ディープフェイク被害の女優、アイドルは誰?女子アナも?芸能人一覧!

広告

この記事では女優、アイドルなどの顔を合成したポルノ動画「ディープフェイク」を公開した男2人が逮捕された事件について解説します。


10月2日、警視庁と千葉県警察本部が、熊本大学2年の林田拓海容疑者とシステムエンジニアの大槻隆信容疑者を逮捕、また同日、京都府警は野間口功也容疑者を逮捕しました。

どちらも容疑は同じで、いわゆるディープフェイクポルノをネット上に公開したことによる著作権法違反と名誉毀損です。


この事件について詳しく解説していきます。

ディープフェイクとは何?

そもそもディープフェイクとは何なのかと言うと、AI(人工知能)の技術と、フェイク(偽物)を合わせた合成語です。

例えば自分がダンスでもしている動画を撮影し、その動画にトランプ大統領の顔をディープフェイク技術により合成すると、あたかもトランプ大統領がダンスしているような動画が作れてしまいます。



こちらは実際にオバマ元大統領やバイデンさんの顔を用いたディープフェイク動画です。

警察に連れられる容疑者の顔を差し替えて編集し、あたかもオバマさんやバイデンさんが逮捕されているかのように見せています。


ディープフェイクの中でも、今回問題となっているのが「フェイクポルノ」と呼ばれる動画です。

これはアダルトビデオなどの動画に他の女性の顔を合成し、あたかもその女性のAVみたいに見える動画のことです。

女優、アイドル、女子アナまでディープフェイクの被害に

今回何故このディープフェイクが問題になったかと言うと、冒頭でお話したとおり女優やアイドル、女子アナの顔を合成したフェイクポルノが出回ったからです。

冒頭で挙げた容疑者たちは、ポルノ動画に女優やアイドルの顔をすり替えて、あたかもその女性のポルノ動画のように似せて作った動画をネット上で公開し、逮捕に至りました。

ディープフェイク被害の女優、アイドルは誰?芸能人一覧!

pornhubやFC2などの有名動画サイトには有名女優、アイドル、女子アナなどのディープフェイクがあがっており、この事件をきっかけに一斉に削除されました。

被害にあった女優やアイドルは確認できただけでも相当な数にのぼっています。


既に10人以上の女性芸能人が事務所を通して警察に被害届を出しているので、現存する動画は削除されています。

・新垣結衣
・石原さとみ
・佐々木希
・本田翼
・橋本環奈
・広瀬すず
・真野恵里菜
・池田エライザ
・上戸彩
・新木優子
・吉岡里帆
・武井咲
・宮崎あおい
・檀蜜
・齋藤飛鳥
・白石麻衣
・生駒里奈
・西野七瀬
・島崎遥香
・平手友梨奈
・宇垣美里
・田中みな実


既にものすごい数ですが、実はここに挙げた方々だけでは済まないようです。。

ディープフェイク被害の芸能人は200名以上!

実は今回逮捕された容疑者達が作って公開したディープフェイク動画の数は半端ではなく、200人以上の女優、アイドル、女子アナなどが被害にあったと言われています。

さらに公開されていた動画に関しては合計で数百本から1000本を超えていたそうです。


前述のとおり現在はそれらの動画は削除されているものの、一度世に出回ったと考えると本人達にとっては冗談ではないですね。

ディープフェイクの動画の例!ここまで精巧に!

ちなみにYoutubeにディープフェイク動画の事例があったので載せておきます。
(当然全年齢対象のニュース動画です笑)

ディープフェイクとは?ポルノや世論操作で悪用も


これは凄いですね・・・

まったく別の顔ながら、体や口の動きはもちろん、眉の動きまで完全に連動しています。

広告

ディープフェイクで逮捕された容疑者の詳細

冒頭でお話したとおり、10月2日に林田拓海容疑者と大槻隆信容疑者、野間口功也容疑者が著作権法違反と名誉毀損の疑いで逮捕されました。

彼らは犯行に及んだ理由や経緯については下記のように証言し、容疑を認めています。

「金銭目的」
「生活費を稼ぐため」
「高評価を得るため」


それにしても彼らはディープフェイク動画をどうやって作っていたのでしょうか?そもそもそんな動画を簡単に作れるものなのでしょうか?

どうやって芸能人のディープフェイク動画を作成していた?

容疑者達はアダルトビデオの映像をベースに、女性芸能人の顔をその映像に合成し、あたかも女性芸能人のAVかのような動画を作成していました。

フェイクポルノ動画の作成の際、容疑者達はフリーのアプリを使って作っていたようです。


動画の購入者達からは「ディープフェイク職人」と崇められていた容疑者たち、しかし意外にも無料のアプリで編集してできてしまうようです。

つまり、アプリの操作に慣れさえすれば誰でも作れてしまう可能性がありますね・・

ディープフェイクによる動画配信の収入はいくら?

林田拓海容疑者と大槻隆信容疑者については2019年12月から自身のサイトに有料で動画を掲載、また海外のサイトに掲載することによる課金で収入を得ていました。

これらの動画を通じて累計で約80万円の収入があったようです。


また野間口功也容疑者も2019年12月頃から同様の手法で動画を作成・公開し、累計で約56万円の収益を上げていました。


正直、逮捕される代償としてはずいぶん安いように感じました。。

ディープフェイク動画配信者の逮捕で今後はどうなる?

女性芸能人達が所属事務所を通じて警察に被害を訴え、さらに警察のサイバーパトロールのおかげもあって、容疑者たちは逮捕となりました。

後ほど述べますが海外では数年前から騒がれていた案件であり、日本ではむしろ対応が後手後手に回っていたと言えます。



こういった事例は削除されてはアップロードされて、の繰り返しでイタチごっこになりがちなのです。

公に顔を出している女優、アイドル、女子アナなどの有名人のためにも対策を考えないといけないですね。

ディープフェイク動画の購入者、単純所持は逮捕される?

ちなみにディープフェイクの動画を作成して販売していた容疑者たちは逮捕されましたが、既に購入した方々はどうなるのでしょうか?

このあたりはあまり報道されていませんが、容疑者たちは「著作権法違反」と「名誉毀損」で逮捕されているため、どこにも公開したり送ったりせず、購入して持っているだけでは逮捕まではされないと思われます。


ただし、例えば「コンピューターウイルスに感染したりハッキングされ、購入した動画がネット上に広まってしまった」などの場合、その動画のモデルとなっている方から損害賠償請求を受ける可能性はあります。

ディープフェイクは海外の超有名女優、芸能人も被害に!

実はディープフェイクについては2018年頃から海外でも被害が起きています。こういう技術は世界共通ですね。。

現在確認されているだけでも、下記のような国際的に有名女優の顔を合成したフェイクポルノも出回りました。

◯エマ・ワトソン
◯スカーレット・ヨハンソン
◯メイジー・ウィリアムズ
などなど


何しろネット上での問題なので、こういった動画が上がっては摘発して削除して、またアップされて、のイタチごっこになっているようですね・・

女優やアイドルのディープフェイク被害についてネットの声

この事件についてはテレビのニュースでも大々的に取り上げられ、ニュース番組などで議論されています。ネット上でも様々な声が寄せられていますね。

やはり技術の使い方、エネルギーを向ける方向への苦言や、「他人事ではない」という恐怖の声なども上がっています。


「ディープフェイク被害の女優、アイドルは誰?女子アナも?初の逮捕!」まとめ

今回は女優やアイドルなどの芸能人がディープフェイク被害に遭った事件についてお話しました。


ネット上の声にもありましたが、決して有名人、芸能人だけが被害にあうとは限らず、下手をすると一般人でも被害にあいかねない件です。。

リベンジポルノが問題になる事件もいまだにありますが、もはやそんな既成事実がなくてもリベンジできてしまう時代ですね・・(・_・;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました