sellers.jsonとは?アドセンス画面の設定方法を解説

広告

この記事ではsellers.jsonについて、意味やアドセンス管理画面での設定方法について解説します。

Googleアドセンスのアカウントのお持ちの方は下記のような注意がトップページに表示されているかと思います。

Google の sellers.json ファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。[アカウント設定] ページで、現在の公開設定のステータスをご確認ください。


警告とかではないし、「おすすめします」と言っているだけだから無視しても良いのでしょうか?設定しないとマズイのでしょうか?


結論から言うと設定したほうが良いです。



それではsellers.jsonがそもそも何なのかを解説しつつ、設定方法についてご説明します。

Googleアドセンスのsellers.jsonの手続きはした方が良い!

冒頭でもお話したとおり、アドセンス管理画面に「sellers.json」の注意が表示されていたら手続きすることをおすすめします


sellers.jsonの詳細は後ほど述べますが、そもそもGoogleのヘルプページには

「情報を透明にしないと、広告主がサイト管理者の名前を確認できないので収益に影響する可能性がありますよ」


といった内容の記述があります。アドセンス収益に影響する可能性がある、なんて言われると嫌ですよね・・

しかしその一方で、「情報を透明にする」と言われると「個人情報が見られてしまうのでは?」と不安になりますよね。



しかしこの設定は情報を公に開示するような内容のものではないので、安心して設定して大丈夫です。

次節でsellers.jsonについて詳細にご説明します。


そもそもアドセンス画面に出ているsellers.jsonとは何のこと?

sellers.jsonとは、販売者の情報を透明化するのが目的です。
(販売者とはブログで言うとブログ管理者です)



Googleアドセンスを運用している方は「ads.txt」についても管理画面に出てきていたと思います。

この「ads.txt」はつまるところ、「このサイトに表示されている広告は怪しいサイトではなく、間違いなく私のサイトに表示されているものです」ということを証明するものでした。



sellers.jsonについてはads.txtの進化版のような位置づけのもので、「販売者(ブログ管理者)の情報を透明化し、広告主が自分の広告枠を確認しやすくする」のが目的です。

前述のとおりおおっぴらに情報を開示するようなものではなく、広告主などの一部の人に向けた情報が透明になる、ということです。



要は「悪質な業者によるなりすまし」や「不正な手段で広告を取得」したりできないようにする措置で、我々サイト管理者としてもそんな業者に間違われたくはありません笑

なのでsellers.jsonの設定は早めに済ませておきましょう。


広告

アドセンス管理画面でsellers.jsonの設定をしてみよう

まずはGoogleアドセンスの管理画面を開きます。すると冒頭に記載した注意が表示されていると思います。

Google の sellers.json ファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。[アカウント設定] ページで、現在の公開設定のステータスをご確認ください。


このメッセージの下に「操作」というリンクがあるのでクリックします。

するとアカウント情報のページが開き、「サイト運営者ID」や「お客様ID」などが表示されます。



この中の「販売者情報の公開設定」の欄に「公開設定ステータスを設定してください」というメッセージがあり、まだ設定していない場合は「機密」にチェックが入っているはずです。

「非機密」にチェックを入れ、さらにそのすぐ下の「ビジネスのドメイン」欄に自分のサイトのドメインを入力します。

ドメインなので、「https://www」などは必要ありません。またURLの最後の「/」も不要です。
(当サイトの例であれば、「newsinfmation.net」と入力することになります)



以上で設定完了です。かなりあっさり終わりますw


sellers.jsonを設定しないとどうなるの?

ちなみにsellers.jsonについてはあくまでGoogle側も「おすすめします」という言い方をしているため、強制ではありません

広告主などの一部の人向けとは言え、「情報が透明になるのは絶対嫌だ」という場合であれば設定しなくても大丈夫です。それによりGoogleの規約違反になったりはしません。



心配なのは前述のとおり「収益に影響がでる可能性がある」という点で、「収益に少々影響が出ても設定したくない」という場合は放置でも良いでしょう。


「sellers.jsonとは?アドセンス画面の設定方法を解説」まとめ

今回はGoogleアドセンスの管理画面のsellers.jsonの注意表示について、その意味や設定方法について解説しました。

○sellers.jsonは設定するべき
○sellers.jsonを設定しないと収益に影響する可能性あり
○sellers.jsonは情報を広く公開するようなものではない


ads.txtの時といい、管理画面に注意を促すような表示がされるとちょっと焦りますよね・・



前述の通りこれは強制では有りません。設定しないとポリシー違反になったりはしないのでその点はご安心ください。

設定する場合は1分以内に終わる内容のものなので、サクッと終わらせてしまいましょう☆


コメント

タイトルとURLをコピーしました