福岡でコロナ患者情報が流出/漏洩したのはなぜ?対応が遅すぎる理由とは

この記事では福岡県庁からコロナ患者の情報が流出した件について、一体なぜ流出したのか、対応が遅すぎた理由などについて解説します。

1月6日のニュースで、福岡県庁から新型コロナウイルス陽性者の名簿が漏洩した恐れがあると報じられました。


一体何が起こったのか、そして何故起きたのかについて詳しく見ていきましょう。

広告

福岡でコロナ患者情報が流出!(ニュースの動画つき)

1月6日の速報で、福岡県庁で新型コロナウイルスの陽性者の情報をまとめたファイルがホームページに一般公開されており、流出した恐れがあることが報じられました。


これは11月末に、福岡県外の男性の元に内部文書が届いたことで発覚したようで、この男性はすぐに福岡県にこの旨を連絡したようです。

しかしそれから1ヶ月あまり、ホームページにはずっと個人情報つきのファイルがアップされっぱなしの状態で、誰でもアクセスできる状態が続いていました。

広告

福岡でコロナ患者情報が流出したのはなぜ?対応が遅すぎる理由とは

そもそも機密情報であるはずの個人情報つきファイルが何故ホームページで公開されたのか、またホームページに公開されているという通報を受けてから何故1ヶ月以上放置されていたのか、理由は明らかにされていません。


ただ単に担当者の怠慢だったのか・・

仮にそうだとしても上司が見ていなさすぎですね。

広告

福岡でコロナ患者情報が流出したことについてネットの声

1月6日の速報で入ってきた福岡県庁でのコロナ患者情報の流出のニュースについて、ネット上やSNS上では怒りの声が殺到しています。


広告

「福岡でコロナ患者情報が流出/漏洩したのはなぜ?対応が遅すぎる理由とは」まとめ

今回は福岡県庁からコロナ患者の情報が流出した件について、一体なぜ流出したのか、対応が遅すぎた理由などについて解説しました。


中国のサイバー攻撃を始めとする情報セキュリティ対策というのは前々から問題になっていますが、今回の件は攻撃しなくても見れてしまうというノーガードな状態だったということです。

こういうニュースを見ると情報を提供したくなりますね・・


福岡のコロナ患者情報の流出についてはこちらの記事もどうぞ

↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました