ニホンザルを逃がした理由は動物愛護?犯人は自称高校生

広告

この記事では千葉県富津市の高宕山自然動物園から約70匹のニホンザルが逃げ出した事件について解説します。



ちなみにこの事件の犯人は既に逮捕されており、16歳の少年とのことです。

一体何故こんな事件をしでかしたのでしょうか?

ニホンザルが約70匹逃げ出す!

千葉県富津市の高宕山自然動物園で飼育用の檻が壊されたことにより、ニホンザルが約70匹逃げ出す事件が発生しました。

犯人は器物損壊の容疑で千葉県警に逮捕されており、容姿者は「自称高校生」の16歳少年とのことです。


この「自称」というのがよくわからないですが・・w

現在犯行の動機などを取り調べているところです。

ニホンザルを逃した理由は動物愛護?

この自称高校生が飼育檻を破壊してまで約70匹のニホンザルを逃した理由については、まだニュースで触れられていません。

単なるいたずらにしては大それたことをしでかしたと思いますが・・

あと思いつくとしたら動物愛護の精神があさっての方向に向いてしまったのか。。

いずれにしても迷惑な話です。

広告

自称高校生がニホンザルを逃したことへのネットの反応

Twitterや2chではこのニュースについて色々とコメントや反応が寄せられています。

いまいち動機が分からない事件なだけに、逃した本人の責任を追求する声が多く、もしくはいつものように大喜利が繰り広げられていますw

「自分が檻に入ることになった 」
「一緒に檻に入れてやれよ。 」
「確認できねえのは仕方ねえが自称高校生って違和感ありまくる」
こういうニュースを見ると、つくづく教育ってのはとっても大切だと考える。
仲間を逃がそうとしたんでしょうね、と言いたくなるくらい高校生にもなって幼稚。履歴書にそういう経歴を書くことを義務づけてほしいくらい。



「ニホンザルを逃がした理由は動物愛護?犯人は自称高校生」まとめ

今回は千葉県富津市の高宕山自然動物園から約70匹のニホンザルが逃げ出した事件について、ニュースの詳細や犯人についてお話しました。



当然ながら逃げ出したニホンザルはまだ全然捕まっていないので、これから職員の方が捜索&捕獲に乗り出すと思われますが・・・

約70匹もの自然に放たれたニホンザルを捕獲する時間と労力を考えたら、、、
気が遠くなります( ´Д`)

ネット上のコメントにもありますが、悪ふざけで済まされる年齢でもないので然るべき処分が必要だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました