RCEPでパクリ製品が日本に?中国からの海賊版、模造品であふれる未来

この記事では日本政府がRCEP(東アジア地域包括的経済連携)合意する見込み、というニュースについてお話します。


アメリカ大統領選のニュースが連日報道されているところですが、一方でどさくさ紛れなのか、RCEPについて、日本政府は11月15日にも合意しようとしているようです。

今回はこのRCEPについてどんなものなのか、合意するとどんな未来が予想できるかなどを解説します。

広告

そもそもRCEPとは?合意すると日本はどうなる?

RCEP(東アジア地域包括的経済連携)とは、ASEAN10カ国とオーストラリア、ニュージーランド、韓国中国日本の15カ国の間で、

関税の撤廃や削減、電子商取引などのルールを整備するものです。

これに日本が署名してRCEPに合意すると、日本としては初めて中国や韓国との貿易協定を結ぶことになります。


RCEPで一番目立つものはやはり関税ですね。

輸入したり輸出するする際の関税を一部撤廃することで、より貿易を活発にしよう、という建前があります。



尖閣諸島を乗っ取ろうとしてきたり竹島を盗もうとしてきたり、今まで散々挑発行為をしてきている国に対してなぜ貿易面で優遇するんでしょうね。

広告

RCEPでパクリ製品が日本に?中国からの偽物、模造品であふれる未来

このRCEP、実は2006年に現自民党幹事長である二階氏が提唱したものです。もうその時点でお察しですね。
(この時は「二階イニシアティブ」ということで、東アジアEPAを提唱していました。)


このRCEPについて、中国は「コレまで以上に海賊版や模倣品の取締りができる」と言っているようです。

その理由としては、「RCEPには知的財産権に関するルールも盛り込まれており、日本と中国が同じルールに従ってビジネスができるから」だそうです。



ルールなんか決めたところで守る国じゃないのは大昔から分かっていることですし、しかも関税も緩くなるなるわけなので、

むしろ逆に海賊版や模造品が大量に日本に流れ込んでくると思います。

またそれのみならず、中国産の安い農産物なども入ってくるでしょう。品質が劣悪どころか、細菌やウイルスなどが心配なくらいです。


ちなみにこの件についてはYoutubeに解説動画があるので是非ご覧ください。
(最初はちょっと宣伝が入っているので、飛ばしたい方は2:00ぐらいからご覧ください)

2020.11.13【RCEPはNG】今日本に必要なのはRCEP(日中韓自由貿易)ではなく台湾とのFTA!【及川幸久−BREAKING−】


広告

インドはRCEPから離脱

このRCEP、インドは早々に離脱しています。

まあインドは現在も国境で中国と紛争中ですからね・・・

中国が入っている貿易協定なんかに入りたくはないでしょう。


頼むから日本もインドに続いてほしいんですが、むしろ逆に合意の方向のようです。

広告

TPPで騒いでいた日本のマスコミ、RCEPについては一切報じない

以前TPPの件が話題になった時は、日本中でしばらくその話題になっていました。

なぜなら当時のマスコミが連日TPPについて報道していたからです。


対して、今回のRCEPについてはまともな報道をしているメディアが見当たりません

ウイグルの件などもまともに報じていませんし、もはや日本のマスコミはすっかり中国に侵食されているようですね。。


広告

RCEPの合意についてネットの声

RCEPについては前述のとおりマスコミが一切取り上げないため、ネット上でも一部の方しか知らない状態です。

それでもSNS上では「断固反対」の声で溢れています。首相官邸のHPに反対意見を送っている方も多数見られます。

ちなみに首相官邸に意見を送れるページがありますので、ご参考までに貼っておきます。
(公式)首相官邸 ご意見募集


広告

「RCEPでパクリ製品が日本に?中国からの海賊版、模造品であふれる未来」まとめ

今回は日本政府がRCEP(東アジア地域包括的経済連携)に合意する見込み、というニュースについてお話しました。


中国、韓国に関しては、尖閣諸島や竹島などの件で未だになめられまくっていますが、そんな状態の国々と貿易協定を結ぶとか、ちょっと意味がわからないです。

世界的に脱・中国を進めないといけない流れの中でなぜ逆行するのか・・


ちなみにアメリカのポンペオ国務長官は、米台FTAに向けて台湾と対話が始めました。

RCEPなんぞより、アメリカのこの動きにこそ追従するべきだと思いますね。


アメリカ大統領選の不正についてはこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

アメリカ大統領選の不正の一覧!8倍の水増し集計、詐欺、賄賂、やりたい放題w
この記事では2020年のアメリカ大統領選でバイデン率いる民主党側の不正行為の数々についてお話します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました