ツイッターの嫌いボタンはいつから?なぜ導入?炎上必至w

この記事ではツイッターに「嫌いボタン」の実装が検討されているというニュースが流れた件について、いつから導入されるのか、なぜ実装されるのかについてお話します。


11月18日にTwitterについての新機能の情報が発表されました。

まだ検討中ながら、「嫌い(dislike)」のボタンや、「反対投票(downvote)システム」の追加を考えているそうです。

本当に実装されたら色々と社会問題になりそうなこの機能、最新情報についてご紹介します。

広告

ツイッターに「嫌いボタン」が実装!?炎上必至?

11月18日のニュースで、Twitterに「嫌いボタン(dislike)」や「反対投票システム(downvote)」の追加が模索されているというニュースが流れました。

Twitterの製品責任者・ケイヴォン・ベイポー氏は、サイバーセキュリティについての苦情を受けたことで、下記の4つを提案しました。

「申し合わせた不正行為すべての削除」
「ハラスメントと報告に関するユーザー体験の向上」
“嫌い”ボタンか反対投票機能の追加
「ユーザーに害を及ぼす偽情報(の取り締まり)」


この中でも3つめの「“嫌い”ボタンか反対投票機能の追加」について、今まさに模索しているとのことです。

広告

ツイッターの嫌いボタンはいつから?なぜ導入?

このツイッターの「嫌いボタン」や「反対投票システム」などの実装がいつになるかについては続報待ちです。

また、この「嫌いボタン」、「反対投票システム」を実装する明確な理由についてはまだ記載されていません。

恐らくですが、このボタンが検討されているきっかけが「サイバーセキュリティ専門家からの苦情」なので、デマフェイクニュースの取締りが目的の一つかもしれませんね。
(つまり、明らかなフェイクニュースの場合は「嫌い」が殺到して、自浄作用のようにタイムラインから消えていく、と。)



かつてはFacebookもこの「嫌いボタン」の導入を予定していましたが、

「「サイバーいじめ」「人格否定」の温床になる

という反対意見により頓挫しました。

なので結局「喜怒哀楽のリアクションボタン」に落ち着いた、という経緯があります。

広告

ツイッターの嫌いボタン導入についてネットの声

この件についてはネット上で軽く炎上騒ぎになるほど騒ぎになっており、特にツイッターにおいては一番リアクションが見られますね。当たり前ですが笑

ほぼ全てのツイートが反対意見で、「いじめか?」「何の意味が?」「誰が得するんだよ」といった声が殺到していますね(・_・;)


広告

「ツイッターの嫌いボタンはいつから?なぜ導入?炎上必至w」まとめ

今回はツイッターに「嫌いボタン」の実装が検討されているというニュースが流れた件について、いつから導入されるのか、なぜ実装されるのかについてお話しました。


ネット上やSNS上で既に大騒ぎになっていますが、「ネットいじめ」やら「狙いすました炎上」、「人格否定」とかに繋がりかねないですね。。

やはりFacebookの時と同様、感情だけを表す「喜怒哀楽のリアクションボタン」に落ち着くのかな、と個人的には思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました