飯塚幸三の息子の職業とは?事故当時の電話、指示の真相とは

広告

この記事では池袋の母子死亡事故を起こした飯塚幸三の息子の職業や、事故当時の電話指示の真相などについてお話します。


2020年10月8日に飯塚幸三の初公判となり、「車に何らかの異常が生じて暴走した疑いがある」などとして無罪を主張したことで、世間では更に批判が強まっています。

それは飯塚幸三本人のみならず家族にも影響が及んでおり、特に飯塚幸三の息子については事件当日に飯塚幸三から電話を受けたなどの情報があり、注目が集まっています。


以下、事件の概要から飯塚幸三の息子の情報、噂の真相などについて解説していきます。

飯塚幸三の池袋暴走事故の概要

池袋における車の暴走、母子死亡事故は2019年4月19日に発生しました。

東池袋で赤信号の横断歩道に車が突っ込んだという事件です。

母子2人が死亡、9人が負傷

その当時、横断歩道を歩いていた松永真菜氏(当時31歳)と、長女の莉子さん(当時3歳)が飯塚幸三が運転する車にはねられ死亡、さらに通行人9人を負傷させました。

この道は当然ながら一般道で、制限速度は50キロながら、事故発生時は約96キロまで加速していたとのことです。
(※専門家によっては120キロと分析している方もいるようです。)

飯塚幸三が急いでいた理由「フレンチレストランに遅れそうだったから」

飯塚幸三は警察の調べに対し、「予約していたフレンチレストランの時間に遅れそうだった」と供述していました。

フレンチレストランの予約に遅れそうだから100キロ近いスピードを出した、というわけではなく、一般道ではありえない猛スピードを出したのは単にアクセルとブレーキを踏み間違えたと思われますが・・

どんな理由があるにせよ、医師から運転を止められていたのに運転し、信号無視、スピード違反で10人以上を死傷させたわけなので言い訳にはなりませんね。。

飯塚幸三の息子の職業について

飯塚幸三自身はもちろん、その家族にも注目が集まっています。

というのも、冒頭でお話したとおり事件当日に飯塚幸三が息子に電話していたという情報もあり、息子の正体などを訝しむ声が多くなっています。

飯塚幸三の息子の名前は?

飯塚幸三は自身のSNSアカウントがあり(今は消されていますが)、そのフォロワーに「飯塚幸理(いいずかゆきのり)」という名前があったようです。

名字が同じであるため、「このひとが飯塚幸三の息子?」と噂になりました。


この方は東京都立大学の工学博士を持ち、JFEスチール研究所の計測制御研究部・部長を務めています。
飯塚幸三と同じ大学出身で、仕事内容も昔の飯塚幸三とかぶるところがあります。

さらに飯塚幸理のアカウントは事件の後にこんな行動に出ています。

・飯塚幸三のフォローを解除
・アカウント名を変更


何だか怪しい匂いがするものの、証拠はないので真相はわかりません。

飯塚幸三の息子は「クボタ執行役員」?

飯塚幸三の息子の職業が「クボタの執行役員ではないか」という噂が一時ネット上やSNSで流れていました。

この噂が流れた理由が、飯塚幸三自身が過去に副社長としてクボタに在籍していたからです。


クボタの執行役員「飯塚智浩」が飯塚幸三の息子と予想されましたが、これはデマのようです。

クボタも「飯塚幸三の息子のクボタ役員説」に困惑

この噂が広まったことについてはクボタ側も寝耳に水状態だったようで、正式に下記のようにクボタのホームページで真相が公表されています。


ネット良くも悪くも拡散が早いので、こういう弊害はありますね。。

飯塚幸三の息子は「元首相の安倍晋三」の政策秘書?

飯塚幸三の息子の職業の話では、「安倍元首相の政策秘書」という噂も流れました。

ちなみにこれもデマです。


一体何故こんな噂が広まったのかというと、とある匿名ブログがこのことを発信し、それがネットやSNSを通じて拡散したのが原因のようです。

飯塚幸三の息子と孫は「警察関係者」?

飯塚幸三の息子は警察関係者ではないか、という噂は前々から流れています。

これは事件を起こした飯塚幸三が逮捕されなかったということで、「上級国民」というワードと共に噂されていることです。

明確な証拠や情報源はなく、噂レベルのデマだと思われます。

飯塚幸三の息子と孫は「検事」?

「検事」説についても、上記の警察関係者の噂と同様、飯塚幸三が逮捕されなかったことで広まった噂です。

こちらも明確な証拠やソースはないので、ただの噂、デマではないかと思われます。

飯塚幸三の息子と孫は「官僚」か「役人」?

こちらも同様ですね。飯塚幸三が逮捕されないことや報道規制を指摘する声などから、「官僚か役人」説が浮上しました。

上記の警察関係者説や検事説と同様、明確な証拠はないので恐らくデマだと思われます。

広告

池袋暴走事故当時、飯塚幸三は息子に電話

冒頭で少しお話しましたが、飯塚幸三が車を暴走させて10人以上を死傷させた後、まずは警察に110番、ではなく自分の息子に電話していたようです。

詳しく調べていくと、「気が動転してつい息子に電話してしまった」というわけでもなさそうです・・


ちなみにこちらのYoutubeでも解説しているのでご参考までに貼っておきます。

【悲報】Wikipedia、飯塚幸三の事故記述を全削除!功績だけ残し編集禁止に。上級国民が寄付した効果はバツグンだ!wwwww


飯塚幸三、Wikipediaの編集機能をロック

Wikipediaはネット上の方々が随時編集することで、最新情報が維持されている辞書サイトですが、飯塚幸三のWikipediaを見てみると異常事態になっています。

飯塚幸三のWikipediaのページには事故のことが一切書かれておらず、さらに編集不可能な状態になっています。


Wikipediaにはいたずら防止、荒らしを防ぐという意味で「編集機能ロック」というのはあり得ることですが、むしろ今回の場合は事件のことを載せないことの方が不適切です。

更に飯塚幸三のWikipediaのページには過去に受賞した賞や栄典等々の輝かしい功績のみが掲載されているため、余計に世間からの怒りと買っています。

飯塚幸三、電話で息子にFacebookとTwitter削除を指示?

飯塚幸三はFacebookやTwitterのアカウントを持っていましたが、事故発生からすぐにどちらもアカウントが削除されていました。

事故直後ながら随分と冷静な対応ですが・・このことからも「事故当時に息子に電話していたのはこの件では?」という声が上がっています。

飯塚幸三、電話で息子に自宅電話の解約を指示?

これもFacebookやTwitterと同様で、事故後は自宅電話に電話は一切通じなかったようです。

このことも、飯塚幸三が息子に指示してやったのではないか、と言われる原因の一つです。

飯塚幸三、GoogleMapのストリートビューで自宅にモザイクを指示?

飯塚幸三は著書などに住所を掲載していたため、すぐに自宅も特定されていました。

の自宅周りをGoogleMapのストリートビューの機能を使って見ようとすると、何故か自宅周辺がモザイクになっていたと・・

一体どこまでが飯塚幸三の指示なのかもよく分からなくなりますが、そもそもGoogleに対してそんなことが可能なのでしょうか。。

飯塚幸三、Googleの検索関連ツールから情報削除を指示?

普段一般の方があまり使う機会のないツールですが、Googleトレンドやキーワードプランナーなどで飯塚幸三の名前を検索すると、結果が一切出力されません。

この件については別記事で詳しく解説しています。

飯塚幸三がGoogleトレンド、キーワードプランナーから消えた!
この記事では池袋の暴走事故の容疑者・飯塚幸三がGoogleトレンド、キーワードプランナーから消えた件についてお話します。普通はGoogleトレンドもキーワードプランナーもあまり使う機会はないと思いますので、これらのツールがそもそも何なのか...


「飯塚幸三の息子の職業とは?事故当時の電話、指示の真相とは」まとめ

今回は池袋の母子死亡事故を起こした飯塚幸三の息子の職業や事故当時の噂についてお話しました。


今回の件はそもそも医師から運転を止められていたのに運転したこともそうですし、事故直後に110番も119番もせずに息子に電話、公判では車の異常のせいにするなど、被害者の神経を逆なですることしかしていないですね・・・

今後も最新情報等が入り次第お伝えしていきます。



この事件についてはこちらの記事もあわせてどうぞ

トヨタは飯塚幸三を名誉毀損で訴訟?事故原因は「プリウスの異常」
この記事では飯塚幸三の初公判に関連して、被告のトヨタ車・プリウスへの言及などについてお話します。公判では起訴状について、飯塚幸三から事故の原因について言及がありました。最新情報とともにご紹介します。飯塚幸三によると事故原因は「車の...
飯塚幸三は寿命待ち?起訴内容を否認!上級国民の初公判
この記事では上級国民として名高い飯塚幸三の初公判が行われたニュースについてお話します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました