Get Wild退勤とは?語源となったあの名シーンも公開!

広告

この記事ではGet wild退勤とは何なのか、語源となったシーンとあわせて解説致します。

Get wild退勤という言葉は数年前にもトレンド入りしており、最近では進撃の巨人の主題歌も参戦して「紅蓮の弓矢出勤」という言葉まで誕生していますw



元ネタをご存じない方はピンと来ないこの言葉、そもそもGet wild退勤とはどういう意味なのでしょう?

Get Wild退勤って何のこと?

Get wild退勤とは、昔大人気だったアニメ・シティーハンターのとある名シーンにちなんだ退勤スタイルのことです。


シティーハンターのとある回の作中、物語のクライマックスに差し掛かる絶妙なタイミングでGet wildが流れ始め、歌と共にエンディングに近づいていき、歌が終わると同時に完結、という美しい流れでした。

これになぞらえて、定時になる30秒ほど前から「終わる雰囲気」を出し、帰宅準備は済ませ、定時と同時に帰宅、というスタイル(?)がGet wild退勤です。


Get Wild退勤の語源になったシーン

前述の絶妙なタイミングでGet wildが流れたシティーハンターの名シーンがこちらです。

恐らくこのシーンを見てGet wildにハマった人も多いかと思います。もはや最終回のようなシーンですw

City Hunter | Best Ending | Anime



広告

Get Wild退勤と併せて紅蓮の弓矢出勤も話題に

冒頭でお話したとおり、進撃の巨人のOP曲である「紅蓮の弓矢」になぞらえた「紅蓮の弓矢出勤」という言葉もトレンド入りしていますw

これを聞きながら出勤するというのは、自分の会社を爆破でもしに行くんでしょうかね(^_^;)

進撃の巨人OP 紅蓮の弓矢 TVバージョン


Get Wild退勤の口コミ

Get wild退勤については数年前にも話題になったこともあり、今回もネット上で多くの反応がありました。

「退勤の1分前から社内放送でGet wildを流すべき」という意見もあるようですw

またシティーハンター世代の方にとってはわかりみが深すぎるようで、様々な画像を使って大喜利状態になっています笑



「Get Wild退勤とは」まとめ

この記事ではGet wild退勤について、その意味や語源となったシーンについてお話しました。

定時前に帰宅するのはもちろん駄目ですが、どうしても残業しがちな日本では「定時に帰る」という意識を持つ意味でもGet wild退勤の心はあってもいいかもしれませんね(^O^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました