のパスに救われていました。

蜂楽廻(ばちらめぐる)は潔の親友にしてライバル

蜂楽廻(ばちらめぐる)は潔の親友にしてライバル(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

蜂楽廻が「青い監獄プロジェクト」に参加した理由は、自分と同じ”かいぶつ”を持つような選手に出会えることを期待したからです。

そして入寮試験であえて出した”かいぶつ”へのパスに応えたのが潔世一であったため、潔世一に興味を示すようになります。

一方潔世一は蜂楽廻のことを「やばいやつ」と警戒していましたが、次第に打ち解けていき、今ではお互いを刺激しあういいライバルになっています。

蜂楽廻はかわいいだけでなく、サッカーにはとてもひたむきなんですね!

ブルーロックの蜂楽廻(ばちらめぐる)のかわいいシーン!

ここからは蜂楽廻のかわいいシーンをご紹介していきます。

中性的な顔立ちかつ子供っぽさが残っている仕草には、誰もがかわいいと感じることでしょう。

蜂楽廻が寝起きで初登場(漫画1巻の第2話)

蜂楽廻が寝起きで初登場(漫画1巻の第2話)(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

漫画1巻第2話で、蜂楽廻は初登場します。

なんと入寮試験の前に床で寝ていた蜂楽廻…入寮試験がはじまると眠たそうに体を起こします。

その姿に潔世一は「なんじゃコイツ…!?」と若干引き気味の様子。笑

しかしここから蜂楽廻は、さっきまで寝ていたとは思えないプレーを周りに見せつけるのです。

蜂楽廻が潔と練習(漫画1巻の第3話)

蜂楽廻が潔と練習(漫画1巻の第3話)(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

入寮試験が終わったあと、自分の弱さに不安を感じた潔世一は練習場へと向かいます。

そこにいたのは蜂楽廻で、2人は1on1で一緒に練習をすることになります。

改めて蜂楽廻は潔世一に、自分の華麗なボールさばきを見せつけました。

またこのときに蜂楽廻は潔世一に〝かいぶつ〟の存在を打ち明けますが、潔世一は「言ってることがムチャクチャ」だと感じていました。笑

ですがサッカーに実力は認めており、以後2人の関係はより縮まっていくことになります。

「はいあ~ん」(漫画3巻の第14話)

「はいあ~ん」(漫画3巻の第14話)(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

漫画3巻第14話では、チームZのメンバーがおかずを持ち寄って、一緒に夕ご飯を食べている様子が描かれています。

そこで蜂楽廻はゴールのご褒美だと言って、潔世一に肉を「あ~ん」で食べさせようとします。

さすがに潔世一は断ってよけようとしますが、蜂楽廻は潔世一の口に無理やり肉を詰め込んでいました。笑

カレーをガチ食い(漫画7巻の第58話)

カレーをガチ食い(漫画7巻の第58話)(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

漫画7巻第58話では、蜂楽廻が食堂でカレーを食べている様子が描かれています。

このシーンでは蟻生十兵衛たちに話しかけられていますが、蜂楽廻は話しながらカレーを食べ続けていました。笑

サラダも一緒に食べているところが、さすがアスリートです!

すごく美味しそうに食べているので、見ている側もお腹がすいてきますね。笑

子供時代の蜂楽もかわいい(漫画9巻の第70話)

子供時代の蜂楽もかわいい(漫画9巻の第70話)(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

漫画9巻第70話では、蜂楽廻の子供の頃の姿が描かれています。

昔からサッカーが大好きで、周りよりサッカーが上手だった蜂楽廻は、変人扱いされていました。

次第に蜂楽廻は〝かいぶつ〟とサッカーをすることになりますが、ここでも周りからの目はあまり良くありませんでした…。

いつも笑顔な蜂楽廻の過去は、かなり悲しいものでしたが、蜂楽廻の子供の頃の姿がかわいすぎた回でしたね。笑

ちなみに子供のころからずっとおかっぱ頭だったようです。笑

泣いて喜ぶ蜂楽(漫画10巻の第85話)

泣いて喜ぶ蜂楽(漫画10巻の第85話)(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

漫画10巻第85話で、蜂楽廻はを流しました。

その理由は、

  • 〝かいぶつ〟に頼らず1人で戦い抜くことができた喜び
  • ずっと1人ぼっちだった蜂楽廻の世界に潔世一が来てくれた嬉しさ
  • 潔世一と再び同じチームで戦うことができるという喜び

という様々な要因からくるものだと考えられます。

普段の様子からは想像がつかないほどの苦労人である蜂楽廻には、ぜひ夢をかなえて笑ってほしいですね。

「ブルーロックの蜂楽廻(ばちらめぐる)がかわいい!」まとめ

この記事ではブルーロックの蜂楽廻(ばちらめぐる)のかわいいシーンや、かわいいと言われている理由をご紹介しました。

蜂楽廻は今も子供のころも、とてもかわいいことがわかりましたね。

また見た目に反してとても苦労してきたキャラだったので、今まで以上に蜂楽廻を応援したくなりました。

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

ブルーロックの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました