ヘルパーからコロナに感染!故意?遺族が介護業者を提訴!

広告

この記事ではヘルパー経由で感染したとされる82歳女性が亡くなり、遺族が提訴した件についてお話します。


このヘルパーの方はコロナの症状と思われる兆候は合ったものの、その翌日に症状がおさまったことで業務を続けていたようです。

コロナに感染して亡くなった82歳女性の遺族が介護業者を提訴

4月3日、広島県三次市の82歳女性がコロナに感染、同月19日にコロナによる肺炎で亡くなりました。

この女性は週に2~3回、ヘルパーの訪問サービスを受けており、この女性の遺族が「ヘルパー経由で感染した」と提訴しました。

ヘルパーからコロナに感染!故意?

今回提訴のきっかけとなったヘルパーについては発熱、味覚・嗅覚異常があったものの、その翌日に症状が改善したのでそのまま介護を続けていました。

このあたりは難しいところですね。。確かに高齢者がコロナに感染すると命の危険があるとは言われていましたので・・

しかしこの訴訟をきっかけにますます介護職の方が減っていきそうです。。

広告

ヘルパーからコロナに感染したニュースについて口コミ

ヘルパーからコロナに感染したということで提訴した遺族へのコメントやツイートが溢れています。

大抵のコメントはこの訴訟について苦言を呈するもので、「これが通ったら介護職の人いなくなるんじゃ・・?」という声が多いですね。

サービスを利用している側ですが、これにはかなり憤怒してます もしこの訴えが通れば、大変なことになる…恐ろしいです。 緊急事態宣言時も、ヘルパーさんは父の所に来てくれた。 どんなに有り難かったか。感謝の言葉も言い足りないくらいです。 訴えを取下げてほしい。切に思います。
これがまかり通ると、もうどうしようもない… ヘルパーだって、善意もあるんだし こういうのなんとかならんのか
ついにこの日がきたか… こういう業界はいつでもコレにビクビクしなければいけないんだから大変なのにさらに提訴とかもう…ね。。。
仮に遺族にこの記事以外の他意はなかったとして、これが認められたらもう介護事業なんて怖くてやってられないよね。まあ勝訴する可能性はかなり低いと思うけどさ。


「ヘルパーからコロナに感染!故意?遺族が介護業者を提訴!」まとめ

この記事ではヘルパーからコロナに感染したニュースについてお話しました。


介護職は過酷な割に賃金が少ないことが問題になっており、コロナ騒ぎが始まってからも感染リスクをおして業務を行っていました。それだけに介護職に就きたがる方はそうそういませんでした。

そして今回の提訴の結果によってはその動きがさらに加速するかもしてませんね・・


原告側の勝訴の可能性は低いように思いますが・・結果に注目ですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました