ブルーロックのイガグリ(五十嵐栗夢)の能力を解説!実はラスボス?

この記事ではブルーロックの五十嵐栗夢(いがらしぐりむ)のプロフィールや能力をご紹介していきます。

五十嵐栗夢は見た目や名前から〝イガグリ〟と呼ばれており、「青い監獄」には最下位の実力で参加しています。

しかし潔世一同様、五十嵐栗夢は底辺から最終選考まで勝ち抜いている超人なんです!

ではさっそく五十嵐栗夢のプロフィールからみていきましょう!

この記事で分かること
  • 五十嵐栗夢のプロフィール
  • 五十嵐栗夢の能力

※この記事はブルーロックのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

ブルーロックの解説&考察

ブルーロックのイガグリ(五十嵐栗夢)のプロフィール!身長、体重、誕生日、声優など

ブルーロックのイガグリ(五十嵐栗夢)のプロフィール!身長、体重、誕生日、声優など(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

身長175㎝
体重不明
血液型B型
出身地愛知県
ごはんのおともBESTたくあん
声優不明

五十嵐栗夢は見た目からわかる通り、いわゆるモブキャラです。笑

お調子者な性格をしており、「南無三」が口癖です。

実家の寺を継ぐことで父親と喧嘩になり、「日本代表になれれば継がなくても良い」と父親と約束し、「青い監獄」に参加しました。

入寮試験時では300人中300位でしたが、なんとか最終選考である新英雄大戦まで勝ち残っています。笑

ブルーロックのイガグリ(五十嵐栗夢)の能力とは?

ここからは五十嵐栗夢の能力についてご紹介していきます。

五十嵐栗夢は周りのキャラと違ってあまり強い印象がないですが、実は「青い監獄」で必殺技を身に着けていたんです。

イガグリの身体能力はブルーロックの最下位!

イガグリの身体能力はブルーロックの最下位!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

先ほども言いましたが、五十嵐栗夢は「青い監獄」の参加者300人中最下位の実力で参加しています。

このとき潔世一は299位だったので、2人は元々いいライバルだったと言えますね。笑

また周りは絵心甚八の発言に不信感を抱いていましたが、五十嵐栗夢は興味津々でした。

染まりやすく単純な性格が、五十嵐栗夢の長所ですね!

イガグリが「マリーシア」を習得!(漫画11巻の第89話)

イガグリが「マリーシア」を習得!(漫画11巻の第89話)(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

五十嵐栗夢は二次選考で、ファウルをもらう「マリーシア」を習得します。

この技のせいで相手チームの御影玲王はノーファウルだったにも関わらず、ファウルを受けていました。

ちなみにこのときの五十嵐栗夢の背番号【108】は煩悩の数になっています。笑

ただこの技だけはストライカーとして活躍することは出来なさそうです…。

イガグリは(何気に)U-18戦でベンチ入り!

イガグリは(何気に)U-18戦でベンチ入り!(C)原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/講談社

なんと五十嵐栗夢はU-20代表戦のベンチメンバーに選ばれています!

このとき選ばれたベンチメンバーの中には御影玲王馬狼照英などこれまで活躍してきた選手も多くいました。

果たして何をもって絵心甚八が五十嵐栗夢を選んだのでしょうか?

もしかしたら絵心甚八は五十嵐栗夢のマリーシアに魅力を感じたのかもしれませんね。笑

ブルーロックのイガグリ(五十嵐栗夢)は実はラスボス?正体不明の不気味キャラ!

ではなぜこんなに弱い五十嵐栗夢がここまで勝ち抜いてこれたのでしょうか?

他の選手のように覚醒したり、FLOW状態になったりする場面はありませんでした。

そう考えると少し不気味です…。

もしかしたら五十嵐栗夢はすごい技を隠し持っていて、物語のラスボスになるかもしれません。

フィールドを無双する五十嵐栗夢を見てみたいですね。笑

「ブルーロックのイガグリ(五十嵐栗夢)の能力を解説!実はラスボス?」まとめ

この記事ではブルーロックの五十嵐栗夢(いがらしぐりむ)のプロフィールや能力をご紹介しました。

現在五十嵐栗夢が習得している技はマリーシアのみですが、今後新たな技を習得する可能性は非常に高いです!

世界一のストライカーになって、寺を継がなくてよくなるといいですね。笑

今後の五十嵐栗夢の活躍にも注目しましょう!

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

ブルーロックの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました