福田沙紀の退社理由は?「干され女優」とオスカーの確執!

福田沙紀の公式インスタグラムより:@sakifukuda_official
広告

この記事では女優の福田沙紀がオスカープロモーションを退社することについて、その理由や周辺情報について解説します。



2020年8月30日の報道で、福田沙紀はオスカープロモーションを8月末に退社することがわかりました。

オスカープロモーションと言えば全日本国民的美少女コンテストを開催するなど、芸能事務所の超大手です。

上戸彩や武井咲をはじめとする有名女優がタレントが所属しており、かつては美少女コンテストが登竜門となってブレイクするパターンが鉄板でした。



そんな超大手の芸能事務所ですが、なぜ福田沙紀は退社を決めたのでしょうか?

福田沙紀がオスカープロモーションを退社した理由は?

今回の報道では福田沙紀の退社理由は明らかにされていません。

恐らくオスカープロモーションの経営陣への不信感や、次々と女優が退社していく現状に不安を感じての退社ではないかと思われます。

というのも後ほどお話しますが、オスカープロモーションのトップ層のやり方やパワハラまがいの言動が原因で、社員も退社が続出しているという報道が2018年からされているのです。

これを皮切りに女優、タレントも退社が相次ぐことになります・・

オスカーは福田沙紀を看板女優にしようとしていた

福田沙紀に関しては2020年6月頃に別の報道があり、その時点では福田沙紀を事務所の顔としてプッシュする方針が示されていました。



福田沙紀と言えば、2007年のドラマ「ライフ」で注目され始め、それ以降は映画にも出演して人気女優の道を歩んでいました。

しかし主演映画である「櫻の園」の興行収入が振るわなかった辺りから段々メディアでの出番が少なくなりました。

一説ではストレートな物言いが原因で現場スタッフからの評判がよろしくなかったとか・・・



それから様々な役を経験してきて以前のような言動もなくなり、評判は上がってきていました。

オスカープロモーションとしても女優の退社が続出している中で「事務所を引っ張っていく看板女優になってほしい」という思いで福田沙紀のプッシュを始めたとは思いますが・・・

この報道から2ヶ月ほどで退社することとなりました。

深まるトップ層のパワハラ疑惑・・・

先述の通り、オスカープロモーションのパワハラ疑惑が以前から報道されており、酷い年では40人以上の社員が一気に退社したそうです。。。



具体的には、社長やその娘婿による高圧的な物言い、金銭的な締め付けが酷いとのことでした。



ミスしたらとことん追い込んでやたら始末書を書かせ、金銭面もとにかくうるさく締め付けており、

特にこの娘婿の異常なまでのコストカットにより、女優のマネージャー陣が経費で落とせず、あらゆる場面で自腹を切っていたそうです・・・



こういったことがだいぶ細かいことまで報道されているのは、恐らく退社した社員からのタレコミだと思われます笑

広告

オスカーを退社する女優が続出・・

2020年だけでも結構な数の女優がオスカープロモーションを去っており、現在進行形で退社を検討している女優もいます。

流石にこの短期間にこれだけの人数が退社するというのは、やはり事務所側に何かしらの要因がないとありえないと思います。



女優が次々と抜けている現状で、次の看板女優を推し進めるために福田沙紀をプッシュし、

その福田沙紀は退社続出の事務所に不安を感じての今回の決断なのだとしたら何とも皮肉な話ですね・・

看板女優・米倉涼子が2020年3月に退社

米倉涼子の退社については、再婚を巡ってのトラブルが原因のようです。

米倉涼子はアルゼンチン人のダンサーと再婚することになり、円満退社かと思いきや、この退社報道を巡って米倉涼子とオスカー、はたまたオスカーとマスコミの間でもドンパチしていました。
(その当時、「事務所の反対を押し切って米倉涼子が再婚&退社」的な報道をしたスポニチに、当時のオスカーの古賀社長がブチ切れて「訂正文を書かせろ」と怒っていたそうです。)



オスカーとしては米倉涼子の再婚には反対していたようですが、そもそも米倉涼子はオスカーの新社長と、古賀元社長の娘婿が大嫌いだったと言われています。

米倉涼子としては海外進出も考えていたこともあり、これがいい契機となって退社を決めたのでしょうね。

ヨンアも2020年3月に退社

韓国人モデルのヨンアも2020年3月にオスカープロモーションを退社しています。

圧倒的な美貌とスタイルの良さで大人気のモデル兼タレントでしたが、今回の退社理由としてはヨンアプロデュースのファッションブランドに集中するためのようです。



ただ、前述の社長や娘婿のやり方に嫌気が指したのも理由の一つではないか、という報道もあります。

というのも、やはりマネージャーが自腹を切ってやりくりしているような光景にやるせない思いがあったようです。

岡田結実も2020年3月に退社

岡田結実については2020年3月末をもってオスカーから退社しました。

岡田結実の退社理由については、オスカーの方針と岡田結実の希望の食い違いが主のようです。

退社理由については岡田結実が「サンデー・ジャポン」に出演の際に語っており、そこでも事務所との方向性の食い違いが理由と説明していました。

長谷川潤も2020年4月に退社

2020年4月に長谷川潤もオスカープロモーションを退社しました。

長谷川潤は人気モデルとして不動の地位を築いた後、2015年にオスカープロモーションに移籍する形で入りました。

ちなみに長谷川潤の退社理由については明らかになっていません。



少なくとも長谷川潤であればオスカー退社後も仕事が途切れることはないと思います。

堀田茜も2020年8月退社

2020年8月末をもって堀田茜もオスカーを退社しました。

堀田茜は2020年8月が契約更新のタイミングで、事務所との方向性の違いが主な理由ということで契約更新はせずに退社、ということのようです。



(2020年9月1日追記)
堀田茜は2020年9月1日付で「トープコート」という芸能事務所に移籍しました。

トップコートには木村佳乃をはじめ、菅田将暉、松坂桃李、佐々木希などの女優、タレントが所属しています。

剛力彩芽も2020年8月に退社

剛力彩芽も2020年8月末をもってオスカープロモーションを退社することになりました。

剛力彩芽は2020年3月に「株式会社ショートカット」という会社を設立しており、オスカーを退社後はフリーでの活動となります。



表向きは契約期間満了で円満に退職、と思いきや、剛力彩芽自身もオスカーの現状に不安を感じていたことが大きかったようです。

紫吹淳は退社の協議中

紫吹淳は2020年秋まで契約が残っているものの、契約満了と同時に退社する方向で協議中のようです。

紫吹淳が退社を考えている理由については詳しく報道されていません。実際に退社してから理由が語られるかもしれませんね。

藤田ニコルも独立を検討中?

藤田ニコルは退社事務所といざこざが起きています。正確に言うと藤田ニコルの母親がオスカーと金銭的な理由で揉めているようで・・

一部報道では藤田ニコルのオスカー退社の可能性が報じられていますが、藤田ニコル自身は退社や独立について否定しています。



藤田ニコルの母親・藤田美奈子氏は一般人ながら藤田ニコルとテレビに出演したこともあります。

また藤田ニコルの実質的なマネージャーのポジションを務めていました。

その藤田美奈子氏がオスカーのポジションを相手取り、「ニコルのギャラの取り分をオスカーがせしめている」という内容で揉め始め、裁判すら辞さないという状況になりました。



ちなみにオスカー側の言い分としては、

藤田ニコルが多忙になるにつれ、マネージャーがなどスタッフの人件費が嵩むようになっていたから


と説明しているようです。



しかし普通に考えたら多忙になった分だけ本人のギャラが増えて然るべきだと思うのですが・・・

藤田ニコルと事務所側のギャラ両方の取り分が増えてないとおかしいですよね(・_・;)

もしかしたら前述の社長の娘婿のコストカットの影響がタレントのギャラにも及んでいるのでは、と勘ぐってしまいます。

まとめ

ここまで福田沙紀の退社理由の考察や、有名女優が次々とオスカープロモーションを退社している現状についてお話してきました。

今回ご紹介したのは2020年に退社、もしくは退社の可能性ありの女優・タレントですが、1年にも満たない期間でこれだけの人数が挙がるというのは異常ですね。。

これで万が一、上戸彩のような大物女優が抜けでもしたらいよいよオスカーの危機です。



残念ながら今後も退社する女優やタレントは出てきそうな気がするので・・・

最新情報があれば随時更新していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました