シャドーハウスのクリストファーの正体とは?自害したけど生きてる説って本当?

シャドーハウスのクリストファーの正体とは?自害したけど生きてる説って本当?(C)ソウマトウ/集英社

この記事ではシャドーハウスのクリストファーの正体や自害した理由、生きてる説の真相などについて解説します。

クリストファーは過去の回想シーンで登場するキャラで、かつてシャドーハウスの子供たちの中でもずば抜けて優秀でした。

まずはそんなクリストファーの功績や過去について詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • クリストファーの功績や過去
  • クリストファーが自害した理由
  • クリストファーが生きている説の真相

※この記事はシャドーハウスのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

シャドーハウスの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

シャドーハウスの解説&考察

シャドーハウスのクリストファーの正体とは?功績や過去を解説!

まずはシャドーハウスのクリストファーの正体や過去の功績などについて詳しく見ていきましょう。

クリストファーは作中の回想シーンで登場するキャラで、特に「星つき」にとっては名前を出すだけでキレるほどトラウマのようになっている人物です。

クリストファーは極めて優秀な星つきだった!

(C)ソウマトウ/集英社

クリストファーはかつて「星つき」を務めていました。

後述するとおりクリストファーはエドワード達と同期であり、この頃の「星つき」は「最高の世代」と言われるほどにシャドーハウスの子供たちにとって憧れの的だったのです。

そしてその憧れの的だった要因がクリストファーの存在で、彼は当時の子供たちに愛されて親しまれていました。

今現在の「星つき」は子供たちから大いに煙たがられているのを考えると、当時は有り様が全然違ったようですね。

クリストファーはエドワード、アイリーン、ジェラルドと同期!

(C)ソウマトウ/集英社

クリストファーはエドワード、ジェラルド、アイリーンと同期で、当時はこの4人が「星つき」でした。

作中では「お披露目」の際にエドワード、ジェラルド、アイリーンが初登場しましたが、かつてはこのクリストファーも含めた4人が同期だったんですね。

この当時はエドワード達もクリストファーのことを全面的に信用しており、後述する通りクリストファーの提唱する「教育」にも協力しています。

ただ今現在のエドワード達はクリストファーの功績について「子供たちへの間違った教育」と表現しており、今となっては良くは思っていないようですね。

クリストファーの功績とは?

(C)ソウマトウ/集英社

クリストファーがかつてあげた功績は「子供たちへの教育」です。

クリストファーがいた頃は今現在ほど子供たちに教育が行き届いていなかったようで、「お披露目」を迎える前に多くの子供たちが脱落していました。

そこでクリストファーは「星つき」を中心に、学業やスポーツ、芸術などに秀でた者を「教師」とし、新人教育に力を入れていったのです。

この教育改革により子供たちもクリストファーを中心にまとまり、「星つき」に対してはみんなが憧れと尊敬を抱いていました。

それ故にクリストファーがいた頃を知っている子供たちは、当時の「星つき」を今でも尊敬しており、どうしても今現在の「星つき」と比べてしまうのです。

そのことを今の「星つき」も分かっているため、作中では館の中でマリーローズが「クリストファー」の名前を出しただけでベンジャミンがブチギレていました。

シャドーハウスのクリストファーが自害?その理由とは?

ここまでクリストファーの過去の功績などについてお話してきました。

先述の通りクリストファーはみんなから慕われ、ゆくゆくはシャドーハウスの中心的存在になると思われていました。

しかしクリストファーが「お呼ばれ」してから事態が一変します。

クリストファーとアンソニーが「お呼ばれ」!

(C)ソウマトウ/集英社

シャドーハウスにおいて子供たちの素行や「生き人形とシャドーの相性」などのデータは逐一「大人達に報告されています。

そして一定の基準に達したら「お呼ばれ」され、「おじい様と共にある棟」に入り、「大人」になるのです。

当時子供たちからの評判はもちろん、「大人」達からの評価も高かったクリストファーも「お呼ばれ」されました。

これにより新人教育の中心人物がいなくなってしまい、マリーローズやローズマリーが寂しがっていた様子も描かれています。

クリストファーが「一体化」の実態を知って自害!

(C)ソウマトウ/集英社

クリストファーが「お呼ばれ」して栄転、と思いきや、マリーローズの部屋にクリストファーの「顔」であるアンソニーが一人で駆け込んできました。

そのアンソニーによると、

  • 「お呼ばれ」したシャドーと生き人形は「一体化」を強いられる
  • 「一体化」によりシャドーが生き人形の体を乗っ取る
  • これにより生き人形の意識は死に、シャドーが「顔」を持った状態となる

という事実が発覚し、これを知ったクリストファーは「一体化」を拒むために自害してしまったのです。
→シャドーハウスの「一体化」の内容や失敗例を見る

そしてアンソニーは単身マリーローズの部屋に逃げてきて、この事実をマリーローズとローズマリーにだけ話したのでした。

ちなみにこのことはマリーローズとローズマリーだけが知っており、バーバラにも教えていません。

よってマリーローズ達以外はクリストファーが死亡したことすらも知らないのです。

シャドーハウスのクリストファーは生きている?

先程お話した通りクリストファーは「お呼ばれ」の際に「一体化」の真相を知り、そこで自害しました。

一方でファンの間で「実はクリストファーは生きている?」という声もあるので、ここではその真相について見ていきましょう。

クリストファーは死亡

まず結論から言うとクリストファーは生きてはおらず、確実に死亡したものと思われます。

というのも当時アンソニーがマリーローズの部屋に駆け込み、アンソニー自身が「クリストファーの死」を見たからです。

よって「クリストファーが実は生きていて後から登場する説」は無さそうですね。

生き人形であるアンソニーが暗躍

(C)ソウマトウ/集英社

シャドーハウスの作中ではクリストファーの死からかなり時間が経過しており、クリストファーの同期であるエドワード、ジェラルド、アイリーンは既に「一体化」を済ませて「大人」になっています。

一方でクリストファーの「顔」であるアンソニーは今も生きており、「大人」の目をかいくぐりながら「こどもたちの棟」に潜んでいるのです。

アンソニーは立場上、表舞台には出てこれませんが、マリーローズ&ローズマリーが飛び降りた後にケイトに会いに来るなど、随所で登場しています。

今後もアンソニーの存在が物語の鍵になっていきそうですね。

「シャドーハウスのクリストファーの正体とは?自害したけど生きてる説って本当?」まとめ

今回はシャドーハウスのクリストファーの正体や自害した理由、生きてる説の真相などについて解説しました。

クリストファーは回想シーンや噂話で登場するのみですが、そのエピソードだけでも存在の大きさが伺えます。

今後はクリストファーのような犠牲者が出ないといいですね。

シャドーハウスの関連記事はこちらもどうぞ

→シャドーハウスの「偉大なるおじい様」の正体や目的を見る

シャドーハウスの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました