東京ブラザーズのネーミングの理由は?ネパール人不良グループ!

この記事ではネパール人の不良グループ・東京ブラザーズのネーミングの理由などについてお話します。


10月20日のニュースで、ネパール人の不良グループである東京ブラザーズのメンバー2人が傷害の容疑で逮捕されました。

この事件や不良グループについて詳しく見ていきましょう。

広告

不良グループ・東京ブラザーズのネパール人を逮捕!

10月20日、東京都新宿区のネパール料理店で別のネパール人を殴るなどした「グルングトムクマル」容疑者(27)と「サプコタニルマル」容疑者(34)が逮捕されました。

暴行したのもネパール人、されたのもネパール人、現場はネパール料理店ということで・・

日本人の被害者がいないのは不幸中の幸いですが、近所でこんな事件があると安心して生活できないですね。


実は6月20日にも同じく東京ブラザーズのメンバー4人が、新宿区百人町の路上でネパール人の男性に暴行を加えたことで逮捕されていました。

この不良グループに関連するネパール人はまだ他にもいるようで、警視庁が取締を強化しているとのことです。。

今どき高校生の不良グループでもここまでの活動はしなそうですが・・

広告

東京ブラザーズのネーミングの理由は?

不良グループ・東京ブラザーズの構成員は全員ネパール人とされています。

何故ネパール人の集まりなのにこんな和製のグループ名なのか、そもそもなんで日本で暴れているんでしょうか。。


草野球チームみたいなネーミングの理由については情報がありませんが、、きっと東京が好きなのでしょう(ありがた迷惑ですが)。

広告

東京ブラザーズってどんな不良グループ?

東京ブラザーズは以前から新宿界隈や大久保などに出没しており、約50人のメンバーで構成されているようです。

過去に東京新聞が東京ブラザーズについて調べ、年長の不良ネパール人グループである「ネパールジャパンユースクラブ」の幹部によって結成されたとうです。

イベント開催を口実に飲食店から金を巻き上げるなど、やっていることは反社会的勢力、暴力団ですね。



ちなみに警視庁の調べではこういう不良グループが都内だけで5つほどあるようで・・

過去の調べで明らかになっているのが先述の「東京ブラザーズ」や「ネパールジャパンユースクラブ」の他、

「ロイヤル蒲田ボーイズ」「蒲田ボーイズ」というグループがあるようです。


全てのグループにおいて潰れてほしい・・

広告

ネパール人の不良グループは東京だけ?

先ほど紹介した不良グループはどれも東京近郊で活動しています。

しかしながら大阪や名古屋でも似たようなグループが確認されており、都市部であればこういうグループがいる可能性があります。


今のところは故国(今回の場合はネパール)が同じ人への暴行や金銭の巻き上げが主のようです。

日本人もいつ被害に遭うかわからないのが怖いところです・・

広告

東京ブラザーズについてネットの声

東京ブラザーズのメンバーが逮捕されたニュースが流れ、このグループ名がトレンド入りしています。

大多数がこのグループ名への突っ込みですね笑

やはり草野球チーム名か、お笑いコンビ、Youtuberの名前にしか見えない・・


広告

「東京ブラザーズのネーミングの理由は?ネパール人不良グループ!」まとめ

今回はネパール人の不良グループ・東京ブラザーズのメンバーが逮捕されたニュースに関連して、グループ名などについてお話しました。


日本政府は移民を受け入れる政策を推し進めていくようですが、その果てにはこういう事件が多発することを覚悟しないといけません。

正直こういう外国人は絶対に日本に来てほしくないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました