GoToイートで金儲け?ポイント荒稼ぎする錬金術が横行!

広告

この記事ではGoToイートキャンペーンを使ってポイントを荒稼ぎする事案が起きていることについて解説します。

GoToイートキャンペーンが開始

ニュースでも大々的に報じられているとおり、GoToイートキャンペーンが始まっています。


消費者はこのキャンペーンについて、2つの選択肢があります。

一つは地域で使えるプレミアム食事券の発行、もう一つが今回問題となっている「ポイントの付与」です。

インターネットから目当ての飲食店の予約サイトで予約して来店すると、予約人数につき、ランチタイムなら500円、夕食の時間帯(午後3時以降)は1000円分のポイントが貰えます。

GoToイートでポイント荒稼ぎして金儲け!

このGoToイートキャンペーンを使ったポイントの荒稼ぎをする人がいることで問題になっています。

安くて美味い、有名居酒屋「鳥貴族」で実際にあった事例で、いわゆる「鳥貴族マラソン」「トリキ錬金術」と呼ばれる手法が使われることがあるそうです。


具体的には、鳥貴族でディーナータイムに「1品だけ」GoToイートで予約し、来店して1品食べて、1000円分のポイントを貰う、また別の鳥貴族で1品予約して食べて・・・

この繰り返しで儲けるという手法です。



鳥貴族のメニューはとても安く、1品298円(税込み327円)なので、この繰り返しによりポイントが差し引き673円分儲かる、ということになります。

つまり10回繰り返せば6730円、これを10人グループで行えば67300円の儲けになるわけですね。。

広告

GoToイートは何のための制度?

言うまでもなくGoToイートはコロナの影響で不況になっている飲食店を支援するキャンペーンです。


トリキ錬金術を使っている側としては「お金は払ってるし」とか「ルール違反ではない」と言うんでしょうが・・・

正直「別の方向に頭を使えよ」と思ってしまいます。


鳥貴族のように徹底した薄利多売のお店などは沢山売らないと儲けは出ないわけで、さらにオンライン予約には店側にも送客手数料というコストがかかります。

さらに他の本当に予約したい方の予約スペースも圧迫するので、本当にこういうのはやめてほしいです。

農水省が何かしら対策を立てるのを祈るばかりです。

GoToイートを利用したポイント荒稼ぎについてネットの声

GoToイートの制度を利用した錬金術について、ネット上でもトレンド入りするほど話題になっています。

こういう輩は必ず出てくるものですが、、ネット上でもこの行為に呆れる声や、対策をしない国への苦言が寄せられています。

想定の甘さを棚に上げて、理論上問題ないってお役人が言っちゃうかなぁ。。。
「何のために誰のためにその制度を作ったのか?」目的ははっきりしているのだから目的にそぐわない客は店やポイント会社が全く勝手に「斬り捨てて良い」と思います。
いやいや、客単価が増えなければダメでしょ。 客回転増えると消毒の手間も比例して増える。 ●農林水産省の「Go To Eatキャンペーン準備室」では、「理論上、問題ない」
こういう輩が多発すると締め付けが来るからやめてほしい



「GoToイートで金儲け?ポイント荒稼ぎする錬金術が横行!」まとめ

今回はGoToイートの制度を利用してポイントを荒稼ぎされているニュースについてお話しました。


本当に色々とよく考えるな、とは思いますが・・

制度上、ルール上は何も違反はしていないので取り締まることも規制することもできないのが現実のようです。

しかし予約サイトによっては、店は「送客手数料」を支払わなければならず、298円の焼き鳥だけ食べて帰られると手数料は200円、つまり店の売上としては98円・・


お店としては何とも割に合わないですし、全く飲食店の支援にならないのでこういうキャンペーンの使い方は控えてほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました