レジハラに訴訟はできる?迷惑客への対応法とは?

広告

この記事ではレジハラに対して訴訟はできるのか?レジハラへの対応策についてお話します。



スーパーなどのお店で店員さんに対して理不尽な要求をしたりキレたり怒鳴ったり、

そんなレジハラスメント、通称「レジハラ」が話題になっています。



はたから見ていても気持ちのいいものではないレジハラ、あまりに酷い場合は訴訟も可能なのでしょうか?

レジハラに対して訴訟はできるのか?

あまりにも酷いケースであれば弁護士に相談、という方法もあるようです。


2020年6月1日より適用されている厚生労働省の指針より、下記が定められています。

イ  相談先(上司、職場内の担当者等)をあらかじめ定め、これを労働者に周知すること。 ロ  イの相談を受けた者が、相談に対し、その内容や状況に応じ適切に対応できるようにすること。 ハ  事業主は、相談者から事実関係を確認し、他の事業主が雇用する労働者等からのパワーハラスメントや顧客等からの著しい迷惑行為が認められた場合には、速やかに被害者に対する配慮のための取組を行うことが望ましい。 (被害者への配慮のための取組例) 事案の内容や状況に応じ、被害者のメンタルヘルス不調への相談対応、著しい迷惑行為を行った者に対する対応が必要な場 合に一人で対応させない等の取組を行うこと。 ニ 事業主が、こうした行為への対応に関するマニュアルの作成や研修の実 施等の取組を行うことも有効と考えられる。 (厚生労働省の「事業主が職場における優越的な関係を背景とした言動に起因する問題に関して 雇用管理上講ずべき措置等についての指針(令和2年厚生労働省告示第5号)」より)


対応例としては、レジハラにあたるような過剰な要求があった場合、「これ以上の対応はできません」と線を決め、それをお客さんに伝えて、

それでも引き下がらないようなら弁護士を立てて対応、という道もあるようです。



まあ普通に考えて、レジハラしてくるような人は冷静に話しても聞かないですよね・・・

お客さんに訴訟した、ということが広まってしまうと営業上もよろしくないでしょうし、何とも悩ましい・・・


レジハラってどんなこと言われるの?

とにかく理不尽な要求やつまらないことでブチ切れる事例があがっています。

ほんの一例を下記に列記します。



・レジに行列ができていると「早くしろ」と店員さんに怒鳴る
・レジ袋が有料であることに店員さんにキレる
・レジ袋を買った他のお客さんに「環境問題がー」と怒鳴る
・店員さんに無理矢理土下座させる


広告

レジハラに関する口コミ

レジハラについてはTwitter上でも色々と書き込みがあります。

中には実際に店員さんとしてレジハラを受けたこともある方のツイートも散見されます。

↓もはや大喜利状態になっていますね笑


特に1つ目のツイートは理不尽すぎますよね笑


レジハラへの訴訟まとめ

ここまでレジハラに対する訴訟の可能性や世間の声についてお話してきました。

スーパーの店員さんなどをされている方でレジハラにあったら、まずは店長さんに相談ですね・・・

それでも収まらずに騒ぎ続けるようなら然るべき措置、と。

しかし現実にレジハラが起きている最中になかなかそんな冷静にやり取りできないとは思いますが・・・



コロナ騒ぎの時でも流通を止めるわけにはいかないため、スーパーの店員さんは感染リスクを推して勤務してくれていましたね。

レジハラどころか、感謝しかないです。

意味もなくキレたり怒鳴ったりせず、余裕のある世の中になってほしいものですね・・(・_・;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました